ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« ガンダムロワイヤル145:3周年記念新イベント開催!第1回「ガンダムステージバトル」 | トップページ | 悶絶女子プロレスアニメ『せかつよ』もついに最終回!:第12話「世界へ!」(&ちょっとだけ「りんしんさんと言えば!」的なおまけ☆(笑)) »

「文学ミステリー」というジャンルもいかが?:『輝く日の宮』(丸谷才一)他4編!

 

Kagayakuhnomiyaひさびさに本格的な小説が読みたくなって、

前から読みたかった故・丸谷才一さんの

『輝く日の宮』(講談社文庫)を読了☆

あの『源氏物語』の幻の第二帖の謎を巡る

言わば古典文学ミステリーです!(>_<)

 

うん、正直言って序盤はずいぶん読みにくかったケド、

しかも丸谷才一の作品って歴史的仮名遣いなんだよなー(^_^;)

いよいよ「輝く日の宮」の謎に迫りだした中盤からは

めっちゃ面白かった! でもまぁそこは『源氏』に関して

ある程度の造詣が無いと面白くは無いかなぁ(;^_^A)

なお「輝く日の宮」の存在を巡る実際の議論についてはこちら!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%9D%E3%81%8F%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%AE%AE

 

あと、序盤の内容では「なぜ芭蕉は東北に行ったのか?」

よく言われる歌枕探索や尊敬する西行の足跡をたどるためではなく

義経500回忌を軸にして解き明かしていったのも面白かったね!

 

……ただまぁ芭蕉論も「輝く日の宮」実在説も推測をもとに

大胆というか好き放題に論を展開している感じなので(笑)

学会とかで受け入れられるかどうかはビミョーですが、

まぁそこが小説的な醍醐味ってやつだよな!(Φ∀Φ)

 

64d38dace587534a64bee712e8698289000なお、こう言った文学ミステリーとしては他にも

『QED 百人一首の呪』(高田祟史/講談社ノベルス)や

まぁこれは正直かなりこじつけだけど、発想が壮大ですごい!(^_^;)

 

Pikaresuku太宰が遺書に残した「猪瀬さんは悪人」

もとい「井伏さんは悪人です」を元に

太宰治と井伏鱒二の師弟の実像に迫った

『ピカレスク 太宰治伝』(猪瀬直樹)

なども読み応えがありましたが、

 

5173w125rpl__sx230_やっぱり、元祖「日常の謎」・北村薫大先生の

「円紫さんと私」シリーズの集大成である

『六の宮の姫君』(創元推理文庫)が

忘れられないなー(>_<) いやこれはすごい傑作だし、

とりあえず国文学専攻の大学生は全員読むべし!

 

なお、内容は芥川龍之介の自作『六の宮の姫君』に対する

「あれは玉突きだね。……いや、というよりはキャッチボールだ」

という謎めいた言葉の真意を解き明かすというものなのデスが、

 

ホント、「卒業論文を書く」という行為はかくあらねば!

ってことを教えてくれる作品デスよー(´▽`*)

あと、芥川と親友・菊池寛の友情が泣けるんだ!(;´д⊂)

ちなみにボクはこの本の影響で「菊池寛全集」を読みました☆

 

以上の作品は、どれも知的好奇心を満たしてくれるだけでなく、

ミステリーとしても面白いのでどれもお勧めデス!(´▽`*) 

こういった趣向の作品ももっと色々と出てきたら良いなぁ☆

とはいえ、かなり読者は選びそうなので売れるかどうかは……(;^_^A)(苦笑) 

 

PS

01_c_600x858ちなみに『ビブリア古書堂の事件手帳』シリーズは

あくまで古書に「まつわる」ミステリーなので

ここで言う文学ミステリーとは違うので念のため。

 

T02200313_0800113812616854431なお、「ビブリオ」といえばこの

『栞子さんの本棚』って企画は、

上手いことやったよなーと(笑)

まぁほとんどが抜粋なのデスが、

「たんぽぽ娘」が読めて良かった!

« ガンダムロワイヤル145:3周年記念新イベント開催!第1回「ガンダムステージバトル」 | トップページ | 悶絶女子プロレスアニメ『せかつよ』もついに最終回!:第12話「世界へ!」(&ちょっとだけ「りんしんさんと言えば!」的なおまけ☆(笑)) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400648/54414307

この記事へのトラックバック一覧です: 「文学ミステリー」というジャンルもいかが?:『輝く日の宮』(丸谷才一)他4編!:

« ガンダムロワイヤル145:3周年記念新イベント開催!第1回「ガンダムステージバトル」 | トップページ | 悶絶女子プロレスアニメ『せかつよ』もついに最終回!:第12話「世界へ!」(&ちょっとだけ「りんしんさんと言えば!」的なおまけ☆(笑)) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ