ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« 夏休みの自由工作とわたくしたち | トップページ | 『てーきゅう』2期主題歌CD「メニメニマニマニ」&原作漫画第4・5巻買いました♪ »

終戦の日と『火垂るの墓』

 

今日は終戦の日、ということで12時にはキチンと

追悼式をNHKで観ながら家族全員で黙祷。

 

Dsc_0580その後は、昼ご飯を食べにファミレスに出かけ、

市営プールで一時間ほど泳いだ後は

冷たくフワフワのかき氷を食べてから帰宅。

そしてクーラーの効いた部屋でしばし昼寝をして……

ホント、平和ってありがたいよな、と思った

そんな戦後68年目の穏やかな午後でした。

 

Hotarunohakaさて、実は先日、優君が『火垂るの墓』を観てみたい

と言い出しまして(どうも学校の授業で話題が出た模様)、

「えー正直もう今更観たくないなぁ……(;´_`;)」

と個人的には思ったのデスが、まぁこれも情操教育かと

レンタルDVDを借りてきて家族で視聴したのデスが、

 

Hotarunohaka1あああああ、もうホントこんな作品、

親になってから観るもんじゃないよ!(;´д⊂)

もうボクも奥さんも涙腺崩壊状態で、

そう言えば故・鴨志田穣さんのこの作品を観ての煮えっぷり
奥さんの西原理恵子さんに良く漫画のネタにされてたよなー

 

 

そして案の定、優君はドン引き(゚д゚lll)(笑) 

さすが劇場公開時は『となりのトトロ』を観に来た家族連れに

同時上映作品として(しかもよりによって『トトロ』→『火垂る』の順番

容赦ないトラウマを与えた伝説の作品だよ!(^_^;)

 

でも久々にこの映画を観たケド、声高に反戦を叫ぶわけでなく、

まして何かをわかりやすい「悪」として描くのでは無く、

よく叔母さんが批判されてるケド、別に追い出したワケじゃないしなー

 

ただ淡々と、困難な時代を2人で寄り添い合って生きようとした

幼い兄妹の挫折と悲劇を描いているというのが良いんだよな。

キャッチコピーの「4歳と14歳で、生きようと思った」は秀逸! さすが糸井重里!

だからこそ、普遍性を持って観ることができるというか……

後述するケド、諸外国からも絶賛されてるのはそこなんだよなと。

 

なおこの作品はもともと原作者の野坂昭如さんが実際に

戦時中に死なせてしまった2人の妹との体験談を基にしたもので、

だから「反戦」作品というイデオロギー的なものよりはむしろ

「こういう優しい兄でいてあげられなくてごめん」

という死なせた妹達への贖罪と鎮魂が基本テーマなんだと思う。

なお、原作は凄く短いものの、猛烈に読みにくいんデスが(苦笑)
でも苦労して読んでみれば、むしろあの独特な文体だから良いのよ!(`・ω・´)

 

そしてそれは、今日この日に戦没者の方々に寄せる想いにも

通じるわけで、声高にイデオロギーに振りかざすのではなく、

とにかくただ安らかにお眠りください、と。そして

今の平和があるのはみなさんの尊い犠牲のおかげです--

 

『火垂るの墓』を観たおかげで、

今日の何気ないのどかな午後のありがたさを、

あらためて噛みしめることが出来ました。改めて

全ての戦没者の方々のご冥福を心よりお祈りします。

 

PS

こっからは静かな気持ちで戦没者の方々を悼むには

やや不似合いなので【続きを読む】にしておきますよー( ´Д`)=3

 

 

さて、前述したようにこのアニメ作品は世界的に高く評価されていて、

アメリカ人なんかもけっこうここでの空襲描写とかに

ショックを受けてる感じなのデスが(学校では習わないっぽいしね)、

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-868.html

でもそんな中で、やっぱり韓国だけは批判してんだよなw

「戦犯国が被害者ヅラするな!( ゚д゚)」って理屈。

http://blog.livedoor.jp/oboega/archives/26493377.html 

 

いやだからー、別に君たちと戦争したわけじゃないし、

日本が戦犯というなら君らは積極的に共犯者だったしと

ホント何回言えばわかるのかとも思うのデスが(苦笑)

 

まぁそれは置いといて、でもこの作品を観て

戦争が美化されてるとか、加害者はこんな目にあって当然だ

という感想しか出てこないなんて、ホント

可哀相な人達だよな、としか言えません( ´Д`)=3

 

Kazetatinuそんなんだから『風立ちぬ』が世界で絶賛されてる中でも

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-872.html

やっぱり韓国だけが噛みついているわけで(笑)

ちなみに韓国人は世界一、本を読まないらしいのデスが、

もうちょい文学的な感性というのを磨いたらどうかね?

http://news.mynavi.jp/news/2013/06/18/187/index.html

« 夏休みの自由工作とわたくしたち | トップページ | 『てーきゅう』2期主題歌CD「メニメニマニマニ」&原作漫画第4・5巻買いました♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400648/52894581

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦の日と『火垂るの墓』:

« 夏休みの自由工作とわたくしたち | トップページ | 『てーきゅう』2期主題歌CD「メニメニマニマニ」&原作漫画第4・5巻買いました♪ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ