ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« 「俺の彼女と幼なじみが……」 | トップページ | 「マギ」がなかなか面白い♪(´▽`*)その2 »

出張中に読んだ本を一気に三冊!

 

たくさん寝たのでオレ復活!(`・ω・´)

  

Pa0_0125

さて、今回行った出張は1泊2日とはいえ、

移動&待ち時間がかなり多かったので

読書がはかどったよ!(><) 3冊読めた!

しかもどれも当たりだったので紹介しまーす(^o^)

とりあえず重大なネタバレはないので未読の方もご安心を♪

    

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  

★『リフレイン』(沢村凛/角川文庫)

 

Pa0_0120

先日、『黄金の王 白銀の王』の記事は書いたケド、

http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-ea02.html 

そこで衝撃を受けたので、デビュー作にもトライ!

もう20年近く前の作品だけど、今回再評価され

角川文庫化されたのはまだ半年前のことだよ!

  

本作は和風ファンタジーの『黄金の王 白銀の王』とは違い、

人類が宇宙に進出し、様々な星へと移住、

その後、星国家同士の幾多の戦乱の時代を経て

ついに銀河共同連盟のもとでの【統合】が生まれようとする

宇宙世紀を背景にしたSF作品なのですが、

でもこれ「ファンタジーノベル大賞」応募作なんだよなー(^_^;)

 

そんな中で一隻の宇宙船がワープ中の事故により、

はるか辺境の無人惑星に漂着するところから話は始まります。

生き残った乗客は231名。文明の利器もほとんど失う中で、 

出身惑星も考え方も違う彼らは生き延びることができるのか……?

 

Pa0_0469という『ふしぎの海のナディア』ばりの(いやあれはネタw)

『15少年漂流記』系無人島サバイバルもの

……かと思いきや! 実はそれは壮大な前置き

(いや、前半もすごく面白いんですケドね)

   

話の本題は第一部の最後で彼らが救出された後!

無人惑星で生き残るために自治国家を形成していた彼らは

その中で敵対行為と性犯罪を行った反乱分子の一人

裁判と直接投票の末に処刑したのですが、

    

彼らの良きリーダーであったラビルの母星メリエラでは

『いかなる理由があろうとも人を殺したものは重罪に処す』

とされており、彼は犯罪者として糾弾・起訴されてしまいます。

   

そんなラビルを救うためにかつての仲間達が再集結、

銀河共同連盟をも揺るがす法廷闘争が始まる--

というのがそのストーリーです!

果たしてサバイバル生活の中で生き残るために

彼らが犯した処刑は罪にあたるのか--?

  

いやぁ、第一部・第二部通して人間ドラマが熱いし、

「死刑制度」をめぐる白熱の議論も面白かった!

やっぱすごいんだなぁ! 沢村凛は!(>_<)

 

……ただ難点を言えば、やっぱ主人公ラビルをはじめとする

メリエラ人たちの考え方に、個人的にはどうしても感情移入できず、

その意味で副主人公のフレオンの人間らしさにこそ惹かれます。

なので終盤はもどかしさばかりつのって爽快感が無いって事かなぁ…… 

まぁそこは人それぞれということかも知れませんが(^_^;)

ボクはあんまし「理念」で動くタイプの人間じゃないのだよ……

  

Pa0_0119

あと、これはちょっと大変申し訳ないのだケド、

表紙がイメージとあわないのが……(;´_`;)(苦笑)

いや誤解しないで欲しいんだケドsweat01

ボクは『吸血姫美夕』は大好きでしたよ!!

でもこのラビルはちょっと線が細すぎやしないかと……

  

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  

★『ペンギン・ハイウェイ』(森見登美彦/角川文庫)

 

Pa0_0123

2010年の日本SF大賞受賞作が待望の文庫化!

読後の感想を一言で言えば……

 

ごめん!ボクは森見登美彦という作家を

最近ちょっと舐めてたよ!(>_<)

 

いや、『夜は短し歩けよ乙女』の面白さに感動して以来

文庫化した作品はほぼ全部読んでいたのデスが、

こんな引き出しがまだあったなんて!Σ(・ω・)という衝撃。

いやもっとぶっちゃけて言えば

腐れ大学生の話しか書けないのかと思ってたよ(笑)

あと、『宵山万華鏡』みたいな幻想的すぎる作品はよくわからなかったの☆

 

それぐらいこの作品はいい!(><)

まず主人公の小学4年生アオヤマ君のキャラがいい!

大人びていて真面目で利口で研究熱心で

でもやっぱり中身はちゃんと小4の子どもで、

 

Pa0_0122

「ぼくは少しおとなげないことをしたかもしれません」

「いささかむずかしいね。ぼくにはまだ分からない」

「ぼくは脳をたくさん使うから、すぐ眠くなるのです」 

なんて口をきくのがホント可愛い(笑)

   

そして何と言ってもそんなアオヤマ君を

ある時はからかい、ある時は導くヒロインである

『お姉さん』がもう素敵すぎる!(〃'ω') 

 

Pa0_0121

気さくで茶目っ気があってカッコ良くって優しくって、

そんな素敵で美人な年上のお姉さんに、

ニッと笑って「よっ、少年!」とか呼びかけられたら

そりゃもう男の子ならもれなく惚れるよね!(〃'ω')

おっ○いだって大きいし!(笑)

  

お話はそんなアオヤマ君とお姉さんが住む町に

ペンギンが大量に現れるなど、そこは森見ワールドらしく

次から次へと不思議な事件が起こるというものですが、

友達たちとその謎を研究しようとするアオヤマ君は

いつしかその現象とお姉さんが関係していることを知って--

   

「泣くな、少年」「ぼくは泣かないのです」

  

解き明かされる謎の正体とともにアオヤマ君が経験する

別れと成長、そして残された純粋な想いに感動です。

ラストシーンがもうホント、とても切なくて、美しくて、

だめだぁ、アオヤマ君は泣かなくても

ボクは泣かされてしまったよぉ……(ρ_;)

  

でも、こんな可愛くて健気で立派なアオヤマ君

でもきっと森見ワールド的にはいつしか

立派な腐れ大学生になるんだろうなぁ……(笑)

あとアオヤマ君の「怒りそうになったらおっ○いのことを考えるといいよ。
そうすると心が大変平和になるんだ」は
すばらしい名言だと思うね!(〃'ω')

   

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  

★『ココロコネクト ヒトランダム』(庵田定夏/ファミ通文庫)

 

Pa0_0118

最後はラノベからの1冊!

ブログ読者のトンネルさんに紹介してもらったのデスが、

うん、面白かったですよぉ♪(´▽`*)

 

Pa0_0117

文化研究部に所属する高1の男女5人組に

突然ふりかかった謎の怪現象!

それはお互いの人格が短時間とはいえ

いきなり入れ替わってしまうというもの!

しかも誰と入れ替わるかはランダム(^_^;)

 

「人格入れ替わり」ネタというのは、それこそ

名作「おれがあいつであいつがおれで」(映画『転校生』)をはじめ、

まぁある意味定番ともいえるネタなのですが、 

この作品が面白いのはそれが複数間でランダムに

かつ突発的&短時間限定で起こるというところ。

 

Pa0_0116

ただ序盤こそは男女入れ替わり物のお約束な

ドタバタコメディな感じだった本作デスが、

中盤以降はだんだんと話がシリアスになっていき

 

Pa0_0115

この「人格入れ替わり現象」を通じて、

3人のヒロインたちが隠しもっていた

心の傷が次第に浮き彫りになっていく--

主人公の「自己犠牲野郎」こと太一は

そんな彼女たちの闇を救えるのか??

 

……まぁ正直に言えば、中盤以降は

ヤンデレヒロイン系のギャルゲーかよ(^_^;)

「入れ替わりネタ」的にいってもエ○ゲーでも十分いけるよなw

って思わなくはなかったのデスが(笑)

ヒロインたちのキャラ設定はもちろんのこと、

解決しようとする太一の思考自身がそんな感じだしさー

    

でも内容的にはすごく青臭くても(しかも基本ド直球だし)

自らのアイデンティティに苦悩する彼らの姿は

同世代の読者にはとても共感できると思うよー(´▽`*)

かつて若者だったお年寄りのボクにもちゃんと届いたしね!

特に終盤の緊迫の急展開は凄かったしなぁ!(>_<) 

 

Nico05

ただこの話って9冊も出てるのな!Σ(・ω・)

アニメになったのは知ってたケド、

正直これで完結でも十分だと思うケドなー(^_^;)

まぁこの5人組の友情と成長には興味あるから

また機会があれば続きも読むかもー(´ω`)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

ということで、一気に3冊紹介しました!

何だかここんとこ読書欲に火がついているので

次は何を読もうかなー♪(>_<) 

また面白いのあったら記事にしますねー☆

   

« 「俺の彼女と幼なじみが……」 | トップページ | 「マギ」がなかなか面白い♪(´▽`*)その2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

アオヤマくんの口調、優くんじゃないですか!?

僕の口調ですね、それ
ところで、最近読んだ本でお勧めは
蝿の王、ですかね?もう読んでらっしゃるかもしれませんがけっこーおもしろいですよ、残酷なところもあるんですが・・・
あとラノベ、マンガなら「とある」系ですか!
おもしろいです

ココロコネクト取り上げてもらいありがとうございますhappy02

もう大好きなので本棚にも別格で置いてありますよwww

>kayoさん

うちの優君はこんなにかわいげはありません(笑)

 
>カイザーさん

口調はそうでも多分テンションが違うんじゃないかなぁと(笑)
「蠅の王」は既読ですね。ずいぶん昔に読んだのでうろ覚えですが、面白かったものの正直言えば
もっと陰惨なラストになるかと思ってたので多少拍子抜けした覚えが……
「とある」系は禁書目録は1巻だけお試しで読んでます。長すぎてそれ以上進む気になれないというか(苦笑)
超電磁砲は未読ですねーある程度は内容知ってますケド。


>トンネルさん

多少記事ではネタいじりもしてますが、面白かったですよー(´▽`*)
紹介どうもです! 続きも本屋で確認したらいろいろ趣向が凝らされてるっぽいですねー


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400648/49285102

この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に読んだ本を一気に三冊!:

« 「俺の彼女と幼なじみが……」 | トップページ | 「マギ」がなかなか面白い♪(´▽`*)その2 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ