Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« 2012年衆院総選挙! | トップページ | 『聖闘士聖矢Ω』:乙女座の黄金聖闘士登場! »

アスノ家3代の歴史を全5巻でノベライズ!:小説版『機動戦士ガンダムAGE』(小太刀右京)

 

Pa0_0284

小説版『ガンダムAGE』全5巻読みました!

1巻「スタンド・アップ」と2巻「アウェイクン」が

第一部の「フリット編を、

 

Pa0_0285

3巻「セカンド・エイジ」が「アセム編」

4巻「マーズ・コンタクト」が「キオ編」

そして最終巻「チーズ…」もとい(笑)

「ホーム・スイート・ホーム」

「3世代編」をノベライズしています!

 

Pa0_0299

ちなみにP数的なボリュームとしては

4巻>5巻>2巻>3巻>1巻なのデスが、

なぜか料金設定的には

5巻>2巻=3巻>4巻>1巻という

不思議なことになっていマス(^_^;)

最終巻だけ50円近く高いのはずるいよなぁ(;´_`;) 

 

さて、この小説版、読む前からやたらと

ネットで評価が高いのを耳にしていたのデスが、

実際に読んでみると、とりあえず一番の感想としては 

 

 

文章が下手……(ごめんなさい(^_^;))

 

あと薄っぺらい人類語りが正直うざかったよ(苦笑)  

 

いやまぁそこはおいといて、後半に行くにつれ

ノベライズ版の作者さんの怒り

ヒシヒシと伝わってくるというか……(笑) 

 

Pa0_0283

いやだって、明らかに4巻ぐらいから

原作に反逆してますもん(笑) 

こんなバカな設定で書けるか!(# ゚Д゚)

って言いたいんだろうなぁ……って。 

まぁそこは同情するというか……(^_^;)

 

Pa0_0287「フリット編」は基本原作通りの展開で、

ユリンがファルシアに乗ることになった理由や

メカ的な設定を補強してたぐらいなのデスが、

 

Pa0_0286

「アセム編」は原作ではサラッと流された

ロマリーの何気なエ○さ、もとい

三人の関係性をより深く描き、

まぁその分、レミとかマジシャンズ8とかが
ほとんど空気にされたケドw

 

 

Pa0_0288

そしてストーリーの整合性を気にしなくてよくなった

「キオ編」からは大幅にキャラ解釈を変え、

フリットやイゼルカントの老害っぷり

容赦無く罵倒&断罪し(笑)

できるだけ現実的に着地するよう修正しています。

 

ただその結果、キオがかなりのスーパーキャラになり、

その理由が「ゲーマーだから」(笑)というのは

作者さんの本職がゲームデザイナーであることの

ご愛敬なんだろうケド、ちょっとどうかと思うケドな!

あとザナルドが立派な軍人すぎて吹いたよ(笑)

 

Pa0_0833

ただゼハートとフラムの描写については

正直言えばTV版のあの展開の方が

好きなんだよなぁ……(-∀-)

 

Pa0_0835確かにTV版の展開は酷いんだケド、

やっぱゼハートが闇落ちしないと

フラムの悲恋ゼハートの悲哀

輝かないって、逆に分かったというか。

あの切なさがいいんだよ!(;´д⊂)

 

Pa0_0676

どちらにせよ「AGE」ファンなら十分楽しめマスし、 

まぁそもそも「AGE」ファンしか読むわけないんだケドw

原作の補完&修正ENDという意味で

未読の方はまだTV放映終了の余韻の残る内に

ぜひトライすることを勧めします!(Φ∀Φ)

まぁその気になればあっという間に読める内容だしな(笑) 

 

PS 

個人的にはTV版をまとめたMOOK本が出て欲しいんだケド、

今のトコそんな動きを全然聞かない(´・ω・`)(苦笑)

やっぱ人気無かったからそんなのムリなのかなぁ……

 

PS2 

あ、こっからは小ネタ感想集なのデスが、

ネタバレ要素ばっかりなので

【続きを読む】にしておきますねー.(・∀・)

 

【フリット編】

Pa0_0290

・意外とユリンの印象が薄かったよ……(-∀-)

・それよりむしろエミリーがマジ天使!(笑)

デシルがエロい。ユリンのお尻なでおって!

・ラリアットどころか。シャインニングウィザードや
 パイルドライバーまで繰り出すタイタスw

 

・アニメの極端な描写を小説で真面目に描くとうけるよなー。
 ドワーフ体型とかチョコ食べまくり指揮官とか(笑)

・あらためて見直すとフリット編って実はいらないのでは?と(笑)
 アセム編からスタートで父親の過去話として挿入されればいいぐらいの
 内容なんだよなぁ……(^_^;) その後の話とも矛盾しまくりだしw

 

【アセム編】

Pa0_0291

・青春編がちゃんと描かれててよかったよー。
 ゼハートの地球圏文化への感想が可愛い(笑)

・雪山遭難以外での人肌暖めネタは初めて見たケド
 きっとあの時アセムとゼハートは兄弟に(笑) 

・ロマリーの軍服にコンサバティブなエロスw
 もうアセムったら思春期すぎデスよ!(^_^;)

 

・一方のアリーサは完全におっぱいキャラ担当で(笑)
 まぁでもせっかくの目の前で上下するシャツ一枚の豊かな胸も
 疲れ果てたアセムにはマックスのスネ毛程度の価値ってw

・まぁ何はともあれちゃんとウルフにガンガンにしごかれてるのは
 お手軽すぎる感があったTV版より良かったかなと。
 

・なにげにミレースとウルフが大人の関係だった☆
 でもミレース印象薄いんだよなぁ……第一部でもほぼ空気だし。

・アセムにAGE-2が与えられたのはだって裏話は面白かった!

 

【キオ編・三世代編】

Pa0_0292

・キオの感想がいちいち容赦ねぇ(笑)
 原作の素直さがなくて反抗的すぎ。
 フリットにもイゼルカントにもアセムにも!

・でもシャルアナさんに抱かれて
 おっ○い顔面ムギュ☆
 赤面するキオは可愛いなw

 

・小説版にも登場のウィービックたちへのアセムの突っ込みも
 同じくいちいちむごすぎw 特に「情事の前後か」ってあんたw

・ユノアが極度のブラコンでフリットを嫌ってるのは良いなw 

・最終戦ではエミリーやロマリーも活躍して家族総出演なのは◎

・AGE-3が環境破壊しすぎて爆笑(笑)

・「戦場のホームズ」がまさかの妻帯者とはw
 じゃあナトーラへのアレは自然なセクハラだったのか(笑)

 

Pa0_0294

・ジラード・スプリガンは原作より出番が多かったケド、
 逆に原作以上にあっけなくやられるという……
 でもフラムに強制口移しでチョコを食べさせる
 百合描写にはもうむっはーデスよ!(;゚∀゚)=3
 ジラード出てきた甲斐あった!(笑)

 ……でも正直あのキスシーンには何の意味が(^_^;) 

 

「見よ、その輝きは一騎当千。/見よ、その働きは白き閃光。
  無明の闇を切り開き、真空の宇宙さえも揺るがして、
  それは必ずやってくる。
  その名はガンダム。/モビルスーツ、ガンダム!」
みたいに

 作者さんが終盤どんどんノリノリになって可笑しい(笑)

 

Pa0_0293

・アセムVSフリットの描写なんて
 いきなり隆慶一郎風だしなw

 「斬った。ガンダムレギルスをではない。
  ゼハート・ガレットを斬った。
  生涯にただひとり、莫逆の友を斬った。」
って

 『一夢庵風流記(花の慶次)』かよ!(笑)
 

・それにしてもゼハート死亡の章の最後に挿入されたあの
 謎のゼハートとフラムの会話は何なんだろう?
 死後の魂同士の会話じゃないとしたら……

 やっぱ出撃前夜でのピロートークなんだろうか!Σ(・ω・) 

 

……と、こんな風に原作と比較しながら読むのが

とっても楽しかったデスよ!(Φ∀Φ)(笑)

まぁそれがノベライズの醍醐味だよな♪

こうなったら次は漫画版も読んでみようかな!(>_<)

« 2012年衆院総選挙! | トップページ | 『聖闘士聖矢Ω』:乙女座の黄金聖闘士登場! »

スパロボ&ガンダム」カテゴリの記事

コメント

初めまして。小説版最終巻発売時に小説版感想を検索していてこちらに辿り着きました。
そのときはAGEの主題歌集の感想ページに引っかかり、そこで小説版読破中で、今後感想を書かれると書いてあったのでワクワクと待っておりました。優パパさんの感想文面白そうなので…

前フリが長くなりましたが、感想面白かったです。
意見が違うなーって個所ももちろんあるんですが
(私は小太刀さんの富野調文章好きだったり、ゼハートとフラムの改変は小説版のが好きだったり)
でもそれは好みですもんね。そういう見方もあるか―と楽しませていただきました。
最期のゼハートとフラムの会話についてはピロートーク説を私は推します。
なぜなら小説版ではゼハート視点で「愛した少女」と出てるからです!「愛してくれた」じゃないんですよ!!
しかもアニメ版と違って、イゼルカントの真意知った直後から二人とも死ぬ覚悟じゃないですか…(なのでこれも正統派の悲恋と思います)
そんで手に触れてるからお互いの気持ち知ってるわけですし
となればそういう関係になってもおかしくない
いやむしろそうだからこそそういう関係になってて欲しいと言うか!男と女の関係は良いぞってゴトムさんも言ってるのですし!!!

今後AGEのコミカライズを読むのなら、コロコロコミックスから出ているキオ編漫画のクライマックスヒーローガンダムAGEをお勧めします。
変更箇所は小説版以上ですが、一本の話としてうまくまとまってて良い感じですよ。

daikonさん初めまして!゚+.(・∀・)゚+.゚
楽しみにしていてくださったのに、なかなかUPしないで恐縮デス(^_^;)

やっぱピロートークですよねー
私自身もAGE本編の記事で、小説版はそんな描写があったらいいなーとは書いてるのですが、
でもいざそうなってみたら、TV版のあの報われなさ過ぎる2人の方がしみたなぁと思っちゃったりと。

クライマックスヒーローガンダムAGE!
知らなかったなぁ! ちょっと探してみることしますよ! ありがとうございました(*^_^*)

キオの感想>自分としては、かえって目の前で起きている事態をより真剣に見ている、と取れて好感触でした。
そういえばアッシュ=アセムとの解遇→拒絶は否定的な方もいらっしゃる様ですが、キオからすればほぼ初対面同然(重要)なのですから無理からぬことかと。泣きながらハグする方が現実味に欠けます。
……いやまぁ、子供向けなんだからこまけぇこたぁ(ryとか、アニメに現実味とかwwwと言われればそれまでなのですが。

五巻のフリット改心からの流れは物凄く熱く、自分は思わず泣いたくらいなのですが、そのあたりはやはり人に寄ってはそのノリに引いてしまったりするのでしょうかね……
個人的には薄っぺらい人類語りによる導入やエピローグ結構好きなのですが。

ただ、「文章下手すぎ」というのはどうかと。

名無しさんこんばんはーコメありがとうございます!

んーまぁとらえ方はさまざまですのでー

ただアッシュ=アセムとの解遇→拒絶は必ずしも否定してるのではないですよー泣きながらハグはおかしいと思いますしね。
でもキオの基本性格設定を考えれば、アニメのように戸惑うぐらいがキオらしいとは思うのデスよ。ちょっと小説版は反抗期入りすぎというか。

あとフリット改心からの流れの熱さに関しては別に異論はないのですが、ノリにひいたというよりは、
明らかに作者さんが酔いしれてるので(それは必ずしも悪いことではないのだけど)
思わず突っ込んでしまいたくなったというか(笑)
ごめんなさい、お年寄りなのでそんなに素直じゃないんですよ(^_^;)

まぁレビュー全体を読んでもらえれば、基本は突っ込みつつも愛あるレビューのつもりなのですが(それはアニメのAGEについても同様デス)
ただホント申し訳ないケド、内容面はともかく文章としては上手とは言い難いです。それは他にたくさんの本を読んでいればおのずとわかると思いマス。
でも「下手すぎ」はちょっと言い過ぎだったかなと思いましたので、「すぎ」は修正しましたー


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400648/47794089

この記事へのトラックバック一覧です: アスノ家3代の歴史を全5巻でノベライズ!:小説版『機動戦士ガンダムAGE』(小太刀右京):

« 2012年衆院総選挙! | トップページ | 『聖闘士聖矢Ω』:乙女座の黄金聖闘士登場! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ