ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »

2011年4月24日 - 2011年4月30日

『クドリャフカの順番』@古典部シリーズ

「わたし、気になります」

 

普段は清楚なお嬢様であるヒロイン・千反田えるの

溢れ出る好奇心に輝く大きな瞳に圧倒されて、

本来は「省エネ」主義者である主人公・折木奉太郎が

なお彼のモットーは「やらなくてもいいことなら、やらない。
やらなければいけないことは手短に」(笑)

高校生活の中で起こる謎の数々を解き明かす--

 

今注目のミステリー作家、米澤穂信

デビューシリーズである「古典部」シリーズ。

現在、四作目『遠まわりする雛』まで読了♪(≧▽≦)

『遠まわりする雛』はシリーズ初の短編集だけあって、

いろんな話が読めて楽しかったなぁ♪(´ω`)

   

せっかく「日常の謎」を取り扱うんだから、

やっぱりいろんなネタを味わいたいものだよね。

ちなみに一作目の『氷菓』は連作短編仕立てデシた。

『氷菓』についての書評は前チラッと書きました。
http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-ab45.html

 

それにしてもこういうシリーズ物はやっぱり、

巻を重ねるごとにキャラ達に馴染んでくるから

どんどん面白くなってくるなぁ☆(*^▽^*) 

 

Pa0_0542

正直、二作目の『愚者のエンドロール』は

個人的にはイマイチだったのデスが(;^_^A

三作目の『クドリャフカの順番』

ホントすごく面白かった!Σ(・ω・)

  

 

主人公達四人が通う高校の文化祭を舞台にしたこの作品は

四人の視点をザッピングしていくという形式を採用していて、

彼らと一緒に自分たちも行事に参加しているような気分になれる

読んでいてとても楽しい作品なのですが、

(ちなみに主人公奉太郎のみ店番で座りっぱなし(笑)
ホントこんなに動かない主人公も珍しいデス)

 

同時に青春のほろ苦さを描いているのが素晴らしくて、

特に今回はズバリ「才能」がテーマなだけに

ふだんは人を喰った態度の副主人公・里志が抱く

親友である奉太郎への複雑な思いや、

サブヒロインである摩耶花がある真相を知り、

屋上で思わず一人涙するシーンなんかは

ほんと胸に来るよ(つω;)

 

これはリアルな高校生ならもちろんのこと、

かつて高校生であった私たちにも

同じく懐かしい痛みを与えてくれると思いマス。

少なくとも僕はこの二人が感じた思いはとても良くわかるよ……

      

なお、本作のタイトルになっている『クドリャフカの順番』とは、

今回起きる事件に深く関係する同人漫画のタイトルなのですが、

(あと、『順番』というのは今回起こる事件のキーワード)

困ったことに作中ではこの漫画の内容がわからないので(苦笑)

何でこれがタイトルなんだ? と考えさせられてしまう

これまた一種の作者からの謎かけになっています。

   

ちなみに、この「クドリャフカ」という言葉に対する言及は

作中ではたったこれだけ↓で他に説明もないのデスが

「クドリャフカっていうと、ロケットに乗せられて地球をぐるぐるまわった犬だったね。酸素が切れるまで、眼下の星に帰れると信じていた」
「そうだったのか?」
 犬がなにを信じていたか、わかるやつもいないだろうが。
 (中略)
「そうかな? クドリャフカっていえば、非業の死ってイメージが付きまとうよ」
(P324)

  

でも、いつか自分にも「順番」が来るんだと信じて、

決して届くことのない何かの周りをぐるぐる回り続ける

そんな哀しい「クドリャフカ」のイメージが、

まさに青春時代の持つ一面を象徴しているんだと思いマス。

  

うーん、こんなお祭りムード満載の楽しい作品の中に、

こうしたほろ苦さをしっかり隠し味に忍ばせる

米澤穂信、ホント侮り難しだよ!Σ(・ω・)

ちなみにこのシリーズがタイトルに凝るのは
一作目が『氷菓』というタイトルに込められた思いを解き明かす
という内容だったのと関係があるのかもね。
なお、二作目は英文のサブタイトルが事件の大ヒントにもなってます(笑)

 

ということで、すっかりファンになったのですが、

古典部シリーズ四巻目になる『遠まわりする雛』では、

グループとはいえ一緒に泊まりがけ温泉旅行に行っても、

あげくには夜の密室に二人っきりで閉じこめられても

まるでそういう展開(笑)を意識しないという

 

ラノベ作品の主人公とは思えないような

(っていうかふつーの高校生ならいろいろ思うでしょw)

超草食系主人公の奉太郎が、

最後のエピソードでようやく

千反田さんへの想いを意識するようになりました(笑)

 

こうなると俄然続編となる

第五巻『ふたりの距離の概算』での展開が、

わたし、気になります!(ΦωΦ)

 

……のだけど、

文庫に落ちるまで我慢だ(;´_`;)(笑)

  

まぁこのシリーズはキャラたちの高校卒業まで続くらしいから

嬉しいことにまだまだ先は長いしな。

(ちなみに四巻終了時で高校1年が終了。実時間では9年間が経過!)

なので気長に楽しんでいくことにしますよう♪(´▽`*)

 

とりあえず次は『春期限定いちごタルト事件』だけ読んでる

書評はこの時にチラッと触れてます。
http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-2c0c.html

「小市民シリーズ」を読み進めていこうと思っていマス(´ω`)

そしてこうなったら目指せ、全作品制覇かな♪

 

『退魔光剣シェルザード!』第七章その1

ブログ内連載、『退魔光剣シェルザード!』

お待たせしました! 第七章のスタートです(≧▽≦)

こっからはノンストップのバトルものなので、

是非是非お楽しみください♪

 

なお未読の方はこちらからどうぞ☆

このブログの愛読者さんなら読まなきゃ損デスよ♪

http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-1705.html

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 第七章 激突!《竜の台地》(前編)
 
     1
 
 《竜の台地》--周囲を魔竜山脈と呼ばれる山々に囲まれたガロウ伯爵の領土。その麓、険しい山々の一角に、奇妙な形をした岩があった。
 その岩は、今にもその恐るべき吐息(ブレス)を吐かんとする巨大な竜の頭部の形をしており、その開いた口は《竜の台地》へと通じる唯一の洞窟の入り口となっていた。
 そのためここにはガロウ伯爵の命により強力な守備隊が置かれ、難攻不落の一大要塞と化していた。
 今までこの洞窟を生きて突破した敵は一人としていない。
 人々はこの洞窟を、その入り口の形から恐れを込めてこう呼ぶのだった。
 --《猛き竜の顎(あぎと)》と!
 
       ※       ※

「あれが噂に名高い《猛き竜の顎》って奴か……」
 竜形の入り口より少し離れた草むらから、ジークの声がした。
「ああ、そうらしいな」
 別の岩陰からヒョウの声がする。
「見張りはオークが、ひい……ふう……十匹ってとこだな」
「見張りですらそれだけいるとは、さすがに守りが堅いのぉ」
 そう言いながらもニャーゴロの口調は相変わらず呑気そうである。
「さーて、どうするのじゃ?」
〈……やっぱりやめましょうよぉ〉
 ジークの腰で、シェルザードが情けない声で提案する。
「ここまで来て何言ってやがるんだ、てめぇは!」

続きを読む "『退魔光剣シェルザード!』第七章その1" »

「これはゾンビですか?」

日々の癒しの一環として

せっせと読書にも励んでいる今日この頃。

現在は一般作:ラノベ=2:3ぐらいの割合デス。

シリアスなのよりできるだけ楽しいのが読みたいの(*´`)

  

Pa0_0307

そんな中、「これはゾンビですか?」読了。

いやぁもうほんとご機嫌なぐらいの

カオスな馬鹿話だなぁ(´▽`*)(笑)

いわゆる「押しかけ嫁」物デスが、

ヒロイン達が極端に個性的で可笑しいw

  

それに比較すると、主人公であるアユムは

何でもててるのかさっぱりわからないくらい

いたってふつーの高校生デスが、

でもゾンビなので死にません (Φ∀Φ)(笑) 

手足が引きちぎれても平気で闘うというのは

バトル物としてはなかなか斬新デスよw

あと変身するといわゆる魔法少女的な格好になりマス。
もちろん「男」ですし、見た目の性別も変わりません(^^;)

 

この本人自身は別に特別に強いワケじゃないケド

「不死」という特殊能力故に強敵と闘えるというのは、

「とある魔術の禁書目録」の主人公の持つ

「幻想殺し」(すべての特殊能力を無効にする)と同じく

ふつーの高校生をバトル物の主役にできる

あざとい上手な設定だと思いマス(´ω`)

 

でもふつーの人間なら身体が壊れることを心配して

どうしてもセーブしてしまう潜在能力を

不死のゾンビだから気にせず限界まで出せる

……っていう設定はわかるケド、

100%を越えるのはおかしいだろ?(^^;)(笑)

ちなみに800%とかまで出せますw

 

まぁそんな突っ込みを入れるのも野暮な

ハイテンション変態バトルラブコメ!

これまでもあまりのタイトルのインパクト

ずっと意識はしていたのデスが、

勇気を出して(笑)読んでみたら面白かったので、

続きも読んでみるつもりデス♪ (Φ∀Φ)

 

PS

とりあえずピコピコするアホ毛が可愛いハルナですが、

勝ち気な彼女の発するマニアックな罵倒が結構ツボで、

「このエロスボーン・バンガードが!」

には思わず爆笑w(元ネタは「ガンダムF91」)

でもどうせなら脱ぎ要員はハルナよりセラの方がいいデスw

 

PS2

一見頼りないふつーの若者なんだけど、

実はとんでもない特殊能力を備えた主人公と言えば、

個人的にはファンタジーの古典的名作の一つ

『魔法の国ザンス』シリーズ(@ハヤカワ文庫)

第一巻「カメレオンの呪文」の主役である

ビンクの能力が思い出深いデス(´ω`)

どんな能力なのかは読んでのお楽しみ♪ 

ちなみに「カメレオンの呪文」というのは別のキャラの能力で
ビンクの能力とは関係ありませんw
 

「ライディーン」と言えば

さて、いきなりですが、ここで問題です。

あなたは「ライディーン」と言えば

まず何を思い浮かべますか?(・∀・)

  

1.「え、そりゃロボットアニメじゃね?(`・ω・´)」

2.「『勇者』の使う『雷撃呪文』だよね! (Φ∀Φ)」

3.「江戸時代のすげぇ強い横綱デス。ごっつぁん」

4.「♪てってってーん、ててててってててんてんてーん♪」

   

まぁ別に正解は無いのデスが(笑)

 

Pa0_0512

とりあえず「1」・「2」はお約束として、  

(まぁ「2」は正確には「ライデイン」ですケドね)

「4」が浮かぶ人はやっぱ少数派なのかなと。 

いや曲はみんな知ってると思うんだケド

タイトルは知らないんじゃないかなー(;^_^A

 

Pa0_0348

先日『初音ミク・オーケストラ』

この「ライディーン」の曲名を見た時に、

ボクも一瞬「1」のカバーかと思ったもんなw

テクノサウンド集なんだからちょっと考えれば

そりゃ「4」に決まってるのに(^^;)

http://www.youtube.com/watch?v=IA5rRsMLXV0

   

Pa0_0492しかし「2」の「雷撃呪文」については

「1」の「勇者ライディーン」が元ネタとして、

でも「1」も「4」もつきつめてみれば

元ネタはみな「3」なんだから、

 

 

Pa0_0814

今回の結論としていえば

「雷電」って奴は

やっぱホントに凄い

伝説の力士だよな!Σ(・ω・)(笑)

   

 

PS

ちなみに「4」のタイトルの由来は

正確には「1」と「3」の両方だそうデス。

元々は「雷電」から何だけど、

アニメの「勇者ライディーン」も意識したとのこと。

 

PS2

なおこの問いに対して、

「え、モータル・コンバットですか?」

と答えた人は、

とんだドマニアなゲーマーだよ!

「らいでんばばよえーん」! (Φ∀Φ)(笑)

無印「遊戯王」:「決闘者の王国」編!

 

Pa0_0689

「月曜日の朝を楽しみにしよう計画」

として、毎週月朝に優君に渡している

無印版「遊戯王」@中古デスが、

現在は「決闘者の王国編」が完結!

 

 

Pa0_0692

しかしこうして原点を読んでみると

「決闘(デュエル)」にも歴史アリで、

「決闘者の王国」編の頃は、

ホント、ルール的には無茶苦茶だよな(笑)

もう超絶解釈がバンバンと(^^;) 

 

Pa0_0688

ここらは多分、カードゲームというよりは

テーブルトークRPGのノリなんだろうなぁ(^^;)

明確なルールがあるというよりは

ゲームマスターとプレイヤーのコミュニケーションで

展開が決められていくという感じ。

 

Pa0_0690

なのでうまく相手を言いくるめさえすれば

思いもよらぬ逆転が出来たりするわけで(笑)

ボクはバリバリのTRPGゲーマーだったから

こういう頭脳戦みたいなノリは嫌いじゃないさ!

でも今はTRPG結構下火みたいだよなぁ……面白いのに。

 

Pa0_0687

まぁそんな荒削りな展開の中でも

舞や羽峨、竜崎、梶木とかの

名キャラ達とのデュエルは楽しかった!

 

Pa0_0056

もちろんペガサスの操る

「トゥーン・ワールド」との闘いも

面白かったしな!(≧▽≦)

ちなみに現在「ペガサスごっこ」をしようと
ボチボチとトゥーンカードを集め中(笑)

 

Pa0_0302

そんな「王国」編に続く「バトルシティ」編では

途中に何か別のゲームが入ったような記憶もあるケド
そこは華麗にスルー(笑)

いよいよ「生け贄召喚」ルールも整備され、

より現在に近い形になってきました♪

 

Pa0_0691そしてこの「決闘盤」も当然のように廃止(笑)

見事なまでに企画倒れデシた (Φ∀Φ)

これ海馬が使ってみたかったダケだろ(^^;)

まぁ最初から「試作品」って言ってたし

こうした試行錯誤こそが今の礎だよね!(><)

 

PS

Pa0_0050

ところで、ボクはまだ最終巻まで読んでないので

現時点での単なる思いつきで言うんだケド、

モクバって実は女の子だったりします?(笑)

いやこの「兄サマ」っ子ぶりは

ちょっとアレかと……(^^;)

初音ミクのちょっとアレな曲(笑)

 

Pa0_0533

ということで、今日も元気に(笑)

初音ミクに癒されてまーす(*´`)

ついにこのブログのカテゴリーに

「初音ミク」まで作っちゃったし (Φ∀Φ)(笑) 

このままメイン記事化しそうな勢いデス♪

    

Pa0_0490

さて、前回紹介した「Happy fruits!」デスが、

http://www.youtube.com/watch?v=JWbty6nkNVQ&NR=1

いやぁこの曲ってば何回聴いても

楽しくって可愛くってそんでもって実に

エロいなぁ(〃∇〃)(笑)

   

Pa0_0444

何でも歌ってくれる「電子の歌姫」ですから、

そうなると健全な男の悪戯心としてこういう

ちょっとアレな曲を歌わせたくなる気持ちは

  

Pa0_0446

まぁそりゃぁボクにだって

良くわかりマスよ !(Φ∀Φ)

←それにしてもなんだよ!
「くるみ☆ぽんちお」って!(>_<;)
まぁもちろんわかるケドw

  

  

Pa0_0448

そんな曲の中で一番のお気に入りは

「脱げばいいってモンじゃない!」

歌詞は過激なとこもあるケド

これすっごくいい曲ですよ!Σ(・ω・)

http://www.youtube.com/watch?v=-5Lvn6-CA7Q&feature=related

 

Pa0_0493

曲はリズミカルで凄くカッコイイし

ダメ男を罵倒しつつ寂しい女心を表現した歌詞は、

女の子なら共感できるんじゃないかなぁと。

特に「だまれ、だーまーれ!」のトコが好き(*^▽^*)
「そ・れ・じゃ・お・や・す・み!」もいいよね☆

  

でも16歳という設定のミクに歌わせるには

やっぱ内容的にはちょっと早いかなー(^^;)

女子大生ぐらいの曲だよね!(><)

 

やっぱり初音ミクにはこうした

ちょっとアレな曲を歌わせるよりは、

   

Pa0_0540

♪イクラ丼が食べたかったなぁ~♪

みたいなお馬鹿な曲を歌わせてる方が

やっぱ似合っていて和みマス(´ω`)

しかし伝説の「ドルアーガの塔」のBGMを

こんな脱力ソングにするとは……(^^;)

「おなかすいたうた」
http://www.youtube.com/watch?v=7iFCwbaQqCE

  

PS

Pa0_0492

ちなみに「脱げばいいってモンじゃない!」

には、カイトが歌う男視点Verがありマス。

まぁボクはこんなにダメ男じゃありませんがw

これはこれでわかるかな (Φ∀Φ)(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=UTUV-7we4PQ&feature=related

今週(4/24)の「OOO」(オーズ)

◎第31話「恩返しとたくらみと紫のメダル」 

 

Pa0_0586

……そう言えばまだ

ウヴァいたよなΣ(・ω・)(笑)

すっかり存在を忘れてたw

 

Pa0_0585

でもメインはあくまで紫メダル

ヤミーもすぐやられちゃったし

セルメダルせっせとためても弱いw

相変わらず気の毒だなぁ(^^;)

  

 

Pa0_0579

Pa0_0576

でもまぁこれまた久々の

メダルの奪い合い

やっぱ楽しかったな♪

赤コンボ崩れたかぁ……

 

 

Pa0_0573

「でも人を助ける時はそのたまたまがあることを

忘れない方がいいですかね」

と、今回実に深いセリフを吐いていた映司ですが

紫のメダルに憑依されたとこで幕!

うわぁぁ続きが気になるなぁ!!(>_<;)

 

予告の感じでは紫のグリードは憑依映司?

でも映画では恐竜系グリードは「ギル」のヤミーとか

言ってたような……他のグリードも存在知ってたし。

これで冬映画は完全にパラレル認定ですか??

まぁそもそも時間軸的にも合わなくなってるしなー

  

PS

Pa0_0584

しかしクスクシ、「新学期応援フェア」って

もうすでに多国籍料理でも何でもない

ただのコスプレ喫茶ですがな(まぁ前からだケドw)

 

Pa0_0581

でもまぁそのおかげで

JK比奈ちゃん

が観られたから良しだ!(笑)

さすが中の人がリアルJK!

コスプレっていうか本職ですねw

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ