ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系


  • キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

データカードダス全般


« ガンダムAGE&トライエイジ:登場!AGE-1スパロー! | トップページ | 『やさしい教師の躾けかた』 »

『桃鉄』終了とハドソンの思い出

 

☆「ゲーム『桃太郎電鉄』シリーズが終了 

コナミによる買収でクリエイター離れ原因」

http://news.nicovideo.jp/watch/nw161044

  

桃鉄が……Σ(゜Д゜;)!

 

Photo_2

てか、それももちろんショックだけど

いつのまにかハドソンって

コナミに買収されてんのな!Σ(・ω・)

(2005年から子会社扱いで、今年の4月1日に完全子会社とのこと)

 

ハドソンにはPCゲーム初期の時代からお世話になったよぉ。

「デゼニランド」や「サラダの国のトマト姫」(サラトマ)とか

超なつかしい!(><)

 

この頃のアドベンチャーゲームって

現在のコマンド選択方式みたいなぬるいもんじゃなく

英単語でのコマンド入力方式だったので、

しかも指定されたワードを当てないと進めないの。「同意」は不可(>_<;)

小中学生には実にハードだった……(-∀-。)

  

確か最後の方で、刺せばいいのはわかってるのに

「Insert」という単語がどうしても出てこなくて、

兄貴と一緒にすごく悩んだのを覚えてるよ……(;´_`;)

今ならいろんな意味で楽勝で出てくる単語デスが(笑)

(ちなみにサラトマでカタカナ日本語入力に進化したときには感激!
相変わらず単語当ては内容はクソ難しかったケド……(^^;))

 

ファミコン時代にもお世話になったなぁ……

「ばーい、はどそん!」の起動音を思い出すだけで

魂が震えるね!(≧▽≦)

「スターフォース」「スターソルジャー」「忍者ハットリくん」

「高橋名人の冒険島」「迷宮組曲」「ボンバーマン」「ロードランナー」

……それに何と言っても 

 

「バンゲリングベイ」な! (Φ∀Φ)(笑)

(知らなかったケド、元はアメリカのゲームの移植なのね)

 

Photoいや基本はヘリコプターで敵機と戦闘しつつ、

敵の戦略拠点を爆撃してまわるという

ハードなシューティングゲームなのですが、

 

このゲームが面白い(笑)のは2人プレイの時で、

その場合2Pは防衛側に回るのですケド、

何せやることがコントローラーのマイクに向けて

(ファミコンにはコントローラーに謎のマイク機能がありました)

「ハドソン! ハドソン!」と連呼するだけ(本当(笑))

そうすると反応して戦闘機やミサイルが迎撃してくれるのデスw

 

しかもプレイしているうちに気が付くのですが、

メーカー推奨の「ハドソン!」と叫ばなくても

音さえひろえれば実は何でもいい(笑)ので、

(たとえば「え~りん!え~りん!」でも「D・V・D!D・V・D!」でも
「おっ○い!おっ○い!」でも可(笑))

最初は面白がって色々試すのですが、だんだんめんどくさくなって

「あ~あ~あ~、い~いう~」

などと意味不明の奇声を発し続けるのみになります。

 

そのため、1P側は必死でプレイしているのに、

2P側はだらだら寝そべってマイクに向かってうめき続ける

という意味不明の対戦っぷりデシた……(;^_^A

でもまぁ当時はそれでも面白かったケドw ゲーム自体が貴重なもので。

 

そんなネタ作も含め、たくさんのゲームを世に送り出してきたハドソン。

でも何でもWikiによれば、鉄オタであった創業者が、

わざわざ国鉄C62型蒸気機関車(「ハドソン」の社名もこれに由来)

「C62」に〒番号を合わせるためにΣ(・ω・)

「062」の北海道札幌市豊平区に本社を置いたぐらいの

こだわりに満ちた会社だっただけに(鉄オタってすげぇよなぁw)

コナミとは社風があわないクリエーターも

出てきたんだろうかなぁ……(oωo)

  

でも最近はゲーム作成って集団作業のイメージだったので、

こうした職人さんみたいな人たちが作っていたというとこに

『桃鉄』シリーズのあの異様なまでの細部へのこだわり

の理由が感じられて、ちょっとじーんとしました(´ω`)

(まぁこだわりのかなりの部分は「う○ち」ネタですがw) 

  

でもゲーム業界もこうして大手ばかり生き残るようになると、

そういう人たちにはますます生きにくい業界になるのかなぁ……

次の現場でもぜひ頑張って欲しいものなのだケド(oωo)

 

Photo_3

最後にファミコン時代からプレイしてきた『桃鉄』!

もともとは『桃太郎伝説』というネタRPGのパロディ

であることさえ、すっかり忘れられているぐらい

大ヒットしたこのシリーズは、

「地理」が苦手なボクみたいな子どもをたくさん助けてくれました。

優君がギリギリWii版で間に合ってくれたことがとても嬉しい(´ω`)

  

無くなっちゃうのはさみしいケド、今は長年楽しませてくれたことに

やっぱり感謝してこの記事を締めたいと思いマス。

 

さくまあきらさん、ハドソンのみなさん

素晴らしいゲームをありがとうございました!

« ガンダムAGE&トライエイジ:登場!AGE-1スパロー! | トップページ | 『やさしい教師の躾けかた』 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『桃鉄』終了とハドソンの思い出:

« ガンダムAGE&トライエイジ:登場!AGE-1スパロー! | トップページ | 『やさしい教師の躾けかた』 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ