ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« 2010年11月14日 - 2010年11月20日 | トップページ | 2010年11月28日 - 2010年12月4日 »

2010年11月21日 - 2010年11月27日

メモリアルカードが届きました☆

Pa0_0351

正直ようやく、って感じですが、

「モンバト・ファイナルキャンペーン」の

メモリアルカード×2セットが

我が家にも届きました♪(*^▽^*)

  

   

Pa0_0350

ゆうか、ゆうすけ&歴代勇者達という

実にナイスな図柄ですが(Ⅰ・Ⅱの筐体まで(つω;))

サマルトリア君がちゃっかりセンター

なのが笑えるよな(笑)

いつからそんなに偉くなった(-∀-)

 

Pa0_0349

まぁムーンブルグちゃんなんか

唯一の女性勇者として右側前面デスが

可愛いから許す!(`・ω・´)(笑)

でも、いくら服装的にも華が無いからって
キミの扱いはそれでいいのかローレシア君w

  

でも、カードは嬉しいけど、これで何かホントに

終わっちゃった感があるなぁ……(´・ω・`)

まさにメモリアルなこのカード、

他の大切な思い出のカード達と一緒に

大切に残していくつもりデス。

 

PS

あ、モンバト系&ドラクエ系の記事は

まだこれからもちゃんと書きますよ!(><)

『退魔光剣シェルザード!』第二章その2

(火)(金)連載の『退魔光剣シェルザード!』

第二章『二枚目王子の挑戦』

第二回目デス!〆(゜▽゜*)

 

一回目はこちら!
http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-3a49.html

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     3

「おい、ヒョウ、ちょっとこっちに来い!」
 さすがにたまりかねて、ジークがヒョウをクリスから引き離した。
「何だよ」
 汚い手で人の腕をつかむんじゃない、とばかりに、ヒョウはジークの手を乱暴に振りほどいた。
 そんなヒョウに、ジークが噛みつくように叫ぶ。
「おまえ……さっきから黙って見てりゃあ、どういうつもりだ!?」
「どういうつもり……何のことだ?」
「とぼけんな! クリスのことだ!」
「ああ、クリスちゃんのことか。それが何か?」
「てめぇ、まさかクリスにちょっかい出すつもりじゃねぇだろうな!?」
 ギロッとにらみつけるジーク。だがヒョウは平然としたものである。
「何ムキになってるんだか。……はっはーん」
 なーるーほどー、ヒョウはジークとクリスを見比べてニヤリと笑った。
「な、何だよ」
 思わずたじろぐジーク。

続きを読む "『退魔光剣シェルザード!』第二章その2" »

『スパロボMX』近況報告3

Pa0_0268

「スパロボMX」の近況ですが、

プルを鍛えたおかげでついに

ツインファンネルが撃てました!(´▽`*)

 

Pa0_0267

ファンネルの乱舞! 

いやぁ壮観だわ☆

原作でも二人がこんな風に

仲良ければ……(つω;)

  

 

Middle_1280505058

しかしどうせ怒濤のラッシュをするなら

「プルプルプルプルプルプルーッ!!」

と叫びながら決めて欲しかった……( ´Д`)=3  

って、

JOJOか(笑)

   

Pa0_0266

ちなみに優君はけっこう

ダイモスがお気に入りデスΣ(・ω・)

「三・竜・棍……!」とかマネしてます。

でも「空手じゃないじゃん(-∀-)」

とか突っ込んでもいますが(笑)

 

そんな優君ですが、カタカナが苦手なのは相変わらずで、

こないだなんか「ナデシコ」のことを、

 

「ナタデココ」

とか言いやがりましたよΣ(・ω・)(笑)

 

まぁでも奥さんだって、

「またストロボするの?」

とか言いましたので、遺伝かもですが(^^;)(苦笑)

 

Pa0_0265

現在、「ムーンレイカー作戦」をクリアーし、

七章に突入!(><) いよいよ終盤戦かな?? 

ここまで来ると毎回の敵の数も随分多いですが、

味方もかーなーり強くなったので、

ガンガン進んでいこうと思いマス!! 

『退魔光剣シェルザード!』第二章その1

 

連載小説『退魔光剣シェルザード!』

第二章「二枚目王子の挑戦」

スタートです!〆(゜▽゜*)

  

☆★☆★☆★☆★☆

 

 第二章 二枚目王子の挑戦

     1

「あ~あ、た-いくつね-」」
 道無き荒野を馬に揺られながら、クリスはあくび混じりでつぶやいた。
「……」
 ジークは聞こえていないのか、単に無視しているのか、無言で少し前を進んでいる。
 ちなみにクリスがこのセリフをつぶやくのは、本日これで8回目である。
「ねぇ、聞いてるのー? ジークったらぁー」
「……」
 またもや返事はない。
「……もう!」
 クリスは軽くふくれたが、やがてあきらめたように肩をすくめると、ジークの背中から代わり映えのしないあたりの風景へと視線を移した。
 とにかく荒野! であった。やたらだだっ広いだけで、有るものといえばせいぜい雑草と岩ぐらいである。少なくとも鑑賞欲をそそる景色ではない。こんなもの、5秒も見れば十分だ。
 そしてこんな景色がここ3日ほどひたすら続いていた。そうでなくてもあまり気の長い方ではないクリスがイヤになるのも、いい加減ムリもない。
「ああ、やだやだ」
 もううんざり、とばかりにクリスはため息をついた。
「ねぇジーク、一体いつになったら《竜の台地》に着くのよぉ?」
「そんなに簡単に着くわけねぇだろ、大体ラコール出てまだ一週間もたってねぇじゃねぇか……」
 さすがに面倒くさくなって、ジークがたしなめる。でもクリスは相変わらずぼやき顔だ。
「それにしてもさー、いい加減怪物の一匹や二匹ぐらい出てくればいいのにね。だってこれじゃあ全然冒険らしくないじゃない」
「……おまえ滅茶苦茶言ってないか」
「だってせっかく冒険の旅に身を乗り出したっていうのに、やってる事っていったらただボーッと馬に乗ってるだけなんだもん。まだ初めはゴードンの奴が追ってくるくるかもしれないからハラハラしてたけどさー、でもそれも無いみたいだし。なんて言うかさーこう、スリルってのがないのよねー」
「……おまえねー」
 何か言ってやろうとしたジークだったが、不意にその黒い瞳がはるか前方に立つ砂塵をとらえた。
「おや?」

続きを読む "『退魔光剣シェルザード!』第二章その1" »

「マルドゥック・スクランブル」

 

51ojr8vpcyl

「マルドゥック・スクランブル」読んだ!

すっげぇ面白ぇ!!(*゜∀。*)

間違いなく今年読んだ本ではNo1!!

ていうか、「殿堂入り」デス!(≧▽≦)  

 

 

Pa0_0213

全3巻なんだけど、あまりの面白さに

読み終わっちゃうのがさみしくて

最終巻なんかちょっとずつ読んだぐらい(笑)

そんなことするのってホントひさびさ。

 

 

作者の冲方丁(うぶかたとう)さんといえば(「沖方」ではありません)

今年、本屋大賞受賞&直木賞候補になった話題作

『天地明察』で一般にも一躍有名になったケド、

(ちなみに文庫になってないから未読w)

私が初めて注目したのは、何年か前の週刊朝日の書評で

『マルドゥック・ヴェロシティ』が絶賛されているのを読んだ時。

 

ただ、何だかかなりハードSFっぽかったので、

なかなか手が出ずにいたところ、

(いやぁ……最近その手のあんまし読んでなかったから(;^_^A)

本屋でこの「スクランブル〔完全版〕」に出会い、

「ふーんアニメ映画にもなるんだ。帯に『冲方丁最高傑作』とあるし、

それに女の子が主人公ならとっつきやすいかな(゜▽゜*)」

と考えて(笑)とりあえずお試しで一冊目を購入。

 

そしたらもうこれが、

すっげぇ面白かったのデスよ!Σ(・ω・)

すぐに残りの2冊を買いに本屋に走ったね!

 

内容はサイバーパンクな世界観を除けば実にシンプルで、

「傷付けられ心を閉ざしていた少女の復讐と再生の物語」

貧困と父親による虐待の果てに少女娼婦となり、

果てには無惨にも殺されかけた少女ルーン・バロット

 

「死んだほうがいい」と闘うことを諦めていた彼女を救ったのが、

どんなものにでも変身できる「万能決戦兵器」として軍に開発された

心優しい金色のネズミ・ウフコック(人間以上の知能を持ち、話しもできます)

 

「マルドゥック・スクランブル09(オーナイン)」

人命保全のために法的に禁止された科学技術の使用を許可する

その法令により、死の淵からよみがえったバロットは、

全身のサイバー手術により得た常人を超える身体能力と

周囲の電子機器を自在に操れる「電子攪乱(スナーク)」の能力を駆使し、

ウフコックとともに自分を殺そうとした男・シェルの犯罪に立ち向かう。

 

この作品で特に圧巻なのがガンアクション!!

相手側にも「ボイルド」という恐ろしく強くて怖い

「疑似重力」を自在に操る「09」の申し子がいるのですが、

このバトルがもう滅茶苦茶盛り上がるのよ!ヽ(゜∀゜)ノ

 

あと、この話の中盤はカイジさんも真っ青

カジノを舞台にしたギャンブル物なのですが(笑)

これもまた実に圧倒的な迫力で盛り上がりマス!(><)

個人的にはラストのブラックジャック勝負より、
ルーレット勝負の方が面白かったデス♪(ΦωΦ)

 

でもこの話の一番の魅力はそういった

白熱のSFバトル(カジノ勝負もSF仕様)よりもむしろ

傷付いた少女バレットと優しいネズミ・ウフコックの交流

の方にあると思いマス(´ω`)

 

他者に踏みにじられる日々の中、生きる価値を見失っていた彼女が、

誰かのために闘うことで認めてもらおうとする依存心や、

圧倒的な力を手に入れたことで起こる心の揺れなどを乗り越え、

自らの意志で闘うこと、そしてこの世界で生きることを選ぶ。

 

そんなバロットの成長していく姿と、

それを父親のように見守るウフコックのコンビがすごくいいデス。 

(あ、もう一人のメインキャラである「ドクター」もいい味出してマスよ)

ラストシーンには感動したよぉ……(つω;)

 

ということで実に幸せな読書体験だったのですが、

でも続編の「ヴェロシティ」はバロットが出てこないので

(「スクランブル」の前の話で主人公はウフコックと今回の敵であるボイルド。
なぜボイルドが闇に落ちたかを全3巻で描く……って「スターウォーズ」かよ!(^^;))

どうしようかなー(-∀-)(笑)

(なお、みんな最初はそう思うらしいケド(笑) 凄く面白いとのコト)

 

ちなみに今回私が読んだのは、

映画化を機に大幅に加筆訂正された「完全版」デシたので、

第24回日本SF大賞をとった初めのバージョン(2003年度刊)

を読んでみる手もあるケド、まぁそれはちょっと間をおくよ(^^;) 

 

なお、シリーズ完結編になる『マルドゥック・アノニマス』

来年出るらしいので、今からとても楽しみデス!(≧▽≦)

 

PS

あ、もうちょい書くことがあるので、この記事続きます!

今週(11/21)の「OOO」(オーズ)

  

◎第11話「旅人とアゲハ蝶と有名人」
 

Pa0_0303

「太陽からもらったエネルギーが

明日のパンツの活力になるんだ!」

……って、お店の看板に干すなよ(^^;)

てか誰も映司のパンツには嫌悪感を示さないのな。

イケメンのパンツなら許されるのか!( ゜Д゜)(笑)

  

Pa0_0302さてさてメダルを探して

自販機の下をあさる幹部怪人という

世にも珍しいものを見せてくれたガメルですが

チーターにかく乱されて目を回すって

ほんとアホの子だな…(;^_^A

 

Pa0_0296……と思ってたら、

それにぶつかって青コアを2枚も失う

アンクもアホすぎだ!Σ(・ω・)(笑)

何か「メダル争奪戦」というより

「馬鹿の競い合い」ですよ(^^;)

  

Pa0_0295

しかしチーターすばやい動きで実に便利ですが、

でも長距離移動する時は

ライドベンターの方が速いと思うよ(笑)

ちなみに動物のチーターはMXで時速100km超だってさ。

  

 

Pa0_0294

さて、珍しいタカキリーター(?)も披露して

アゲハヤミーを圧倒したものの、

とどめを刺す寸前に 

Pa0_0293 

まさかの後藤さんからの

狙撃で幕!Σ(・ω・)

 

 

  

Pa0_0299

世界を救うつもりが、ブラック企業に就職してしまい、

バイク便扱いの日々に、ついに反旗を翻したの?

「しょせん人間はこの程度ですか。

後藤君に良き終わりが訪れんことを…」

って冷たいこと言わずに、

  

後藤さんを早く2号ライダー

してやって!(つω;)(笑)

  

PS

Pa0_0301

ちなみに今回のヤミーの餌食は

名声欲に満ちたエセ「マイペンライ」男ですが、

彼がねたんだ旅日記ブログランキング1位

「さわだこうたろう」といえば、

もちろん元ネタは言うまでもなく「沢木耕太郎」。

 

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫) 深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

著者:沢木 耕太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  

「深夜特急」は名作ですよー(><)

特に20代前半までの若い人は是非読むべし!

  

PS2

Pa0_0298

今週の「ラブ比奈☆」のコーナーは

(要するに比奈ちゃんコスプレコーナー(笑))

タイの民族衣装(*^▽^*)

うーーんやっぱりアジアの美少女としては、

洋風よりこういう衣装の方が似合うよね♪

« 2010年11月14日 - 2010年11月20日 | トップページ | 2010年11月28日 - 2010年12月4日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ