ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« 2010年冬のライダー映画! | トップページ | 「退魔光剣シェルザード!」第三章(ぜんぶ) »

今年読んだ本2010

 

今年も押し迫ってきましたね(´ω`)

我が家では昨日ぐらいから大掃除を始め、

窓拭きをしたり、自分の部屋の片づけをしたりしています。

 

でも今年の冬休みはお陰様で

かーなーりのんびりさせてもらっているので

優君と遊んだり、ネットをしたり、

ためていた本を読んだりして過ごしております。

  

さて今年も色々な本を読みました。

今年読んだ中でのマイベストは以前にも紹介した

『マルドゥック・スクランブル(全3巻)』で、これは不動。

http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-8073.html

 

続いて第2位に来るのが、

『夜は短し歩けよ乙女』……というか

森見登美彦さんの作品群デス(*^▽^*)

あの独特の言い回しとユーモア感覚で、

偏屈な男達を愚かしくも可愛く描く作風が好き♪

「太陽の塔」「四畳半神話大系」「きつねのはなし」「有頂天家族」
「新編『走れメロス』」と読了デス(´▽`*)

  

第3位はちょっと古い作品(昭和38年刊)なのですが、

『飢餓海峡(上・下)』(水上勉)が凄かった!

洞爺丸転覆事件に着想を得た社会派ミステリーなのですが、 

とにかく上巻の最後に度肝を抜かれますΣ(・ω・)

そしてそこからの息を飲む展開が凄いよ!

やっぱ名作というのは古びないねぇ!(´▽`*)

 

第4位は同じく古典的名作であり、

スタンリー・キューブリックの映画版が特に有名な

『時計じかけのオレンジ【完全版】』!

近未来の社会を舞台に、凶悪な犯罪を繰り返す

無軌道な少年の姿を描いた作品なんだけど、

「人間の自由意志は尊重されるべきなのか」をテーマに

「善」「悪」とは何なのか? と鋭く問いかけてくる作品デス。

賛否両論のラストも考えさせられましたね(>_<;)

 

第5位には村上春樹……と言っても「1Q84」では無く、

『キャッチャーインザライ』(サリンジャー、村上春樹訳)

かの有名な『ライ麦畑でつかまえて』の新訳版なのですが、

そこは村上春樹、『ライ麦畑~』とは随分テイストが変わっていて、

単に文章として読みやすいだけでなく、

ホールデンの繊細さがより引き立てられていると思います。

 

ちなみに『ライ麦畑~』は私は3回ぐらい読んでいるのですが、

最初読んだ時の主人公ホールデンは、

やたらひねくれていて攻撃的で下品な印象が強く

どうにも共感がしにくかったので……(;´_`;)(苦笑)

いやでもホールデンが自分の夢を語るあの名場面はしみましたけどね。

今の人にはこの村上春樹版の方が入りやすいんじゃないかな。

 

と、ここまでがベスト5でした!(≧▽≦)  

ここからは他の面白かった&印象に残った本を寸評で紹介☆

★の数はあくまで私の好みによるものですので悪しからず!

    

・『Another(アナザー)』(綾辻行人)★★★
  綾辻行人はデビュー作の『十角館の殺人』以来ですが、
  本格推理小説作家の名手がホラーに挑んだだけあって、
  とにかく怖くて面白かった! ホラーミステリーの傑作だよ!
  でも残念ながら映像化は不可能なんだよなぁ、この話 (Φ∀Φ)

・『占星術殺人事件』(島田荘司)★★
  実は読んでなかった御手洗潔デビュー作(『異邦の騎士』は既読)。
  実はこのパロディである『六枚のとんかつ』を読んでしまっていたので
  トリックは見破れてしまいました……(苦笑)

『紗央里ちゃんの家』(矢部嵩)★★
  悪趣味ホラー小説で知られる著者の怪作。
  最初から最後まで実に気味が悪い話です。ギャグすれすれだけど(笑)

・『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(岩崎夏海)★
  今年話題の一冊。確かに面白くためになりましたが、
  でもそんなに簡単に甲子園には出られないと思いマス(笑)
  なお自分には「真摯さ」が足りないこともわかりましたΣ(・ω・)(苦笑)

・『デュラララ!』シリーズ(成田良悟)★★★
  現在出てる8冊はすべて読みました♪(*^▽^*)(借りてダケド)
  まぁ多少あざといキャラ増えすぎ(笑)ですが、どこに転がっていくのか
  まだまだ目が離せません!
  http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-36d4.html

・『サマーウオーズ』(岩井恭平)★★★
  アニメ映画(未見)のノベライズ版なんだけど、すごく面白いよ!
  やっぱこういう冴えない少年(ていっても天才数学少年だけど)が
  好きな女の子のため頑張り成長するって話はいいよねー(´ω`)
  クライマックスの盛り上がりはまさに手に汗握ります!

・『バカとテストと召喚獣』(井上堅二)★★★
  他の記事でも紹介したけど、こういう馬鹿話大好き(笑)
  ラノベって何でもありだよなーと改めて実感しました!

・『とある魔術の禁書目録(インデックス)』(鎌池和馬)★★
  人気なので読みました。確かに面白かったけど、
  ちょっと主人公の能力が便利すぎだし、闘う決意も安易すぎる気が。
  でも勢いはすごいし、インデックスも可愛いので人気あるのはわかる。  
  続きも読みたいけど、20冊以上あるんだよなぁ……(>_<;)

・『名も無き毒』(宮部みゆき)★★
  名手・宮部みゆきの人間描写と技巧が冴える良作ですが、
  この話に出てくるサイコさんの『原田いずみ』という名前が、
  『ハートキャッチいずみちゃん』を連想させてどうにも(笑)

・『春季限定イチゴタルト事件』(米澤穂信)★★
  最初はあんまし面白いと思わなかったし、日常の謎解きなら
  北村薫の「円紫さんと私シリーズ」の方が……と思ったけど、
  小佐内さんのキャラが動き出してから凄く面白くなったΣ(・ω・)
  これは続きも読まなきゃ!

・『鴨川ホルモー』★&『鹿男あをによし』★★(万城目学)
  噂の万城目ですが、「鴨川ホルモー」はまぁ普通じゃね?
  でも『鹿男』はエンターティメントとして面白かったよ! 
  青春学園伝奇小説って感じで読後感も爽やか☆

・『街の灯』(北村薫)★
  直木賞受賞作「ベッキーさんシリーズ」の第一作目。
  戦前の上流階級の暮らしが追体験できて興味深かったけど、
  日常の謎解きなら上述の「円紫さんと私」の方が面白いなぁ。

・『オロロ畑でつかまえて』★&『ハードボイルドエッグ』★(萩原浩)
  毎日新聞で連載していた家庭菜園エッセイが面白かったので
  読んでみました。評価はどちtらもまぁまぁ。
  「ハードボイルド」はマーロウに憧れる動物探偵の話だけど
  そういうのは火浦功でさんざん読んできたのさ(-∀-)(笑)
  次は評価の高い『明日の記憶』を読まないとねー。  

・『神様のパラドックス(上・下)』(樹本伸司)★
  『神様のパズル』に続く作者得意の青春SF小説!
  今度は量子コンピューターで「神様」を作るよ!(前作は「宇宙」)
  アイデアは面白いけど、でも正直読みづらいし、
  粗……というかツッコミどころが多すぎな話だと思うよ(;´_`;)
  (そもそも占い事業なんかで採算がとれるとは思えないしなぁ……)

・『天国からの道』(星新一)★
  SFショートショートの神様、星新一大先生の没後に編まれた
  単行本未収録作品集。
  正直未収録だけあって、びみょーなのも多いけど(苦笑)
  懐かしかったなぁ(´ω`) 昔はホント夢中になって読んださ。

・『ランジーン・コード』(大泉貴)★
  第一回『このライトノベルがすごい!』大賞作ということで読んだけど
  「よくあるライノベ」以上の感想が出てこないよ……(;´_`;)
  「遺言子」という発想は面白いけどまだ消化できてない感じだし、
  主人公のキャラもあんまし魅力的に感じなかったなぁ……

『しにがみのバラッド。』(ハセガワケイスケ)★
  人気シリーズなのは知ってるけど、ボクはこういうのは苦手。
  どうにもあざとすぎて、後半は完全に斜め読み。
  好きな人はごめんなさいm(_ _)m 

・『阿修羅ガール』(舞城王太郎)★★
  何だか勢いで最後まで一気に読まされてしまいましたが、
  わけわからんちゃわけわからんけど疾走感はスゴイ。
  なお、第二部の「森」の章は怖すぎです(;´д⊂)

・『つむじ風食堂の夜』(吉田篤弘)★
  短いし字数少ないしすぐ読めます。ハートフルな雰囲気を味わう話。
  そういうのが好きな人にはお勧めだけど、
  別に最後まで特に何も起こらないよ? (Φ∀Φ)(笑)
  しかしどうして青山ブックセンター六本木店ではこれがそんなに売れてるの……?

   

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 

 

……ということで、他にもまだ何冊か読んではいますが、

今年の収穫としては大体こんな感じです!!(><)

しかしペース的には月3~4冊ぐらいだから

もっとたくさん読みたいものだよなぁ……

 

来年はどんな本との出会いがあるのでしょうか!

2011年がとても楽しみデス♪(*^▽^*)

 

PS

なお本好きな優君はこの一年の間、

『タラ・ダンカンシリーズ』『暁の円卓シリーズ』

『ネシャンサーガシリーズ』『名探偵夢水清志郎シリーズ

などを中心にガンガン読んでました!

  

すでにどれも小学校高学年以上向けの分厚い本ばかり。

ちなみに市営図書館で面白そうなのをゴソッと借りてきては

まさに手当たり次第という感じで読破Σ(・ω・)

我が子ながら実に旺盛な読書欲デスよ!(゜∀゜;ノ)ノ

« 2010年冬のライダー映画! | トップページ | 「退魔光剣シェルザード!」第三章(ぜんぶ) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400648/38272622

この記事へのトラックバック一覧です: 今年読んだ本2010:

« 2010年冬のライダー映画! | トップページ | 「退魔光剣シェルザード!」第三章(ぜんぶ) »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ