ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系


  • キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

データカードダス全般


« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

「マルドゥック・スクランブル」映画版VS漫画版

「マルドゥックス・スクランブル」の記事続きデス(≧▽≦)

前回:http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-8073.html

 

Pa0_0185さてさて「マルドゥックス・スクランブル」は

現在映画上映中!゜+.(・∀・)゜+.゜

でも、全国5館でしか上映してないし、

広島じゃやってないからムリだな…(oωo)

と、思っていたのデスが--

 

先日大阪出張した時に時間があったので、

「シネ・リーブル梅田」に行って来ました!(≧▽≦)

地図を片手に行ったのですが、凄く道に迷いまくって、

上映1分前にようやく付いたさ!(笑)

いや大阪の人はみんな親切に道を教えてくれたのですが、
肝心な「シネ・リーブル梅田」をみんな知らない(苦笑)

 

さてさて、映画を観てみた感想としては、

うーん、やっぱり尺が短すぎかなぁ(63分)

はしょりすぎだし、詰め込みスギ……

それに原作に忠実な作りなだけに仕方ないケド、

あれで終わるのはあんまりだろ(苦笑)

しかも次は一年後だなんて……(;´_`;)

 

まぁでも、アクションシーンはさすがの迫力!だし、

サイバーパンクな世界観は良く映像化されてたし、

ED曲の「アメイジング・グレイス」(何と故・本田美奈子ver!)は

泣けるほど素晴らしいし!!(つω;)

 

Pa0_0214Pa0_0210--そして何より、

バロットの声優が

林原めぐみだし(笑)

いややっぱそこは世代的にデスねw

 

 

というわけで、映画版「マルドゥックス」!! 

原作読んだ人限定でお薦めデス! (〃∇〃)

未読の人は今週で終わりだから(12/3(金)まで)

急いで原作一巻読んで劇場にダッシュですよ!

 

Pa0_0212なお、「マルドゥックス・スクランブル」には

別冊少年マガジンで連載中の漫画版もあるのデスが、

これがまた超お薦め!(≧▽≦)

作者は無名の新人である大今良時さんデスが

原作者も絶賛しているできばえです!

 

Pa0_0236何せ、この漫画版はバロットが超可愛い!(*´`)

ちなみに映画版は原作以上に「大人」な感じなのですが、

 

Pa0_0235どんなにハードSFぶっても結局は

バロット萌え小説(笑)

である原作の性格を考えれば、

こういうバロットもいいなぁ☆(´▽`*)

←ちなみに原作者までがこんな萌え漫画をw

 

415030730xちなみに小説版表紙は有名な寺田克也さんですが、

ゴメン、リアルだけどこれじゃ萌えない(;´_`;)(苦笑)

特に「完全版」じゃない最初のVerのバロット

むしろ怖いよ!!|゜Д゜))ガクガク

 

 

なお漫画版は現在3巻までで、原作の1巻までが終了していマス。

なので、漫画版→映画版→小説版という流れも可能(><)!

特に原作はちょっと出だし世界観がつかみづらいだけに、

こうした漫画版・映画版とかから入った方がSF慣れしてない

読者さんにはわかりやすいかも知れませんね(^^;)

 

どちらにせよ、漫画版、映画版ともにまだまだこれからなので、 

今後の展開を楽しみにしていますよ!(≧▽≦)

 

PS

あ、ここからは男の子限定で、

R15デス!(`・ω・´)(笑)

 

続きを読む "「マルドゥック・スクランブル」映画版VS漫画版" »

『龍馬伝』最終回「龍の魂」

 

いよいよ今日は全日本人の約1/4が大注目

坂本龍馬暗殺デー!!ヽ(゜∀゜)ノ

 

毎回の番組最後の弥太郎ナレーションはもとより、

携帯の配信ニュースまで含めた各種メディアも

この日に向けて期待を煽りまくりデシたよね!

  

Pa0_0388

なのでもう今日は朝から優君や奥さんまでも

「今日は観なくちゃ!」って大盛り上がり(笑)

夕ご飯は気分を出すためにもちろん

軍鶏鍋デスよ!(`・ω・´)(普通の鶏だけど)

   

  

ということで、家族3人でドキドキしながら観ました(><)

でも優君も奥さんも全く予備知識が無いため

「もう斬られる? 斬られる?ヽ(゜д゜≡゜д゜)ノ」

と、ホントいちいちうるさかったデス(-∀-)(苦笑)

 

そして近江屋の龍馬のところに中岡慎太郎が訪れ、

ついに刺客である見回り組たちが登場!!Σ(゜д゜lll)

「ついにキター!!」と息を飲む私たち親子の前で、

怒濤の様に雪崩れ込んできた刺客たちによって

たちまち龍馬と中岡が滅多斬りに!! (O.O;)

やっぱ漫画とかじゃなく映像でリアルに再現すると

こんな感じの一瞬の惨劇になるんだろうなー

      

Pa0_0378

それにしても…… 

このタイミングで開票速報とは

やっちまったな!NHK!Σ(・ω・)(笑)

いやつい爆笑してしまったので、

余計暗殺シーンがわけわかんなかったがじゃ(´Д`) 

 

Pa0_0376

というわけで、龍馬さんの壮絶な最後でしたが、

いわゆる「龍馬物」のお約束はかーなーりスルーして

(なお暗殺時の状況は中岡の証言で今に伝わってマス)

最後までこのドラマ的な見せ方にこだわったのは、

これでこれで良かったんじゃないかな、と思いマス。

   

しかしそんなしみじみとした余韻を

一瞬にしてすべて吹き飛ばしたのが、

   

Pa0_0372

弥太郎の死にっぷりΣ(・ω・)(笑)

もう家族三人大爆笑でしたよ。まさかこれがオチとは。

やっと当初からの三菱側との約束通り

最後の最後で語り部として主役になれたのに……

三菱は怒ってもいいと思うよ (Φ∀Φ)(笑)

  

ということで「龍馬伝」終了ですが、

一年間面白かった!(≧▽≦) ひさびさに「大河」を堪能ー♪

もうあの福山龍馬の「どや顔」(笑)を観れないのが残念(つω;)

香川弥太郎の下卑た演技も最高デシたしね。 

 

Pa0_0380

それにしても、まさか最終回まで

龍馬が弥太郎を押し倒すとは思いませんデシた。

やっぱ福山目当ての腐女子たちは

これが萌え所だったのでしょうか!?(*´`)(笑) 

まぁ弥太郎なんか完全にツンデレ(てかツンツン?)だもんなw

 

さて来年は「江」(しかし江姫とはまたマニアックな人選を……)

そして来週からはお待たせ「坂の上の雲・第二部」デス!

「坂の上の雲」→「龍馬伝」で取り戻した大河視聴意欲を胸に

放映を楽しみに待とうと思いマス!(><)

 

PS

Pa0_0379

最終回は龍馬が書かなかった新政府の盟主である

「○○○」についての人々の疑心暗鬼が核でしたが、

やたら「○○○」と登場人物が連呼するので

どうしても私の頭の中では、、 

 

Pa0_0360_2

それって「オーズ」じゃね? (Φ∀Φ)

と言う悪魔の囁きがぐるぐると(笑)

まさか「みんな」だとは思いませんデシタが(苦笑)

いやぁ日曜8時的なシンクロが……

  

さらにそのせいで、

龍馬さんの「今日はワシが生まれためでたい日ぜよ!」

(暗殺された日は奇しくも龍馬の誕生日)

の発言を聞いた瞬間、私の脳裏には、

   

Pa0_0366

「ハッピバスディ!!」

という鴻上会長からのお祝いが(笑)

いやぁもう緊迫感ぶち壊し (Φ∀Φ)

でもきっとボクだけじゃないハズだ!(笑)

今週(11/28)のOOO(オーズ)

 

Pa0_0353

それにしてもオーズのTV欄タイトルの

素っ気なさは異常だよなΣ(・ω・)

今週は「仮面ライダー オーズ重力」

これまでも「オーズ新型」とか

「オーズ無欲」とか……(^^;)

 

◎第12話「ウナギと世界と重力コンボ」

 

Pa0_0354

サ・ゴーゾ! サ・ゴーゾ!ヽ(゜∀゜)ノ

一気に3種コアメダルGETだなんて。

出し惜しみしないなぁ!(゜0 ゜*)

……って、

もうちょい引っ張ってもいいよ?(^^;)

  

  

Pa0_0357

てか確かにサゴーゾは強かったケド

アゲハには別にこれじゃなくても勝てたよな(^^;)

ウヴァ・ガメル・アゲハのトリプル攻撃だって、

優君からも「ラトラータ使ったらー?」

って言われてたし(Φ∀Φ)(笑)

 

Pa0_0360

更にはウナギカンドロイドまで出てきて

今回はホント、サービスサービスゥ♪

クリスマス近いからかなぁ(ノ∀`) 

まぁクリスマスプレゼントに

電気ウナギ缶ってのも微妙ですが……(笑)

 

Pa0_0362

さて今回は後藤さんの改心話でしたが、

うーん……そりゃ確かにいい話だったけど、

こっちもこんなあっさり解決なのー?(oωo) 

どうせなら2号ライダー(?)になるまでは

引っ張って欲しかったなぁ……

  

オーズってそこが何ともクウガ風味というか、

映司があまりにもできすぎちゃってるんだよねぇ……

でも映司の人柄に触れて周りが感化されていっちゃう

って話ばっかりだと、

個人的にはちょっともの足りないなぁ(-∀-)

ちなみにアギトの翔一君もそんな感じのキャラではありますが、
ただアギトは人間関係の対立は結構引っ張ったからなぁ……
井上御大だけに(笑)

 

というわけで、自分がやるべきことに気付いた後藤さん。

オーズと協力してヤミーと戦いましたが、でも、

町中でバズーカぶっ放す(しかも外す(笑))

のはやめた方がいいと思うよー(^^;)

てか先週のアレってわざとじゃなかったんだw

 

Pa0_0365まぁでもこれできっとまた一歩

2号ライダーに近付きましたね(*^▽^*)!

毎回のように鴻上会長から

顔に白いモノをぶっかけられる

という、前代未聞の陵辱プレイも卒業か?(笑)

 

Pa0_0367

でも個人的には後藤さんよりも、

比奈ちゃんをスカウトした方が

強いと思いマスΣ(・ω・)(笑)

目指せ、初の女性レギュラーライダー!

   

 

PS

Pa0_0364

なお、個人的に今回の一番の笑いドコロは

名声欲に取り憑かれた筑波さんの妄想での

「ひばり文学賞」受賞(笑)

これってもちろんネタですよねー(ノ∀`)

ちなみにあっちは「すばる文学賞」w

メモリアルカードが届きました☆

Pa0_0351

正直ようやく、って感じですが、

「モンバト・ファイナルキャンペーン」の

メモリアルカード×2セットが

我が家にも届きました♪(*^▽^*)

  

   

Pa0_0350

ゆうか、ゆうすけ&歴代勇者達という

実にナイスな図柄ですが(Ⅰ・Ⅱの筐体まで(つω;))

サマルトリア君がちゃっかりセンター

なのが笑えるよな(笑)

いつからそんなに偉くなった(-∀-)

 

Pa0_0349

まぁムーンブルグちゃんなんか

唯一の女性勇者として右側前面デスが

可愛いから許す!(`・ω・´)(笑)

でも、いくら服装的にも華が無いからって
キミの扱いはそれでいいのかローレシア君w

  

でも、カードは嬉しいけど、これで何かホントに

終わっちゃった感があるなぁ……(´・ω・`)

まさにメモリアルなこのカード、

他の大切な思い出のカード達と一緒に

大切に残していくつもりデス。

 

PS

あ、モンバト系&ドラクエ系の記事は

まだこれからもちゃんと書きますよ!(><)

『退魔光剣シェルザード!』第二章その2

(火)(金)連載の『退魔光剣シェルザード!』

第二章『二枚目王子の挑戦』

第二回目デス!〆(゜▽゜*)

 

一回目はこちら!
http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-3a49.html

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     3

「おい、ヒョウ、ちょっとこっちに来い!」
 さすがにたまりかねて、ジークがヒョウをクリスから引き離した。
「何だよ」
 汚い手で人の腕をつかむんじゃない、とばかりに、ヒョウはジークの手を乱暴に振りほどいた。
 そんなヒョウに、ジークが噛みつくように叫ぶ。
「おまえ……さっきから黙って見てりゃあ、どういうつもりだ!?」
「どういうつもり……何のことだ?」
「とぼけんな! クリスのことだ!」
「ああ、クリスちゃんのことか。それが何か?」
「てめぇ、まさかクリスにちょっかい出すつもりじゃねぇだろうな!?」
 ギロッとにらみつけるジーク。だがヒョウは平然としたものである。
「何ムキになってるんだか。……はっはーん」
 なーるーほどー、ヒョウはジークとクリスを見比べてニヤリと笑った。
「な、何だよ」
 思わずたじろぐジーク。

続きを読む "『退魔光剣シェルザード!』第二章その2" »

『スパロボMX』近況報告3

Pa0_0268

「スパロボMX」の近況ですが、

プルを鍛えたおかげでついに

ツインファンネルが撃てました!(´▽`*)

 

Pa0_0267

ファンネルの乱舞! 

いやぁ壮観だわ☆

原作でも二人がこんな風に

仲良ければ……(つω;)

  

 

Middle_1280505058

しかしどうせ怒濤のラッシュをするなら

「プルプルプルプルプルプルーッ!!」

と叫びながら決めて欲しかった……( ´Д`)=3  

って、

JOJOか(笑)

   

Pa0_0266

ちなみに優君はけっこう

ダイモスがお気に入りデスΣ(・ω・)

「三・竜・棍……!」とかマネしてます。

でも「空手じゃないじゃん(-∀-)」

とか突っ込んでもいますが(笑)

 

そんな優君ですが、カタカナが苦手なのは相変わらずで、

こないだなんか「ナデシコ」のことを、

 

「ナタデココ」

とか言いやがりましたよΣ(・ω・)(笑)

 

まぁでも奥さんだって、

「またストロボするの?」

とか言いましたので、遺伝かもですが(^^;)(苦笑)

 

Pa0_0265

現在、「ムーンレイカー作戦」をクリアーし、

七章に突入!(><) いよいよ終盤戦かな?? 

ここまで来ると毎回の敵の数も随分多いですが、

味方もかーなーり強くなったので、

ガンガン進んでいこうと思いマス!! 

『退魔光剣シェルザード!』第二章その1

 

連載小説『退魔光剣シェルザード!』

第二章「二枚目王子の挑戦」

スタートです!〆(゜▽゜*)

  

☆★☆★☆★☆★☆

 

 第二章 二枚目王子の挑戦

     1

「あ~あ、た-いくつね-」」
 道無き荒野を馬に揺られながら、クリスはあくび混じりでつぶやいた。
「……」
 ジークは聞こえていないのか、単に無視しているのか、無言で少し前を進んでいる。
 ちなみにクリスがこのセリフをつぶやくのは、本日これで8回目である。
「ねぇ、聞いてるのー? ジークったらぁー」
「……」
 またもや返事はない。
「……もう!」
 クリスは軽くふくれたが、やがてあきらめたように肩をすくめると、ジークの背中から代わり映えのしないあたりの風景へと視線を移した。
 とにかく荒野! であった。やたらだだっ広いだけで、有るものといえばせいぜい雑草と岩ぐらいである。少なくとも鑑賞欲をそそる景色ではない。こんなもの、5秒も見れば十分だ。
 そしてこんな景色がここ3日ほどひたすら続いていた。そうでなくてもあまり気の長い方ではないクリスがイヤになるのも、いい加減ムリもない。
「ああ、やだやだ」
 もううんざり、とばかりにクリスはため息をついた。
「ねぇジーク、一体いつになったら《竜の台地》に着くのよぉ?」
「そんなに簡単に着くわけねぇだろ、大体ラコール出てまだ一週間もたってねぇじゃねぇか……」
 さすがに面倒くさくなって、ジークがたしなめる。でもクリスは相変わらずぼやき顔だ。
「それにしてもさー、いい加減怪物の一匹や二匹ぐらい出てくればいいのにね。だってこれじゃあ全然冒険らしくないじゃない」
「……おまえ滅茶苦茶言ってないか」
「だってせっかく冒険の旅に身を乗り出したっていうのに、やってる事っていったらただボーッと馬に乗ってるだけなんだもん。まだ初めはゴードンの奴が追ってくるくるかもしれないからハラハラしてたけどさー、でもそれも無いみたいだし。なんて言うかさーこう、スリルってのがないのよねー」
「……おまえねー」
 何か言ってやろうとしたジークだったが、不意にその黒い瞳がはるか前方に立つ砂塵をとらえた。
「おや?」

続きを読む "『退魔光剣シェルザード!』第二章その1" »

「マルドゥック・スクランブル」

 

51ojr8vpcyl

「マルドゥック・スクランブル」読んだ!

すっげぇ面白ぇ!!(*゜∀。*)

間違いなく今年読んだ本ではNo1!!

ていうか、「殿堂入り」デス!(≧▽≦)  

 

 

Pa0_0213

全3巻なんだけど、あまりの面白さに

読み終わっちゃうのがさみしくて

最終巻なんかちょっとずつ読んだぐらい(笑)

そんなことするのってホントひさびさ。

 

 

作者の冲方丁(うぶかたとう)さんといえば(「沖方」ではありません)

今年、本屋大賞受賞&直木賞候補になった話題作

『天地明察』で一般にも一躍有名になったケド、

(ちなみに文庫になってないから未読w)

私が初めて注目したのは、何年か前の週刊朝日の書評で

『マルドゥック・ヴェロシティ』が絶賛されているのを読んだ時。

 

ただ、何だかかなりハードSFっぽかったので、

なかなか手が出ずにいたところ、

(いやぁ……最近その手のあんまし読んでなかったから(;^_^A)

本屋でこの「スクランブル〔完全版〕」に出会い、

「ふーんアニメ映画にもなるんだ。帯に『冲方丁最高傑作』とあるし、

それに女の子が主人公ならとっつきやすいかな(゜▽゜*)」

と考えて(笑)とりあえずお試しで一冊目を購入。

 

そしたらもうこれが、

すっげぇ面白かったのデスよ!Σ(・ω・)

すぐに残りの2冊を買いに本屋に走ったね!

 

内容はサイバーパンクな世界観を除けば実にシンプルで、

「傷付けられ心を閉ざしていた少女の復讐と再生の物語」

貧困と父親による虐待の果てに少女娼婦となり、

果てには無惨にも殺されかけた少女ルーン・バロット

 

「死んだほうがいい」と闘うことを諦めていた彼女を救ったのが、

どんなものにでも変身できる「万能決戦兵器」として軍に開発された

心優しい金色のネズミ・ウフコック(人間以上の知能を持ち、話しもできます)

 

「マルドゥック・スクランブル09(オーナイン)」

人命保全のために法的に禁止された科学技術の使用を許可する

その法令により、死の淵からよみがえったバロットは、

全身のサイバー手術により得た常人を超える身体能力と

周囲の電子機器を自在に操れる「電子攪乱(スナーク)」の能力を駆使し、

ウフコックとともに自分を殺そうとした男・シェルの犯罪に立ち向かう。

 

この作品で特に圧巻なのがガンアクション!!

相手側にも「ボイルド」という恐ろしく強くて怖い

「疑似重力」を自在に操る「09」の申し子がいるのですが、

このバトルがもう滅茶苦茶盛り上がるのよ!ヽ(゜∀゜)ノ

 

あと、この話の中盤はカイジさんも真っ青

カジノを舞台にしたギャンブル物なのですが(笑)

これもまた実に圧倒的な迫力で盛り上がりマス!(><)

個人的にはラストのブラックジャック勝負より、
ルーレット勝負の方が面白かったデス♪(ΦωΦ)

 

でもこの話の一番の魅力はそういった

白熱のSFバトル(カジノ勝負もSF仕様)よりもむしろ

傷付いた少女バレットと優しいネズミ・ウフコックの交流

の方にあると思いマス(´ω`)

 

他者に踏みにじられる日々の中、生きる価値を見失っていた彼女が、

誰かのために闘うことで認めてもらおうとする依存心や、

圧倒的な力を手に入れたことで起こる心の揺れなどを乗り越え、

自らの意志で闘うこと、そしてこの世界で生きることを選ぶ。

 

そんなバロットの成長していく姿と、

それを父親のように見守るウフコックのコンビがすごくいいデス。 

(あ、もう一人のメインキャラである「ドクター」もいい味出してマスよ)

ラストシーンには感動したよぉ……(つω;)

 

ということで実に幸せな読書体験だったのですが、

でも続編の「ヴェロシティ」はバロットが出てこないので

(「スクランブル」の前の話で主人公はウフコックと今回の敵であるボイルド。
なぜボイルドが闇に落ちたかを全3巻で描く……って「スターウォーズ」かよ!(^^;))

どうしようかなー(-∀-)(笑)

(なお、みんな最初はそう思うらしいケド(笑) 凄く面白いとのコト)

 

ちなみに今回私が読んだのは、

映画化を機に大幅に加筆訂正された「完全版」デシたので、

第24回日本SF大賞をとった初めのバージョン(2003年度刊)

を読んでみる手もあるケド、まぁそれはちょっと間をおくよ(^^;) 

 

なお、シリーズ完結編になる『マルドゥック・アノニマス』

来年出るらしいので、今からとても楽しみデス!(≧▽≦)

 

PS

あ、もうちょい書くことがあるので、この記事続きます!

今週(11/21)の「OOO」(オーズ)

  

◎第11話「旅人とアゲハ蝶と有名人」
 

Pa0_0303

「太陽からもらったエネルギーが

明日のパンツの活力になるんだ!」

……って、お店の看板に干すなよ(^^;)

てか誰も映司のパンツには嫌悪感を示さないのな。

イケメンのパンツなら許されるのか!( ゜Д゜)(笑)

  

Pa0_0302さてさてメダルを探して

自販機の下をあさる幹部怪人という

世にも珍しいものを見せてくれたガメルですが

チーターにかく乱されて目を回すって

ほんとアホの子だな…(;^_^A

 

Pa0_0296……と思ってたら、

それにぶつかって青コアを2枚も失う

アンクもアホすぎだ!Σ(・ω・)(笑)

何か「メダル争奪戦」というより

「馬鹿の競い合い」ですよ(^^;)

  

Pa0_0295

しかしチーターすばやい動きで実に便利ですが、

でも長距離移動する時は

ライドベンターの方が速いと思うよ(笑)

ちなみに動物のチーターはMXで時速100km超だってさ。

  

 

Pa0_0294

さて、珍しいタカキリーター(?)も披露して

アゲハヤミーを圧倒したものの、

とどめを刺す寸前に 

Pa0_0293 

まさかの後藤さんからの

狙撃で幕!Σ(・ω・)

 

 

  

Pa0_0299

世界を救うつもりが、ブラック企業に就職してしまい、

バイク便扱いの日々に、ついに反旗を翻したの?

「しょせん人間はこの程度ですか。

後藤君に良き終わりが訪れんことを…」

って冷たいこと言わずに、

  

後藤さんを早く2号ライダー

してやって!(つω;)(笑)

  

PS

Pa0_0301

ちなみに今回のヤミーの餌食は

名声欲に満ちたエセ「マイペンライ」男ですが、

彼がねたんだ旅日記ブログランキング1位

「さわだこうたろう」といえば、

もちろん元ネタは言うまでもなく「沢木耕太郎」。

 

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫) 深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

著者:沢木 耕太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  

「深夜特急」は名作ですよー(><)

特に20代前半までの若い人は是非読むべし!

  

PS2

Pa0_0298

今週の「ラブ比奈☆」のコーナーは

(要するに比奈ちゃんコスプレコーナー(笑))

タイの民族衣装(*^▽^*)

うーーんやっぱりアジアの美少女としては、

洋風よりこういう衣装の方が似合うよね♪

「退魔光剣シェルザード」インターミッションその1

 

……ということで、

「昔書いた小説をリメイクして連載しようぜ企画」

第一弾として掲載した『退魔光剣シェルザード!』。

第一章が終了ですが、い、いかがでしたでしょうか?(;´_`;)

   

いやぁ正直言って最初は

(火)(金)のアクセス数が激減したらどうしよう

と、それなりにビクビクしてたのですが、

いちおーそんなことないみたいなので一安心デス(>_<;)

 

まぁせっかくこういうブログの中での掲載ということなので、

各章の合間にはこういうインターミッションを設けて

ちょこっと作者からの補足解説をしてもいいかなぁと考えました。

あと読んで下さってる方とコミュニケーションとりたいので、

よろしければぜひ色々とコメントしてくださいm(_ _)m

   

さて、この第一章なのですが、話的にはホンの出だしなのデスけど、

主人公であるジークと、ヒロインのクリスとの出会いの場面として

個人的にはとても気にいってます(*´`)

大切な第一章ということで、トータルで書き直すの4回目ぐらいだし(笑)

まぁちょっと説明的回想シーンが多いのですが(苦笑)

まずは設定をつかんでもらわなきゃなので仕方ないのかなと。

 

ジークは基本は典型的な熱血主人公キャラなのですが、

「貧乏」「女性恐怖症」「裸を見たらバーサーク」

という3つの要素を贅沢に盛り込んでいるのが特徴デス。

  

「貧乏王子の出稼ぎって設定は面白いですね」

と富士見書房の編集さんにも褒めていただきました(*´`)

近年は不幸キャラという設定はワリとポピュラーですが、

当時(80年代後半)としては結構珍しかったのデスよ(><)

 

「女の子の裸を見たらパワーUP」という設定自体は

主人公が純情だったり、Hなキャラの場合には良くあったけど(笑)

「女性恐怖症」と組み合わせて理性が消し飛んでの暴走

ってのは多分無かった気がするなぁ……

 

20071219_4

一方、クリスちゃんはいわゆる典型的なボクっ娘で、

そこは「BASTARD!」のヨーコさんの影響大!(笑) 

まぁ基本的にはいたって普通人である彼女なのですが、

重要な脱ぎ担当として(笑)

今後もがんばってもらわねばね! (Φ∀Φ)

  

Comic_xanadu1

なお、この二人のビジュアル的なイメージ、

ならびに作品全体としても大きな影響を受けたのは、

「ザナドゥ-ドラゴンスレイヤー英雄伝説」。

←特にこの表紙にインスピレーションを受けました。

  

 

この作品はPCでのRPG黎明期における古典的名作

日本ファルコムの社員だった都築和彦氏がコミック化したものデスが、

当時、PC-8001MkⅡというダメダメ機のユーザーだった私は、

この「ドラゴンスレイヤー」や「ザナドゥ」がやりたくて仕方なかったケド、

移植されなかったのでできなかったさ……(´;ω;)

 

でも、この聖剣を手にした黒髪の精悍な顔立ちの少年

弓を構えた元気いっぱいな女の子のコンビというイメージが

(まぁクリスの髪は短くて、武器はナイフなんだけど)

この「シェルザード!」という作品につながったのデス(´ω`)

 

ちなみにこの「ザナドゥ」ですが、OVAにもなりました。

原作のコミックス版もそうデスが、

結構80年代アニメらしいHシーンも満載デス(そこにも影響をw)

でも面白かったよぉ♪ (Φ∀Φ)

http://www5d.biglobe.ne.jp/~t-suzuki/vol.12/gma_08.htm

 

ということで、第一章を終え、ジークとクリスの冒険は始まったばかりデスが、

次章では、やっぱこういう相手がいなきゃね!ということで、

新たなる旅の仲間(パーティ)の一人であり、

ジークのライバルとなるキャラが登場デス!

 

第二章『二枚目王子の挑戦』

にご期待ください!〆(゜▽゜*)

「退魔光剣シェルザード!」第一章(ぜんぶ)

連載小説『退魔光剣シェルザード!』

ちまちま読むのが面倒くさいという方向けに、

まとめて読めるよう、章毎に全編掲載もすることしました!

 

それでは第一章『貧乏王子と盗賊少女』全編版です。

『続きを読む』からどうぞ☆(><)

 

続きを読む "「退魔光剣シェルザード!」第一章(ぜんぶ)" »

『退魔光剣シェルザード!』第一章その4

連載小説『退魔光剣シェルザード!』

第一章最終回デス!〆(゜▽゜*)

前回→http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-d332.html

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     8

(あ……あんな奴に期待したボクが馬鹿だった……)
 クリスはがくっと地面に手を突いて、ふくろだたきにされているジークを見つめた。とりあえず《闘気》の守備力でかろうじて致命傷は避けられているようだが、ボコボコにされてるのには変わりはない。
「まったく情けねぇ騎士さまだこって」
 ゴードンはせせら笑うと、からかうようにクリスを見下ろした。
 不意にその視線が少女の胸元に止まった。
 横に大きく切り裂かれた胸元から、少女の胸の膨らみがかすかにのぞいている。痛々しい赤い血の線が、一種奇妙な色気をかもしだしていた。
「ふふ……面白ぇことを思いついたぜ」
 ゴードンはぐびりとつばを飲み込むと、ジークをふくろにしている部下達に向かって叫んだ。
「おい、ヤス! ハン! こっちに来いや」
 そこはさすが下衆野郎ども。親分の表情を見て、二人の手下はすぐに呼ばれた意味を理解すると、いやらしく顔を崩して少女の手足を押さえつけた。
「ちょ……ちょっと、何するのよ!?」
 クリスは必死でもがいたが、ゴロツキ共はビクともしない。
「決まってんだろ? 『ナニ』するんだよ」
 ゴードンは舌なめずりすると、剣を鞘にしまった。
「これだけ俺に恥をかかせてきてくれたんだ。おまえさんにもそれ相応に恥をかいてもらおうじゃねぇか。町のみなさんが見ている前でよぉ」
 ゴードンの言葉の意味を悟り、クリスの顔がサッと青ざめる。
「おっ、更にいいこと思いついちまったぞ」
 そんなクリスを楽しそうに眺めていたゴードンは、そこで何事か閃いたらしく、ニタァと笑って手下に声をかけた。
「おい、ザン! ゲキ! そのガキまだ生きてるだろ? ちょっと連れてこいや。冥途の土産にいいものを見せてやるとしよう」
 ザンとゲキはぐいっ、とジークの鎧をひっつかむと、ゴードンの所へ引きずって来た。ジークはすでに意識が朦朧としているらしく、薄く開いた目には力が無い。
 そんなジークに、ゴードンはニヤリと笑うと、じつに楽しそうにささやきかけた。
「おい、小僧。今からお前にいいもんを見せてやるよ。まぁ女嫌いのお前には、あんまし嬉しくねぇかもしんねぇけどな」
 そう言うと、ゴードンは少女の胸元に手をかけた。 

続きを読む "『退魔光剣シェルザード!』第一章その4" »

「とどめの一撃」発動!

 

Pa0_0202

最近はたまにしかやってませんが

「モンバトビクトリー」を買って良かったことは

アーケードでは手に入らなかったカード達が

容易に手に入ることデス(*^_^*)

おかげでゆうかにメタル装備とかしてやれるし(つω;)

  

Pa0_0123

特にアーケードでは手に入らなかったSPカードの

「とどめの一撃」が観られるのがうれしい♪(≧ω≦)

何てったてアニメが楽しいもんね!

「バックダンサー呼び」とか観たかったんだー

    

 

Pa0_0128

噂には聞いていた

エグザイルなモンスターたちを

観ることができて爆笑(笑)

メンバーのイケてなさがすごいデス(^^;)

  

  

Pa0_0120

しかしホント改めて思うのは

DQⅦキャラの見た目の弱っちさ(笑)

マリベルなんてどう見てもただの小娘

こんなのがどうやったら大魔王に勝てるのか……

それでいいのかオルゴデミーラ!(;´_`;)

 

Pa0_0126

そんな中で一番気に入ったのは、

セクシー衣装のお姉様天使

「運命の天使ラヴィエル」!

  

……じゃなくて、

   

Pa0_0124その後ろで敬礼してる女の子(笑) 

いやもちろんラヴィエルも綺麗デスが(;^_^A

私はDS持ってないのでDQⅨは未プレイなため

この娘誰だか知りませんけどね(ノ∀`) 

   

     

これで一通りの「とどめの一撃」も観られたのですが、

Wii-Finにつなげれば他のオリジナルSPカードでの

「とどめの一撃」とかもあるんだろうなぁ(><)

 

でもあいにく今のトコその予定はありませぬ(;´_`;)

またYouTubeとかで観ようかなぁ……

ただうちのパソコン壊れてるから音出ないんだよね(oωo)(苦笑)

『スパロボMX』近況報告②

 

『スパロボMX』、現在快調にプレイ中デス♪(≧▽≦)

ただ最近は優君がプレイを観たがるので、

平日は仕事を終わって帰ってご飯を食べてから

優君が寝るまでのほんの30分前後ぐらいなので

そんなに進みませんが……(^^;)

 

Pa0_0188

現在、第六章『ムーンレイカー作戦』デス。

いよいよ我がモンバトロン(=ガルムライド)も

新型へとパワーUPしました!(≧▽≦)

そしてそうなると当然……

メインパイロット変更デスよ! (Φ∀Φ)(笑)

 

Pa0_0205

だってさー何てったって

揺れるんデスよ♪(*´`)(笑)

まぁちょっとカットインのスピードが早すぎて

イマイチ堪能できないのデスが(´Д`)(笑)

でもやっぱこっちの方がいいよね!

 

Pa0_0198ということでユウカ(=アクア)ちゃんの

「イグニッション!!」のかけ声を

聞きながら楽しんでおりマス (Φ∀Φ)

23歳の真面目娘という設定もこうなってくると

逆に萌え萌え☆(笑) 

 

ちなみにプル姉妹の「ツインファンネル」も観たいんだけど、

プルツーにかまけてプルを育てるのを怠ってたから

まだ使えないがじゃ……(´・ω・`)

 

がんばらなきゃ!(><)

「退魔光剣シェルザード!」第一章その3

 

退魔光剣シェルザード第三回目です。

前回→http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-79d2.html

ちなみに第一章の掲載は次回で終了の予定デス。

 

☆★☆★☆★☆★

      6

「どうしたよ、クリスちゃん。男連れたぁ珍しいじゃねぇか」
 クリスの後ろに立っている、見るからに人の悪そうな中年の男が下品に笑った。
「なんだ、ゴードンか。消えな」
 クリスは男に気付くと、冷ややかに一瞥し、吐き捨てるような口調で言う。
「可愛い顔して相変わらずご愛想だな」
 ゴードンと呼ばれた男は苦笑すると、なれなれしくクリスの肩に手を回してきた。
「汚い手で触らないでよ!」
 クリスは冷たくゴードンの手を払った。
「そうつれなくすんなよ、クリスちゃん」
 ゴードンは猫撫で声になるとクリスに顔を近付けた。
 クリスはブイと顔を背ける。
「どうでぇ、いつまでもけちなスリなんかやってねぇで、俺のイロにならねぇか? そしたら今たぁ比べもんにならねぇぐれぇ、いい暮らしができるってもんだぜ?」

続きを読む "「退魔光剣シェルザード!」第一章その3" »

実家とキャッチボールと地獄の帝王

  

Pa0_0215

Pa0_0217

日曜日は仮面ライダーを観た後

実家にお出かけ!!

収穫の秋です。カキをもいだり、

大豆をこなしたりと

お手伝いをしました☆(´ω`)

 

Pa0_0056

家に帰ってからは夕方、公園に出かけていって

親子でキャッチボールです! (Φ∀Φ)

最近始めたのですが、まぁ男の子のたしなみかなと… 

ただ二人とも尋常じゃなく下手なので(苦笑)

全然「キャッチ」じゃなくて「球拾い」デスが…(;^_^A

 

いやぁ何せ嫌いだったもんなぁ(笑)

町内会のソフトボールとかにも出さされてたけど、

守備についたら(当然のように「ライト」(笑))

とにかく球が飛んでこないことだけを祈ってましたし、

いかに惜しい感じでエラーをするか

の技術ばかり磨いてきましたねw

 

その意味で自分が息子とキャッチボールなんぞをするとは

まったく想定してなかったのですが(笑)

まぁ下手なりにお互い楽しめたので良しとしましょう(><)

  

Pa0_0222

夜は家の中でひさびさにチャンバラを。

このブログでも以前書いてたように、

もっと優君が小さい頃はよくやってたのですが、

その頃のようなプラスチック剣だと今は危ないので(笑)

100均のスポンジ製の剣でのバトルです。

 

何せこれなら

優君をボコボコにしても安全だしな! (Φ∀Φ)

すぐに剣もボロボロになったケドまぁ100円だし(笑)

 

Pa0_0220

Pa0_0219ちなみにこれは

優君の一発ギャグ

地獄の帝王エスターク

デス。迫力ねぇΣ(・ω・)(笑)

 

ということで、楽しい日曜日デシた☆

 

PS

Pa0_0238

実家からお土産でもらった

大阪万博40周年記念の

「月の石クッキー」

これすっげえウマイよ!Σ(・ω・)

 

lhttp://www.hankyu-hotel.com/hotel/hhexpopark/restaurant/49/fair/cUPlqItS38/index.html

今週(11/14)のOOO(オーズ)+ちょびっとゴセイ

 

Pa0_0233

「ブレドランチャー!!」

哀れブレドRUN…なぜここまで引っ張るのか(笑)

「オレ達のことを忘れたっていうのかよ!」

って、それ普通さー

復活した味方に言うセリフだから(;^_^A

 

あ、もう優君は観に起きてこないので、

私も寝床でのワンセグ視聴デス(笑)

 

◎第10話「拳と実験と超バイク」

 

いやーやっぱ爆弾阻止ものはベタだけど

観ててハラハラするよね!ヽ(゜∀゜)ノ おもしろーい☆

  

Pa0_0230

さらに平成ライダー名物

「ワープ」を駆使して(笑)

遊園地も研究所も救ったし…と 

実に忙しい映司でありました(^^;)

   

 

Pa0_0225さて今回登場の新兵器トラカンドロイド

最初変形しょぼΣ(・ω・)、と思ったら

あんな隠しモードがあったとは!!

 

Pa0_0224

トライドベンダー

凶暴だけど可愛いな(≧ω≦)

てか別に乗りこなさなくても

勝手に闘ってくれそう(笑)

  

  

Pa0_0228

まぁでもトライドベンダーに乗っての

サメヤミー一掃は爽快だったね!!

ラトラーターもこれで使い道ができていい感じ。

それにしてもオーズの戦闘は面白いわぁ☆

何せふつーの闘いがほとんど無い(笑)

     

Pa0_0229

メダルを集中させて無限を超える力を得る

という鴻上会長の野望もわかり、

ドクター真木の不気味な終末思想とともに

(しかしあのうろたえっぷりといいキャラ立ちスギw)

ストーリーも順調って感じデスね!

 

まぁ後はとにかく一刻も早く

後藤さんを何とかしてあげてください(笑)

2号ライダー登場への伏線もしかれたことだし(^^;)

 

……と、今回もなかなかに満足の内容だったのですが、

ただ一つ不満があるとすれば、

 

Pa0_0227

何この無理やりなコスプレ落ち(笑)

女教師コスは「民族衣装」なのか

(でもってあれはもしや給食のつもりか?)

てか、それなら比奈ちゃん@リアル16歳

制服着るべきだろ!!←ここが一番の不満w

秋の夜長にファンタジー

Pa0_0175

読書の秋デスね! (Φ∀Φ)

今、我が家では奥さんがすっかり

『ハリー・ポッター』に

はまっておりまして(今更(笑))、

日夜読みふけっております。

 

Pa0_0177

 タラ・ダンカン 〔1上〕 若き魔術師たち 上 一方、優君は優君で、図書館で

仕入れてきたファンタジーを

ガンガン読破中!

(一部SFやホラーも含む)

   

  

いいなぁ楽しそうだなぁ( ´Д`)=3

ボクの小さい頃にはこんなのなかったもの。

せいぜい「ギリシア神話」や「アーサー王」だったよ。

まぁおかげで教養はついたけどさー

  

Pa0_0173

今回『シェルザード!』を連載するにあたって、

実家の蔵をひっくり返した時に、

懐かしいライノベの数々を見つけました。

今、パラパラと読み返しています(´ω`)

ファンタジーにSFに伝奇ロマンに……楽しかったなぁ♪

 

今はこの何十倍もの数の作品が出ていて、

子ども向きから中高生向け、そして大人もOKと

ホントあふれんばかりデス。

まぁそれはそれで大変な気もしますが、

ファンタジー好きにはいい時代になったと思うよぉ。

 

そんな中、今日の新聞の広告にこんなの見つけました。

イギリス人の作家さんが書いた

何と現代日本を舞台にしたファンタジーΣ(・ω・)

  

そのタイトルは……

  

Pa0_0200

『健太、斧を取れ!』

……って何か

色んな意味で凄そうΣ(゜д゜lll)(笑)

何せ「けんた」なのに武器が斧ですぜ斧。日本人的には
「猟奇殺人」でぐらいしかお目にかかれませんよ(苦笑)

  

よ、読んで見ようかなぁ……(;´_`;)

ブログ読者の方で読まれていた方がもしいたら

感想教えてください(;^_^A

 

PS

あ、ちょっとだけおまけ☆

一応男の子限定ね (Φ∀Φ)(笑)

続きを読む "秋の夜長にファンタジー" »

「退魔光剣シェルザード!」第一章その2

「退魔光剣シェルザード」連載第二回!

なお第一回目はこちらデス(><)

http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-1fe5.html

 

(附記11/14)

本文が長いとトップページでの閲覧に支障をきたすので、

全文を読むには「続きを読む」をクリックしてくださいm(_ _)m

 

☆★☆★☆★☆★☆★

 

     4

「ト、トロキアの王子様~~~ぁ!?」
「ああ、そしてこちらが俺の守り役であるガウェイン卿だ」
 恐れ入ったか、とばかりに昂然と胸を張るジーク。

続きを読む "「退魔光剣シェルザード!」第一章その2" »

遊戯王記事一周年☆

 

「遊戯王」の記事を書き始めて

丸一年になりました!(≧▽≦)

 

思えばこの一年、

親子共々散財しまくったので(;´_`;)(苦笑)

カードの数も、そしてデッキの数もずいぶん増えました。

 

現在、優君のデッキ

・シンクロアンデット
・ブラックフェザー(BF)
・Dフォーマー
・E-HERO
・宝玉獣
・植物
・恐竜
・昆虫
・剣闘獣
・ネオスペース
・C(チェーン) 
 

Pa0_0027

これに先日ついにキーとなる

「コアキメイルの鋼殻」を3枚ゲットしたので、

新デッキ「コアキメイル」が始動!(`・ω・´)

さらに未完成ながら「インフェルニティ」が加わり、

現在13デッキ!

   

Pa0_0024

それに対し私も新たに「デスガエル」

そして「エレキ」を投入!○(・∀・)o

更に自分用の「融合」を2枚手に入れたので

「ブラックパラディン」軸の融合デッキも登場!!

  

これでこれまでに作っていた

・エーリアン
・シンクロサイキック
・ブラックマジシャン
・強い水(「アトランティス」軸)
・弱い水(「湿地草原」軸)
・ライトロード
・闇の「儀式」
・風
・炎
・電池メン
・ドラゴン
・アルカナフォース
・カウンター天使
・カウンターダーク
・悪魔族(魔獣ガーゼット軸)
・デーモン
・岩石
・獣シンクロ
・/バスターサイキック
・ハーピィ
・アマゾネス
・墓守
・装備戦士
・Xセイバー
・弱い六武衆(紫炎がいないの(笑))
・魔女っ子(フォーチュンレディー軸)
・レプティレス
・超合体VWXYZ

とあわせて、

持ちデッキは31!(笑)

 

ということでやろうと思えば13×31でなんと

403通りのデュエルが可能デス!Σ(・ω・) 

(さらにストラクチャーも5つあるし(ノ∀`))

  

ということで大変デュエル環境は充実したのですが、

ただ正直言うと最近、

優君のデュエル熱がちょっと下火なので(苦笑)

あんまりデュエルしてません……(;´д⊂)

 

大体こいつはさー

一年ぐらいしたらいつも飽きるんだよ……

「大怪獣バトル」といい「モンバトⅡ」といい。

いつもボクが置いてかれるんだよなぁ……

親子デュエル……楽しいのに……(´・ω・`)

   

でも「モンバトビクトリー」にははまり直していたように、

しばらく飽きても後で火が付き直すことも多いから、

気長に待つことにしますよぉ(´-ω-`)

「退魔光剣シェルザード!」第一章その1

「昔語りシリーズ」のラストでも予告した通り、 

http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-5f3b.html

今日からこの「あそコロ♪GX」でオリジナル小説

「退魔光剣シェルザード!」

の連載を開始します!(><)

 

この作品は第一回富士見ファンタジア大賞に応募するために、

高校2年生の夏(今から21年前Σ(・ω・))に書き下ろしたもので、

124編の応募作の中から第一次選考を突破した

10数作品の一つに選ばれました。

だからそこそこは面白いと思うんだ!(`・ω・´)(笑) 

 

ちなみにその時書いた「シェルザード!」を

大学1年の時に持ち込み用に書き直したのが「新シェルザード」で、

今回連載するのは、その新バージョンを基本に

今の私が手を加えた「真シェルザード!」と呼ぶべきものデス。

だから最初のものよりも面白くなってるハズだし! 

 

ただし、この作品のベースは

あくまで20年前に作成されたものなので

今の感覚では古いとかそれって定番じゃね?とかの

ツッコミが入るところもあるかもですが、

まぁそこはご容赦を……(;^_^A  

   

それでは連載スタートです!〆(゜▽゜*)

なお、基本は毎週(火)(金)の2回に掲載する予定☆ 

長編小説なので完結までにしばらくかかると思うのデスが

よろしくお付き合いくださいm(_ _)m

   

PS

あ、この連載に関してはコメントとかいただけると

きっといつもの3倍喜びマスよ~☆(≧▽≦)(笑)

 

PS2(附記11.14)

本文が長いので、トップページの閲覧に支障をきたさないように

途中からは「続きを読む」をクリックしてください。

(大体、一回の掲載が原稿用紙10枚~15枚、

単行本でなら10P前後ぐらいの分量の予定デス) 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆

  

 『退魔光剣シェルザード!』

かつて天界に二振りの剣あり。光の神ルーマ、緑光を放つ剣を携え、赤き剣を持ちし闇の魔神バドウと戦う。その剣の名は《神の右手》〉シェルザード、そして赤き剣の名はヴォルザード、《魔王の左手》と呼ばれたり〉

 

 第一章 貧乏王子と盗賊少女

     1

 港の町、ラコールの朝は早い。
 アルカディア王国一の漁港であるラコールでは、朝一番の漁から船が帰ると同時に市が開かれ、新鮮なミッド海の海の幸を求め各地より集まった人々との間に、たちまち活発な取り引きが始まる。
 取り引きの熱気が高まるにつれ、次第に周囲の店も活気づいて来る。魚市場の客がついでに金を落としていってくれるからだ。
 この町の最もにぎやかな時間は朝だった。
 その市のごったがえす人波の中を、一人の少年が巧みにすりぬけていく。
 少年--いや少女かもしれない。年は十五、六ごろ、粗末な布の服は男のものであり、サラサラの明るい栗毛もやや短めにきりそろえられている。しかしその緑がかったつぶらな瞳に小さな桜色の唇、そして胸元に見える小さなふくらみは、少年のものではなく明らかに愛らしい少女のものであった。

続きを読む "「退魔光剣シェルザード!」第一章その1" »

まったりビクトリー日記:優君は目標を達成する

 

Pa0_0141

毎日せっせとプレイに励むことによって

見事「宇宙王者」になった優君は

その後、魔剣士ピサロに挑むことで

レジェンド魔王カードも全制覇!(≧▽≦)

  

 

Pa0_0133

またモリーミッションにもすべて挑み、

無事に全てをクリアーヽ(=´▽`=)ノ

まぁさすがにけっこう苦労はしてましたケド。

そして「カードショップもりたを潰すんだ!」

と宣言してカードを買い漁り、売り物はすべてGET☆

   

……ということでこれでいよいよ真剣に

やることがなくなりました(;´_`;)(苦笑)

 

なのでこれにて「ゆうすけ」が……というか、

優君自体がモンバトから基本引退の模様デス

  

Pa0_0142

「最後に夢を叶えるんだ! (Φ∀Φ)」

という優君の希望を受けて、

2人でレジェンド魔王VS大魔王をやりました。

現実では竜王しか手に入らなかったからなー(´Д`)

まぁふつーに圧勝。それにしても大味なバトルだこと……

  

ちなみに優君は現在は、再び「スマブラX」をやってマス。

何だか再び周囲で流行の波が来たらしく、

友達同士Wiiリモコンを持ち寄っての4人Pとかしてるので、

優君もうまくなるために修行をしたい模様。

まぁこの3ヵ月はひたすらモンバト三昧だったから

ひさびさで新鮮みたいだしな! (Φ∀Φ)

  

なお、私も現在は「スパロボMX」中心の生活なので、

ゆうかを全然育てられてないのですが(;^_^A

まぁでも焦らず気長にプレイしていくつもりデス。

(考えてみればアーケドでは基本週1で2~3プレイほどだったわけだし)

  

Pa0_0132

そして私がやってるのを見たら

優君のモンバトラーの血も騒ぐだろうしね☆

だから今後もチャレンジバトルや対戦とかして

親子プレイも楽しんでいきマスよー(´ω`)

←優君の総プレイ時間。なお下の2つはゲーム友達のもの。

バトエン山賊団と寺子屋遊戯王

 

Pa0_0181

優君の小学校では今ドラクエのバトエンが大流行!

我が家ではバトエンの時代はとっくにすぎたのですが、

その時集めたのがたくさんあるという情報を聞きつけた

同じクラスの男の子2人が先日遊びに来たそうデス。

 

ところがその2人組(もともと初めて遊びに来た子達)は

ずかずか家の中に上がり込むとバトエンの物色を始め、

「うちは交換とかしないからね?」

と奥さんがわざわざ声をかけたのにも関わらず、

まるで聞こえぬ風で選定を終えると、

「じゃあまた遊ぼうなー」

と言い残して、当たり前のようにそのバトエンを手に

とっとと帰っていくワケですよΣ(・ω・)(驚愕)

 

さすがに後で怒られると思ったのか、

優君が慌てて飛び出していって奪い返してきたのですが、

その子達は「え、何で返さなきゃいけないんだ? ?(・_・;?」

本気でキョトンとしていたそうデス。

 

……いやホント、ジャイアンもびっくりの

「山賊」っぷりデス(;´_`;) 

今時の小学生って凄いわー

ちなみに別に優君が「あげるからおいで」と
誘ったワケでは全然ありません(苦笑)

 

ちなみにそんなだから学校でもバトエン盗難事件が多発し、

とうとう全面禁止、見つけ次第没収

になったそうデスが、まぁ仕方ないわな(^^;)

 

そんな中で、こちらとしてはバトエンより

「遊戯王」の波が早く来て欲しいのデスが、  

優君の聞いてみるところ、ちらほら始まってはいるみたいで

うちに遊びに来る子の中にも興味のある子はいるケド、

優君いわく、「(レベル的に)まるでダメ(-∀-)」だとか(苦笑)

 

とにかくどんな弱いモンスターでも

攻撃表示で出しては攻めてくるそうで

……それって漫画版の影響か?(;^_^A

 

ただまぁ「遊戯王」はやっぱフツーの小3には複雑だから、

やっぱ誰かが教えてあげないとなー( ´Д`)=3

……ということで

「寺子屋」始めることにしました(`・ω・´)(笑)

いやもちろんうちに遊びに来る子で興味のある子限定ね。

 

Pa0_0891教材用に開発したのが、この80枚デッキ!!

モンスター40枚、罠20枚、魔法20枚入りで

面白さをわかりやすく体感してもらうために

どれも簡単で派手な効果のあるカードばかりを

そろえてみました☆ (Φ∀Φ)

 

自分のデッキは持たず、このデッキを共有して

代わる代わるドローしてプレイします。

それ以外はふつーのルール通り!(><)  

もちろん初心者君に対しては

プレイングについてのコーチをしながらデス。

 

なお、この遊び方についてはこちらを参考にしたのですが、 

http://www.stannet.ne.jp/fb/yuugi/ex01.html 

これなかなか面白いデスよ♪

親子デュエルでは使用禁止な強力カードや

個性的な効果を持つカードも使えて楽しいしね☆ 

 

まぁバトエン山賊団みたいな友達(?)はお断りデスが、

こうしてせっせと種をまくことで

優君のデュエル仲間が増えるといいなぁ……(*´`)

お父さんはそんな日を夢見てがんばっておりマス!(;´д⊂) 

 

PS

でも今は初心者相手だからいいのですが、

今後問題になるのは

私自身が良くわかってないルールが多いこと!(笑) 

これで○色のメダルもコンボでしょ!

 

今日のオーズは駅伝でお休み(´Д`)

せっかく盛り上がってるのになー

極めて個人的な意見を言わせてもらえれば、

駅伝を観て何が面白いのかさっぱりデス(苦笑)

短距離走とかのレースならわかるんだけど
あんなの延々と走ってるだけじゃんか……

 

さて、前回の感想のときに、

水系(青メダル)のコンボはなんだろう ?

と書いたら、親切な読者の方々から

シャチ、ウナギ、タコ

だと教えていただきました!(≧▽≦)

てことはシャウナータとかなのかな (Φ∀Φ)

  

しかしそれにしてもウナギ(苦笑)

ウナギモチーフのライダーなんて斬新すぎだよ!

ちなみにシャチ(=サメ)は555のモチーフです(ΦωΦ)

ぬるぬるするのかなぁ(笑)

ぬるぬるハンドでメズールを攻撃って何かエロ……(*´`)

それとももしや電気ウナギ??

下半身のタコ吸盤で動きを止めて電撃を放つのか??

 

あ、そう言えば重量系のコンボは映画で出るみたいデスね!

1000007553_1サイ+ゴリラ+ゾウでサゴーゾ!!

それにしても他の種族はともかく

「重量系」ってけっこう無茶なくくりじゃね?(笑)

  

 

となると残りはアンクの鳥系ですが、

タカ以外の2つは何なのか??

ここは大予想で……

 

タカ!

  

ナイチンゲール!!

  

カラス!!!

  

その名も……

タナカコンボ!! (Φ∀Φ) 

 

うわー……なんか

一般人みたいですげぇ弱そう(苦笑)

てか「身体が夜啼き鳥(=ナイチンゲール)」って
これまた何だかエロ……(笑)
 

   

もしくは

タカ+ワシ+シジュウカラで

 

タワシコンボ

 

とかもいいかも!(≧▽≦)←何が?

 

と、戯れ言はこれぐらいにして(笑) 

これからのオーズのフォームチェンジの数々が

とっても楽しみデス♪(ΦωΦ)

昔語り⑦「エピローグ、そして……」

 

約1ヵ月と長らくお付き合いいただきありがとうございました!

私の小説家修業時代を書いた「昔語り」編も今回でラストです!

あ、最後に重大(?)発表もあるので、

よろしければ最後までお読みくださいm(_ _)m

前回の記事:http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-b9fa.html

 

プロ作家と比較しての自分の限界を悟り、

そして書きたかったものはみんな書いたと感じて燃えつきて以来、

早いモノで10年以上の月日が経ちました。

  

大学院を卒業して、就職して以来、

新しい作品は一本も書いてないし、特に書く気もないのですが、

何故かと言えばそれは自分にとっての新たな「表現」の舞台

日々の「仕事」に変わったんだと思ってます(´ω`)

 

その意味で小説家を目指した日々はホント無駄じゃなかったなと

今改めて感じています。

自分が面白いと感じることをどうすれば伝えられるか

どうすれば人に面白いと思わせられるか

そのことだけを考えて日々エンタメ小説の腕を磨いたその経験が

自分の職業人としての「表現力」の基盤だと思うのデス。

   

そしてここも重要なのですが、おかげで私は

文章を作るのがまるで苦じゃないのですね(笑)

だってさー小説書くのに比べたら、

何らかの定型に従って書くとか、

思ってることをそのまま書けばいいってとっても楽よ?

あと、鍛えたおかげでPCの文字入力もけっこう早いし! (Φ∀Φ) 

  

なのでこうして自分のブログも3年以上続いてるし、

ありがたいことにそこそこのアクセス数もあるし、

さらに仕事でやってるオフィシャルブログも好評だしね☆

  

だから、特にこのブログを読んでくれてる若い人達に伝えたいのは、

やっぱりたとえなれなくても何かを目指して頑張るという経験は

決して無駄ではないということかな(´ω`)

その日々の中で得るものは必ず他のことをするときにも

あなたの力になってくれるハズだから。

 

そして同時にそれは後で掛け替えのない思い出になるから。

小説家を目指した日々は、確かにボクの青春だったよ(*´`)

だから初めから諦めたり、無駄だなんて思わずに、

目指してみたいことがあるのなら一生懸命がんばって欲しいな。

 

……と、ちょっと説教くさくなってしまいましたが、

ここで一つ、

新コンテンツの発表です!!゜+.(・∀・)゜+.゜

  

大体予想がつかれているかと思うのデスが、

今回この「昔語り」のために実家から昔書いた原稿などを発掘し、

改めてそれを再読してみる中で、

このまま埋もれさせるのが惜しくなりました! (Φ∀Φ)

  

なので、当「あそコロ♪」誌上におきまして、

自作小説を連載形式で発表していこうと思いマス!

なにせうまくいけば推定300人以上ぐらいの方に

読んでいただけるワケだしね☆ 

ホントいい時代になったよ!(≧ω≦)

   

そして第一作はもちろん、富士見ファンタジア大賞応募作である

 

「退魔光剣シェルザード!」 

  

原則は約20年前に書いたものをベースにして、

(正確には「応募版」ではなく、富士見書房の持ち込んだ「改訂版」がベース)

今の視点から多少の手を加えた「決定版」としての公開デス。

 

冒険あり、バトルあり、笑いあり、涙あり(?)の、そしてちょっぴりHな(笑)

痛快娯楽ファンタジーです!(≧▽≦)

少なくともこの「あそコロ♪」を楽しんで頂けている方には

絶対に面白いハズですよ!(`・ω・´)

   

ということで、いよいよ始まる連載企画

「退魔光剣シェルザード!」に

乞うご期待!!(><) 

『スパロボMX』近況報告

 

Pa0_0164

今日はお休みをもらいました!(≧▽≦)

ということでボクだけの平日休みなので

朝からのんびりスパロボプレイです☆

 

Pa0_0165

物語的には「天のゼオライマー」

仲間入りし、キャラはほぼ出そろった感じ。

後はマシンロボたちぐらい?

それともまだ隠し球があるのかな??

 

Pa0_0169

それにしてもキャラ増えたよなぁ(;´_`;)

最近は何を出撃させるか迷います

たとえばエヴァチームなんか

気が付けば全然使ってないし、

   

Pa0_0114

いくら強いとはいえ

番組的に思い入れが無い(笑)

Gガンダムチームも

残念ながらお蔵入り中デス( ´Д`)=3

まぁやたら濃いので面白いのは面白いのデスが(笑)

   

Pa0_0970

ちなみに思い入れという意味では本来

ドラグナーチームにも全然無くて

3体も投入するのは痛いのですが

でもゲーム的には序盤から出てるので

何だか愛着がデスね……(^^;)

 

Pa0_0168

そんな並み居るスーパーロボット達の中で、

うちのエースロボ&パイロットは

キュベレイMkⅡ@プルツー !(Φ∀Φ)

散々金貢いで強化したよ! 

正直イマイチだけど(^^;)(笑)

  

Pa0_0969でもいいんだよ! ファンネル好きなんだよ!

「あたしのファンネルから逃げられると思うな!」

とか激萌え(≧▽≦)(笑)

個人的にプルよりプルツーの方が好きデス☆

あと黒キュベレイより赤の方がMAPで見やすいし(苦笑)

 

Pa0_0179

ちなみに現在、優君も興味津々で観戦中♪

ロボットアニメなんか観たことないんですが、

アニメ満載の戦闘は面白いようデス。

まぁストーリー部分はわけわかって無いですが、

それは正直私も同じデス (Φ∀Φ)(笑)

 

うーむ、これで優君もゆくゆくはロボットアニメを観たり、

更にはスパロボをプレイしたりするようになるのかしら……(*´`)

何だかまた一つ優君に

ダメな教育を施してしまったような気がしマス(笑)

  

PS

あ、女性読者お断りで続きがちょっとだけ☆(笑)

ちなみにR15くらい (Φ∀Φ)

続きを読む "『スパロボMX』近況報告" »

『龍馬伝』もあとわずか

  

♪煮込みラ~ァメーン♪

 

と、歌い出しが聞こえるのは

私だけでしょうかΣ(・ω・)

え、何の話かって? 『龍馬伝』のOPのことデスよ(笑)

 

200pxy_iwasaki

龍馬の暗殺まであと3ヵ月を切ったがじゃ……

それにしても最近の弥太郎はいくら何でも

悪人スギです(;´_`;)(苦笑)

三菱の禄をはんできた身としては複雑だねぇ(;^_^A

(父親の勤務先が三菱自動車でした)

 

まぁでももともと公金横領とか政界との癒着とかで

真っ黒な人デスけどね (Φ∀Φ)(笑)

 

しかしこんなギラギラした弥太郎

一ヶ月後には何食わぬ顔で

死にそうな正岡子規

になってるんだよな(笑) 

香川照之に頼りすぎだよNHK(^^;)

   

ということでクライマックス爆走中の『龍馬伝』ですが

そんな中で来週のタイトルが

 

「龍馬の休日」

……それって

何げにネタタイトルじゃねぇか!Σ(・ω・)

気付いてなかった人は声に出して読んでみよう(笑)

  

とりあえず残り後4回! 

最後まで楽しませてもらいます!(ΦωΦ)

優君は羮に懲りて膾を吹く

 

Pa0_0161

今日は「文化の日」でお休み♪

なので毎年恒例、市主催の

「子どもフェスティバル」に行きました(*^▽^*)

お昼はそこで各国の食文化を堪能デス☆

  

 

Pa0_0163

ちなみに優君は最近、ものを食べている時、

いきなり「あいうえお!」と叫びますΣ(・ω・)

ノドが詰まらないようにする呪文だそうですが

ホント相変わらず変な奴デス……( ´_ゝ`)

(前に一度寿司のイカを詰まらせて以来こんな感じ(苦笑))

 

Pa0_0162なのでこのせっかくの美味しいブラジル菓子

ココナッツ繊維が実に粉粉してるので

全然食べようとさえしませんよ(^^;)

韓国のトッポギも「咽に詰まりそうだからイヤ(-∀-)」

ってぬかしやがるし(苦笑)

 

Pa0_0160

ちなみに壁画アート「星に願いを……」

ということで、色紙で出来た星に願いを書いて

壁に貼り出すという企画があったのですが、

そんな中で優君が書いた願い事は

「長生きをしたいです」Σ(・ω・)

 

そ、そんな願い事してた子、

他に一人もいませんよ(;´_`;)(苦笑)

   

あ、いらない心配されたらいけないので言っときますが、

優君はいたって健康デス(笑)

    

PS 

しかしどこの屋台も美味しかったけど、

さすが「子どもフェスティバル」だけあって

ビールとか売ってないのな(-∀-)(笑)

 

あとトッポギとかも全然辛くないしー

ちなみに私は大学生の時韓国に行って

初めてトッポギを夜の屋台で食べた時

あまりの辛さに悶絶したモノですよ!

「韓国はモチまで辛いのか!Σ(・ω・)」と(笑)

遊戯王:悪を切り裂け!Xセイバー!

 

久しぶりの遊戯王ネタ!(><)

     

ちなみにしばらく書いてなかったのは、

優君がお母さんとケンカしたときにヤケになって

自分の手持ちカードを勢いで全て

ぐちゃぐちゃに混ぜてしまいΣ(・ω・)

デッキの復元に時間がかかったから☆ (Φ∀Φ)(笑)

しかももうヤケになって復元を諦めそうになったので
私がかーなーり手伝いましたとも(;´_`;)

 

さて何とか無事再開した親子デュエル!ヽ(゜∀゜)ノ

優君の再生版BF(ブラックフェザー)に挑むは

装備魔法主体の「戦士デッキ」!(`・ω・´)

 

結果はサクッと完敗……_| ̄|○

だってー展開力が違いすぎるんだ……

 

Pa0_0158

「わはははボクのBFの敵じゃないね! (Φ∀Φ)」

と勝ち誇る優君に次に私がぶつけたのは

新作デッキ「Xセイバー」!!(`・ω・´)

 

Pa0_0159

優君がデッキの復元に

四苦八苦しているうちに

私は新デッキの開発に

余念が無かったさ!

(あ、もちろんXXセイバーもいますよー)

  

「面白い。大したモンスターもいないみたいだし、

ボクのBFのエジキにしてあげるよ!」 

と宣言するやいなや、

圧倒的な展開力で攻め寄せるBF!

 

……だが!

 

「甘いぜ! 優君! (Φ∀Φ) 

確かにオレはまだ強いXセイバーは持ってないけど

Xセイバーの恐ろしさはその専用魔法・罠にある!」

 

・「セイバー・ホール」!

相手モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を無効にし破壊!

 

・「剣の煌めき」!

相手モンスターを破壊した時、更に相手カードを1枚破壊!

 

そして

・「セイバー・スラッシュ」!

自分フィールド上のXセイバーの数だけ相手の表側カードを破壊!

(他にも攻撃力800UP装備+ドロー効果の「身剣一体」も使えるよ☆)

    

「ボ、ボクのBFが次々と!Σ(゜д゜lll)」 

  

Pa0_0157

「どうだ! この掃討力!(≧▽≦)

何体呼び寄せようがすべて撃ち落としてやるさ!

覚悟だ! BF!!」

  

   

     

自分のフィールド上を一掃され、 

次のターン……優君がとった行動とは!! 

  

「あ! 急に何だか

わけわかんなくなっちゃった(*゜∀。*)」

   

と言い放って、 

おもむろにデッキをぐちゃぐちゃにする

でしたΣ(゜Д゜ )(笑)

  

「というわけでわけがわからなくなったから

この勝負は終了。

で、ボクは負けてないから(*゜∀。*)」 

 

さ、最低のデュエリストだよ

   

こいつΣ(;ω;`)

   

……ということで

「Xセイバー」デビューはまさかの不発でしたが( ´_ゝ`)

相変わらずこんな風に親子デュエルを楽しんでおりマス。

あーもーホント楽しー(-∀-)(苦笑)

昔語り⑥「小説家修業!」

 

何だか思ってたより長くなっちゃってますが、

昔語りシリーズ第六回目デス(;^_^A

前回→http://yuya2001.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-1183.html

 

あくまで記念受験と考えていた○○○大学に

思わぬ合格を果たしてしまった私Σ(・ω・)

このまま上京して小説家修業に邁進するか……(><)

   

と、さすがにかなり悩んだんですが 

(いや周囲も○○○に行くだろ普通とか言うし

    

結局はもともとの第一志望だった

地元の大学へ進むことにしました(;^_^A

理由はいろいろあるのですが、

まぁ一番は当時の私が手堅い性格だったこと(苦笑)

 

いやぁやっぱ小説家目指す!ってバクチだしさぁ……

あくまで基本は仕事につくための勉強をしっかりすべきと。

そもそも地元にいたって別に小説は書けるし、

その上で本当に才能があるならデビューできるはず!

って言うのが自分で出した結論だったのデス。

 

……まぁ後、ぶっちゃけ

東京で一人暮らしするの怖かった(`・ω・´)(笑)

いや出張や旅行とかなら良いけど住むのは……

 

ということで大学生になり、

合格祝いにワープロソフト搭載のPCも買ってもらって

そこから私の本格的な小説家修業が始まりました!

 

この時期にはホントたくさん書いたよなぁ……(´ω`)

ちゃんと勉強もしてたし、邦楽部で三味線もがんばったケド、

でもやっぱり毎日のようにPCに向かって小説書いてた。

  

富士見書房にもその後何回か持ち込みをして

編集さんから作品について意見をもらったし、

大学の「SF研」にも所属して作品を発表してました。

   

あと、ちょっといけない方面の同人誌でも

書いたことあるよ☆ (Φ∀Φ)(笑)

いやぁ友達から頼まれちゃって軽く鬼畜系を……

   

でもやっぱ同人誌とはいえ自分の書いた小説が

ちゃんと製本されるのは嬉しかったなぁ(*´`) 

大学内に卒論を製本してくれるとこがあったのですが、

そこに頼んで自分の作品を製本してもらったりもしたし!

たった1冊しかないケド、

自分だけの本だ!って思った♪(≧▽≦)

  

と、ホント振り返るに楽しく充実した執筆の日々でしたが、

やっぱデビュー…には届かなかったなぁ(-∀-。) 

富士見書房の編集さんは親切にしてくださったけど、

やっぱりプロの壁は厚かったよぉ(;^_^A

  

Pa0_0146でもその中でも思い出に残るのが、

SF研が主催で開いたイベントでの

小説コンペで優秀賞をもらい、

審査員長の水野良先生@「ロードス島戦記」から

お褒めの言葉をいただいたことと(´▽`*)、

(なおこのイベントでは私はスタッフとして活躍しました!
水野良先生や吉岡平先生、竹内義和先生を囲んでの企画を
立案・運営したのが自慢☆ 上の写真はそのときのスタジャンです)

 

その作品を富士見書房に持ち込んだ時に、

いつも担当してくれている編集さんがしみじみと

「いやぁ、○○くんもここまでのものが

書けるようになりましたか……」

って評価してもらえたことデス(≧ω≦)

 

でもぶっちゃけて言えば

そこがボクの限界だったよ……(;´_`;)

結局その作品が富士見書房への最後の持ち込みとなり、

その後は、趣味的な小説は書いたけど、

絶対デビューするぞ!!(屮゜Д゜)屮

って気持ちは、いつしかフェードアウトしていきました。

 

それはもちろん大学の勉強が忙しくなったせいもあったケド、

正直に言えばネタが切れた(笑)というか、

自分が書きたかったものはもう書いちゃった

って言うのが正しいかなぁ……

 

そしてつくづく思ったよ。

プロの作家さんってすごいなぁ……って。

仕事として小説を書くということは日々書き続けねばいけないワケで、

自分はとてもそんな風にはなれないなぁ……って(>_<;)

 

だから悔いとかそういうのは全然無くて、

自分が出せるものは全部出した上でなれなかったんだから

もう充分だよね……って感じ(*´`)

まぁ逆に言えばそのプロを目指す上での「執念の弱さ」

私が届かなかった一番の原因なのかも知れませんが。

 

ということで、私の小説家修業は幕を下ろしたのですが、

この「昔語り」は最後にもう一回分だけ続きマス。

よろしければお付き合いください(><)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ