Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« 怪異との遭遇 | トップページ | 「天地人」第12話「御館の乱」 »

「銭ゲバ」の感想ズラ

 

♪さーよーな-らー

  ただーただただただぁー

  いとーしきーひびよー(T_T)

 

新たな卒業ソングの定番の誕生かと思わせるインパクトの主題歌、

『さよなら』(かりゆし58)でも話題になった

TVドラマ『銭ゲバ』が終了したズラ

 

といっても、ここでとりあげたいのは、原作の方。

銭ゲバ(上) 銭ゲバ(上)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 

奇才・ジョージ秋山先生と言えば、

私たちの世代的には、少年ジャンプでやった

「海人ゴンズイ」や「シャカの息子」といった

小学生にはムリ的なインパクトのある作品

で知られる作家さんですが、

(読者アンケート至上主義のジャンプではソッコーで打ち切りに(苦笑))

 

「浮浪雲」と並んでその代表作として知られる「銭ゲバ」は、

連載が1970~71年と、ちょうど私が生まれる前なので、

タイトルは知ってるけど読んだことはない、という伝説の古典漫画。

 

一昨年文庫版が復刻され、ドラマ化の影響で平積みにされていたので、

購入して読んでみました。

 

「かあちゃんは銭があったら死ななかったズラ」

「銭のためににいちゃんを殺したズラ」

貧乏ゆえに母親を死なせてしまい、

そして優しくしてくれていた近所のお兄さんを殺してしまった

少年・蒲郡風太郎は、どんな手段を使おうが金持ちになることを決意。

 

その後、策略をめぐらせて、大会社の社長の家に転がり込み、

人を騙し、利用し、殺し、と悪の限りを尽くして成り上がっていきます。

(いやもうホント、ヒドイよ(;´д`) さすが当時有害指定を受けただけのことは……)

 

第一部(上巻)で社長として莫大な富を得た風太郎は、

第二部(下巻)では政治家を目指して悪辣な選挙戦を展開します。

(ドラマ版は第一部を中心に構成していて、この選挙編はカット)

 

「ほしいものはみんな手に入ったズラ」  

 

そして迎える「終章」。財を極め権力を手中にした風太郎は、

新聞社から「人間の幸福について」というコラムの執筆を依頼されます。

「銭ズラ! 銭があったら幸福ズラ!!」

とうそぶいて原稿用紙に向かう風太郎ですが、

 

そこで彼が想像した「幸福」な人間の姿は、

あまりにも自分の生き様と異なっていて、彼を打ちのめします。

 

そして物語は衝撃のラストへ……

 

と、

あらすじにまとめれば結構簡単な話で、

しかも展開が実に早いため、一気に読めます。

(その点ドラマ版は原作のエピソードをうまく拾いながら、より人物関係を深みあるものにすべく、上手く再構成してるなぁという印象)

 

それにしてもこの『銭ゲバ』、

話的にも絵的にも実にえぐい作品なのですが、

(これをあの爽やかイメージの「少年サンデー」で連載してたってのがすげぇ)

 

でも、でも泣けるんだ(´;ω;`)  

 

Camdgqj3 風太郎はたしかに極悪で、

もう何人殺すんだ(苦笑)ぐらいの勢いですが、

でもその苦悩と絶望もキッチリ描かれていて、

それが胸をうつのです。

 

ドラマ版の風太郎は、偽悪的で絶望を内に秘めた空虚な青年

といった描かれ方でしたが、

 

12335966180188 原作の風太郎はビジュアルの違い(笑)もあり、

実に泥臭くギラギラしていて、

恐ろしく悪逆非道で、

でもだからこそ哀しい(uωu`)

 

 

風太郎は左目が潰れているのですが、

これが単なる異形を示すだけではなく、漫画表現的にも実に効果的で、

 

Ca525cnv左側からのカットはまるで泣いているピエロのようで、

風太郎の哀しみを、

右側からのカットはにらみつけるようで、

風太郎の社会への怒りと野心を 

それぞれ表しています。

特に下巻は左からのカットが多発しているのも見所。

(ドラマ版もそこは意識してるようですが、でもやはり実写では限界があったかなぁ)

 

Cal9ezb5 結局のところ、

風太郎は別にお金が欲しかったんじゃなく、

本当はただ幸せになりたかったんですよね。

←この涙の少年時代が彼の原点。

 

でも哀しいかな、「お金があるのが幸福」と思いこんでしまった。

 

それは「お金が無いから不幸」だったことの裏返しなのですが、

逆は必ずしも真ならず、なのです。

 

だからこそ、何もかも手に入れたと思っていた自分が、

実は何も手に入れていなかったことに気が付いたとき、

真の絶望が彼を襲うのです。

 

その意味では、ドラマ版の風太郎の絶望とは質が違うのが面白いデス。

ドラマ版は「自分のあり方への絶望(=茜の死)」に

「人間の本質への絶望(=定食屋の人々の裏切り)」が加わって、

何だかより救いが無い感じ。

 

最期に幸せだったはずの人生を想起させるのも、

生きることに対し空虚な彼に、「死にたくない、生きたい」

と切実に思わせるためだしね(間に合わないけど)。

ただ、その分、風太郎のあのラストに対する唐突感がドラマ版では残っちゃうんですよね……( ´_ゝ`) 原作の方が終わり方としてはより衝撃的。まぁ実は打ち切られたのかも知れませんが(苦笑) 

 

ネタバレだし是非味わってほしいので詳細は伏せますが、

ラストに彼が残したセリフには、何だか深く考えさせられてしまいました。

(ドラマ版のラストのモノローグは、何だかとってつけた感が満載でしたが……( ´_ゝ`))

 

風太郎が最後に守りたかったのは、「自分の『心』」。

一見、強がりにも感じられるセリフなのですが、

でも私はここに風太郎の深い哀しみを感じるのです(uωu`)

 

というわけで、

原作未読の方は、この機に是非一読をお勧めします!

女性の方は絵と描写に抵抗があるかも知れませんが、

めげずに頑張って下さい!(苦笑)

 

 

PS

ちょうど時期を連続して、

西原理恵子先生の「この世でいちばん大事な『カネ』の話」を読みました。

 

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ) この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

著者:西原 理恵子
販売元:理論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  

「まぁじゃんほうろうき」からの愛読者である私にとっては、

(「ちくろ幼稚園」からじゃないのが悔しい(笑))

既知の内容がほとんどではありましたが、

(初見は義父の自死にいたる経緯の詳細ぐらい?)

 

カネが無いことの不幸と、カネによって手に入るものが描かれると共に、

その一方で、カネによって失うもの、カネを失うことで逆に得られるもの、

そしてカネよりも大切なものについても、しっかりと書かれています。

 

『銭ゲバ』の内容と比較すると、色々と考えさせられました。

 

だからこちらもお勧めです!(><) 

特に若い人へのメッセージ色が強いので、

学校の授業とかで使ってもよいかも!

« 怪異との遭遇 | トップページ | 「天地人」第12話「御館の乱」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

銭ゲバ観てました。
金の、為なら何でもするズラー!
まぁ、1話で、風太郎が、働いていた、工場の、風陰気で、あぁ、この、ドラマは、くらいなーって思いました。
あのドラマ、ディケイド版の、キバが、出てた気がする(宮川大輔の、息子役)
ラストは、俺の、予想では、キラが、出て来て、探偵に、なるのかなぁって、思いました(作品違うcoldsweats02)
ちなみに、俺が、今回、観ていた、ドラマ面白さランキング
1位・メイちゃんの執事
2位・神の雫
3位・歌のおにいさん 4位・レスキュー
5位・ラブシャッフル 6位・ヴォイス
7位・本日も晴れ
8位・銭ゲバ
こんなかんじです。
最後に、一言
一番大事なのは、人の、心ズラ(笑)

銭ゲバ、ドラマじゃ絶対無理だろー!!
と見る前から駄作と判断して一度も見てないんですが、ドラマも割と好評?
だったようですね

個人的には、不買運動があった問題作のアシュラ、銭ゲバ
両作品とも読みましたが、アシュラの方はおもしろかったですが
銭ゲバはちょっと・・・ついていけなかったです。

個人的には、ブログにあがっている
シャカの息子を読んでみたいと思っているんですが
中々見かけませんね・・・残念です。


>カイトさん

意外とドラマッ子なんですねぇΣ(・ω・)

あ、他記事へのコメントのレスですが、

やっぱ「せんとういん」気になりますよね(笑)

 
>そーすけさん

アシュラは読んでみたいです!

シャカの息子は……正直全然覚えてないです(^^;) 一応リアルタイムで読んだのですが……

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400648/28623935

この記事へのトラックバック一覧です: 「銭ゲバ」の感想ズラ:

» 銭ゲバ最終回 [自閉世界]
14日に放送された銭ゲバ最終回。これまた幻想的な傑作! まるで筆者が監督・脚本を [続きを読む]

» Cross Days(クロスデイズ)ムービー発見か!! [Cross Days(クロスデイズ)情報]
『Cross Days』(クロスデイズ)は、2009年2月27日ににオーバーフローより発売が予定 [続きを読む]

« 怪異との遭遇 | トップページ | 「天地人」第12話「御館の乱」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ