ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系


  • キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

データカードダス全般


« モンバト子育て日記:風のマントと大魔王! | トップページ | 東京見聞録①プロローグ »

捕鯨問題と雁屋哲

 

「美味しんぼ」原作者、SSと豪を猛批判

長寿グルメ漫画「美味しんぼ」の原作者、雁屋哲氏が自身のブログで、米環境保護団体「シー・シェパード」(SS)による調査捕鯨妨害を厳しく批判している。

 雁屋氏は7日付の書き込みで、SSを「海賊を通り越してテロリスト」とし、「日本の、調査船団の乗組員の命が危険にさらさられているのに、日本政府は何をしているのだ」と自衛隊の派遣を主張。さらに日本政府は抗議船の乗組員ら妨害行動の関係者すべてを日本に引き渡すことなどをオーストラリア政府に求め、聞き入れなければオーストラリアに対し制裁に踏み切るべきと持論をつづった。

 オーストラリアに20年以上住んでいるという雁屋氏だが、「ここまで日本人を馬鹿にし、日本人に対してテロ行為を行っているオーストラリアになんか、遊びに来るな」「『美味しんぼ』でさんざんオーストラリアを褒めちぎった私が言うのだ。この気持ちを分かって欲しい」と述べ、怒りをあらわにした。

 日本の調査捕鯨船団は現在、南極海を航行しており、それに合わせてSSは過激な抗議活動を展開。今月2日には「日新丸」に液体が入った瓶を投げ込まれ、6日には「第2勇新丸」「第3勇新丸」に抗議船ごと体当たりされるなどの妨害行為が続いている。

http://www.sanspo.com/shakai/news/090208/sha0902081722013-n1.htm

http://kariyatetsu.com/nikki/943.php 

 

すげぇな雁屋哲Σ(・ω・)

まぁでももともと雁屋哲は「美味しんぼ」の中でも「捕鯨問題」に関してはかなり熱く語ってたし、一家言あるのよね。

(ちなみに雁屋氏は断固賛成派で、作中でグリンピースとおぼしき白人捕鯨反対団体(またこいつらがむかつくんだわ(苦笑))の偽善を暴き、コテンパンに論破しております)

しかしオーストラリアびいきで知られる彼がここまで怒るんだからホントに腹立ったんだろうな(^^;)

 

なお私は捕鯨問題に関しては、「日本の立場と文化はしっかりと主張すべきだけど、かといって意固地になりすぎるのはどうか?」というぐらいのスタンスです。自分とこの文化に対してとやかく言われるのはむかつくけど、そういう自分だって中国の猫食とか韓国の犬食とかにはやっぱ抵抗あるしね。糾弾しようとは思わないケド

まぁ欧米人の多くが不快に思ってるのは事実なんだから、それはそれで受け入れて、その上で冷静に議論すればよいと思うのよ。「自国の文化=聖域」という発想には人は陥りやすいけど、それはそれでどうかと思う。改めた方がいい文化だってあるさ(´-`)

 

ちなみに平成ライダーシリーズの白倉Pが捕鯨問題に対しての欧米人の感覚について興味深い指摘をされてます。参考までに。知的に面白い記事です。さすが白倉P↓

http://homepage.mac.com/cron/iblog/C324767900/E20090104015245/index.html

 

ただ、捕鯨問題については、欧米人どもが自国の文化を基準にこちらを「野蛮」だと一方的に非難してくるからむかつくわけであって、

しかもそもそも江戸時代にアメリカが鎖国日本を開国させたかった理由は、捕鯨船(鯨油を採るため)のための港が欲しかったからだしな。てめぇらが乱獲してたんじゃねぇかよ。このことどれぐらいのアメリカ人は知ってるのさ??

更にシー・シェパードのやってることにおいては単なる破壊活動だから、

まったく論外だよ( ゜д゜)、ペッ

 

だから、個人的には

雁屋先生サイコー! いいぞもっとやれヽ(´▽`)/ ♪

って感じ☆

 

よし!! ボクもむかつくから

オージービーフはもう買わないようにするよ!(`・ω・´)

オーストラリアになんか旅行で行くもんか!( ゜д゜)、ペッ

もともと行く予定ないけど(´Д`)(笑) 

 

でも、雁屋先生が、もとはバリバリの反権力作家で、

「権力に立ち向かうにはテロしかない!(`・ω・´)」

と主人公に言い切らせた名作「男組」の原作者であることは内緒な(笑)

「野望の王国」や「男大空」もすごかったけど(^^;)

  

PS1

ちなみに「男組」は超傑作ですよ!! まさに男のバイブル!!

とにかく滅茶苦茶面白い!

バトル漫画としても手に汗握るし(八極拳とかの中国拳法を採り入れた最初じゃね? 「猛虎こうはざん」とかこの漫画で知ったし)、男同士の熱い友情を軸に、野望と理想が激突するストーリーもとにかく熱いぜ!

いまどきの「草食系男子」とやらはこれを読んで根性をたたき直すべきだよね!!(`・ω・´)(笑)

 

PS2 

「美味しんぼ」だって、初期のケンカ屋山岡の頃が一番輝いてたよなぁ……

どうもお気楽キャラになってからの山岡には違和感が……lll(-_-;)lll

まぁそっちになってからの方が圧倒的に長いんだけど

 

なお、作画担当の花咲アキラ先生が、最近スピリッツで、

「のぼうの城」(原作:和田竜)を連載してるけど、

 

081228_103101なんかこう

「美味しんぼ」キャラの

コスプレにしか見えない(苦笑)

  

  

« モンバト子育て日記:風のマントと大魔王! | トップページ | 東京見聞録①プロローグ »

ニュース・マスコミ」カテゴリの記事

コメント

雁屋哲先生は、オーストラリアに住んでるんじゃなかったですけ?w

あんまり色々言って大丈夫なのかなとちょっと心配になったり・・・w

男組読んでみたいんですよね
あんまり池上作品を読んだ事がないのでいつかは読みたい作品です。

美味しんぼ私も前半が好きです。
特に味噌かなんかの話で
テレポーテーションしちゃうとことか・・・

雁屋先生はオーストラリア在中です。その意味で勇気ある発言ではありますよね。

美味しんぼが再開されたらけちょんけちょんに描くのでしょうか(笑)

男組は読まなきゃダメですよ!(`・ω・´)男塾生として必要な教養ですよ(笑)

味噌でテレポテーション!!Σ(・ω・)
そんなぶっとんだ話ありましたっけ???

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 捕鯨問題と雁屋哲:

« モンバト子育て日記:風のマントと大魔王! | トップページ | 東京見聞録①プロローグ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ