Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« 2008年2月3日 - 2008年2月9日 | トップページ | 2008年2月17日 - 2008年2月23日 »

2008年2月10日 - 2008年2月16日

新装開店のおしらせ☆

 

さてさて、このブログを始めてすでに9ヶ月あまり。

特に何が売りというわけでもないこんなしがない個人商店ですが、アクセス数とかもそれなりに増えてきましたし(^o^) 22222HITのキリ番も超えたし(猫好きとしては見逃せない数字かと(笑))、個人的には順調かなぁとうれしい限り(><)

 

ですが、これからずっとがんばって、もっとみなさまに愛されるブログへと成長させたいと思うに、

 

そろそろタイトルとか変えた方がいいんじゃないかなと(笑)

やっぱこのサイト、「猫」じゃないし、「ライダー」メインでもないよなぁ(^_^;)

看板に偽りありだよ……

 

じゃあ「大怪獣」ならいいのかといえば、今後優君の成長につれ、きっとネタは刻々と変化していくわけで、ならずっと使えるようなタイトルがいいよなぁ。

 

それにレイアウトもそろそろいじりたい。文章メインのサイトなのに文章スペース狭いし、青紫色のくれよんデザインも好きなんだけど、やっぱうーん地味かしら(;^_^A

  

……ということで、いろいろとあーでもないこーでもないと試行錯誤した結果、

このたび、サイトのリニューアルを決意しました!!(><)

 

次回更新予定は日曜の夜にしようと思っています。そのときにはガラッと変えてイメチェンをしておく予定♪

 

乞うご期待!! となればいいなぁ(*^ー゜)b

 

不定期連載:平成ライダーとわたくし 「最終回」編

さて、超ひさびさの「平成ライダーとわたくし」シリーズ、今回は「最終回」特集です。

ただし、当然のようにネタバレまみれなので、観てない方は今回の記事は華麗にスルーしてください゜+.(・∀・)゜+.゜(笑)  

   

◎「クウガ」

仮面ライダー クウガ Vol.12 DVD 仮面ライダー クウガ Vol.12

販売元:東映ビデオ
発売日:2001/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

戦闘シーンも変身シーンもなく、主人公マンセーで終始した最終回は子供向け特撮として論外(苦笑)として、ラス前のダグバとの決戦もなぁ……いよいよ最終決戦だぁ!(>_<)とワクワクドキドキしてた優君が観終わった後にみせたすっごい微妙な表情が忘れられません(;^_^A

 

◎「アギト」

Tv/仮面ライダー アギト: Vol.12 Tv/仮面ライダー アギト: Vol.12
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

最終5話についてはいろいろ言われてますが、最終回は綺麗に終わってたと思いますよ。全員に見せ場もあったし、うーん火のエルさえ出ていてくれれば一人一体倒せたのになぁ(苦笑) まぁしょーいち君の爽やかな笑顔で締めくくったラストだけでも大満足。アギト大好き☆

  

◎「龍騎」

 

仮面ライダー龍騎 Vol.12 仮面ライダー龍騎 Vol.12

販売元:東映ビデオ
発売日:2003/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

すごく良かったと思います。全員死亡の陰惨なラストといえなくもないですが(苦笑) まぁヒロイン自殺&主人公特攻という映画版に比べればすごく救いもありますし、最後はみんな別世界で蘇ってたしね!(>_<) 矛盾はあるし、確かにご都合主義かもしれませんが、いい落ちじゃないですか。別世界で出会った真司と蓮がお互いに「何だこいつ? でもどっかで見たような……」って感じでにらみあうのがすごく好きです。    

 

◎「555」

仮面ライダー555 Vol.13 DVD 仮面ライダー555 Vol.13

販売元:東映ビデオ
発売日:2004/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

うーんつめこみすぎ。残念。やっぱスパイダー澤田の話がえんえんと続く中盤が長すぎたよなぁ。最終回としては、とりあえずライダーキックで大爆発すればいいと思ってるんじゃないのか……(-_-) 照夫君助かるかなと思ってたのなぁ。でも最後、視界がすでにぼやけつつあるたっくんが「オレの夢がみつかったよ……」とつぶやくラストシーンはたまんなく好きです。ジンときました(>_<。) あ、あとたった一人生き残った海堂が幼稚園をのぞき込みながら寂しげに「お馬さん……♪」と歌ってたのにも泣けました。井上現場監督にこき使われて肉体労働をしている琢磨さんにもある意味泣けました(笑)

 

◎「剣」

仮面ライダー剣 VOL.12 DVD 仮面ライダー剣 VOL.12

販売元:東映ビデオ
発売日:2005/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

せつなすぎ、傑作すぎ~(>_<。)~ 詳細は前に書いたのですが、すごいラストだと思います。それまでのぐだぐだなんて逆にいい思い出ですよ(笑) でも映画版みたいなにぎやかなラストの方がブレイドらしいよな……とも思うんですけどね(・ω・`)

 

◎「響鬼」

 

仮面ライダー響鬼 VOL.12 DVD 仮面ライダー響鬼 VOL.12

販売元:東映ビデオ
発売日:2006/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いやもうちゃんと終われるのかどうかだけが気になってハラハラして観ました(;^_^A だからオロチがナレーションで終わろうが関東13鬼は何だったのかとか何だあの洋館の男女の扱いはとか細かい事は別にどうでもいいというか(苦笑、てかむしろウケました(^_^;))、最後の明日夢と響鬼さんのやり取りは本来感動すべき場面なのでしょうが、細川さんの脚本への介入で台無しに……やっぱあの場面で「これからもオレの側にいろ」は無いだろう(^_^;) 子離れしろよ響鬼さん……あ、あの展開で明日夢が鬼にならないのはまったくもって当然だと思いますよ。

 

◎「カブト」

 

仮面ライダーカブト VOL.12 DVD 仮面ライダーカブト VOL.12

販売元:東映ビデオ
発売日:2007/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ラスボスが唐突(急にネイティブ最強の戦士とか出されてもなぁ、黒幕なんかまさかのサナギワームだし(笑))なのを除けば、ほぼ文句なし。パーゼクが破壊されてのダブルライダーキックという流れは良かったです。オチのエッフェル塔天道も、あまりにぞんざいな合成も含めて面白かったですし(><) 謎が解き明かされてない!と怒る向きもあったようですが、いいんですよカブトだし(^_^;) 唯一の心残りは岬さんがサソードに変身しなかったことぐらいですかね(-_-)

 

「電王」についてはこちらをご参照ください。まぁ爽快かつデタラメな電王らしい最終回だったと思います。

 

こうして見るに、平成ライダーの最終回は終了後毎回賛否両論を巻き起こしていますが(電王はそうでもないみたいですが)、そりゃあ一年もやってりゃ回収しきれない伏線もあるでしょうし、細かな矛盾点も出てくるのでしょうが、みなそれなりに納得のいく、「らしい」最終回を迎えていると思います。

 

気が早いですが、「キバ」は一年後にどんな最終回を迎えているでしょうか? 過去と現在を結ぶ壮大な物語だけに、そのオチの付け方が今から楽しみですね♪

 

PS まぁカタルシスや感動……という点では、最近観た中では「ウルトラマンメビウス」が最高(唯一の不満はエンペラ星人が何言ってんだかサッパリ聞き取れないこと(笑))ですが、まぁそこは基本ストーリーが単純なウルトラマンだからこそできるとも言えるかなぁと。

ウルトラマンメビウス Volume 13 (最終巻) DVD ウルトラマンメビウス Volume 13 (最終巻)

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/07/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

ヤンガス登場!

 

最近はいくらプレイしてもまったく新しいカードが当たらなくなり(いや当たってないカードはいろいろあるのですが、あたりにくいのばっかで……)、停滞気味のDQMB。

そんな中で優君のやる気も著しく減退気味(・ω・`)でしたので、ここらで一発テコ入れを……と新しい中古カード屋さんを開拓してみました。

 

するとありました! ヤンガスのカード「大ぼうぎょ」!! なんと1000円のお手ごろ価格です☆(他のSPカードは5000円前後なのに、なんでこんなに安いのか(;^_^A)

 

でもまぁ「大ぼうぎょ」なら現行の第四弾では手に入らないカードですし、ずっと欲しかったので買う価値があるかも……ということで思い切って購入!(><)

080211_112102

「大ぼうぎょ」……相手の物理攻撃を1ターンの間すべて防ぐぞ! 

 080211_112101 

  

 

 

   

これで今まで唯一のSPカードとして優君チームを支え続けてきてくれたゼシカ(「マジックバリア」)に楽をさせてやれるというものですよ゜+.(・∀・)゜+.゜

魔法攻撃を1ターンの間すべて防ぐ「マジックバリア」は相手によっては便利(ドルマゲスとか悪魔神官とか鬼面導師とか)ですが、「大ぼうぎょ」はほとんどの敵に有効な技なので、とてもうれしい♪ 

 

 

ドラゴンクエスト 少年ヤンガスと不思議のダンジョン アルティメットヒッツ ドラゴンクエスト 少年ヤンガスと不思議のダンジョン アルティメットヒッツ

販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2007/06/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

なお、家では現在、「ドラクエ8」を終えて、「少年ヤンガスと不思議なダンジョン」などをやっているので(世界観が同じだから優君に入りやすいかなぁと)、何げにヤンガス熱が高まっているところなのです。まぁ外観だけだと少年のころとはかなり別人ですが(^_^;) 

 

さて、SPカードといえば、「とどめの一撃」!!

ヤンガスの奥義は覇王の斧を使っての、必殺・獣神烈風斬!! レティスに乗って颯爽と現れるも着陸に失敗し、地面に突っ込むヤンガスがお茶目です。

080211_112501_2 080211_112601 080211_112602

 

   

  

  

  

しかし破壊力は抜群!! 斧の一撃は敵チームを吹き飛ばし、そのまま闘技場の床をこっぱみじんに吹き飛ばしてしまうほど……ってどんな破壊力ですか ( ̄□ ̄;)!!

 

ゼシカのマダンテもド迫力ですが、でもあれはまぁ呪文なのであの破壊力も分からないでもないのですが、これは生身のヤンガスが斧を振っただけだろうに(苦笑)

 

というわけで、ようやく期待の新戦力加入です!(*^ー゜)b 自分で当てたのじゃないのがちょっとアレですが、まぁトレードによる大型補強って感じ? なおついでに、何回やっても当たらなかった「ゴーレム」も合わせて買いました(ちなみに第四弾のはこれから当たったらガッカリなので、昔のやつを……)。お値段500円。これでやっと(笑)「怒りの魔人」が作れる……ヽ(゜∀゜)ノ 

その他にはダブルスキャン用に古い方の「サイレス」「キラーパンサー」各50円)「キメラ」(200円)を購入して、しめて消費税を入れて1890円。

まぁデパートの駐車料金もこれでサービス券が出てタダになったからこんなものかしら(;^_^A

というわけで、これで何とか第五弾が出るまで楽しみが持ちそうです(><) 

でもやっぱ自力でもいいカードあてたいなぁ……( ´_ゝ`)

  

 

大怪獣バトルEX第6弾始動!(後編)

  

第14話「戦場の惑星」の予告にメトロン星人とザラブ星人が登場したので、次はこいつらとのバトルか…… (`・ω・´)シャキーン と思っていたら、

080211_103201 

ババルウ星人でしたぁ(^_^;)

 

 

 

080211_103301 メトロン星人とザラブ星人はレイオニクスとして大怪獣バトルをしていただけなのですね。まぎらわしい……

 

 

 

 080211_103302

さて、そんなこんなでババルウ星人の操る怪獣とバトルをすることになったのですが、骨翼超獣バジリスって何? ポケモン? それはパチリス( ゜A゜)っ彡☆。_。)

4543112515940 映画「ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦」に登場した怪獣だそうです。

  

 

 

080211_103501

まぁでもとりあえずキングジョーブラックの敵ではなかったので一蹴。

    

   

 

  080211_103801

080211_103802 そのあと逆ギレしたババルウ星人自らが巨大化して勝負を挑んでくる(この展開は可笑しかった)のですが、スピードが早くて優君だけではさすがに苦戦。なのでここらから私もボタン連打を一つ担当しました。

 

 

 

080211_104301 ババルウ星人に勝つと、更に逆ギレしたババルウ星人(たち悪い)がアラドスの時間移動能力によって伝説のレイオニクスであるレイモンを殺し、歴史そのものを変えるべく過去の惑星ボリスに向かう!

それを追う主人公一行!(><)

 

  

080211_110801 080211_111001 さぁいよいよ第六弾エピソードのラストになる第15話です!

ここでまず最初に立ちはだかるのがウルトラマンの宿敵・ゼットン!!

 

 

080211_111302080211_111303  ただゼットンはどうにか倒したものの、最後に立ちはだかるのが、ついに登場の第6弾ボスキャラ、最強合体獣キングオブモンス!!(またよく知らないけど、バジリスと同じ映画に出てくるそうです)

  

 

 

Kaijyu06_276_card優君「しかも金レアの方だよぉ ( ̄□ ̄;)!! 勝てるわけない!!」(←恒例の弱気発言(苦笑))

 

 

 

 

080211_111802 闘いの方はキングオブモンスの圧倒的パワーに押しまくられ、ファイナルラウンドまで粘ったものの、必殺技ファイナルクレメイトビームでさすがのキングジョーブラックも轟沈……(・ω・`)

 

 

さすがにあっさりは勝たせてもらえないようです。うーん、私がボタン2つ担当して全力で連打したらギリギリ勝てたかな?? 

アタック1400、ディフェンス1000、スピード1100という驚異のスペック(パワーも1100もあるし(^_^;))にどう立ち向かうか?

またがんばって攻略してみることにしますね!(><)

  

大怪獣バトルEX第6弾始動!(前編)

 

連休二日目の昨日はいつも通り優君とゲーセンへGO!

 

080211_101201今日のお目当ては当然、いよいよ始動した「大怪獣バトルEX第6弾」ですよ゜+.(・∀・)゜+.゜

080211_101402 一回目のプレイでいきなり「スペシャルアビリティ6」のカードをGET!!(><)さいさきいいぜ!!

 

 

 

でも他の子と順番を代わりながら3回ほどプレイしましたが、後の2回は第5弾の持ってる怪獣カードばっかり……店員さん早く第6弾カードに完全に切り替えてよぉ(^_^;) 第6弾のカードをどんどん欲しいさ!!(><)

 

さて今日はとりあえずエースである「キングジョーブラック」を投入し、ストーリーモードの13・14・15話をプレイしてみました。、

080211_101301   080211_101403080211_101701

 

 

 

  

とりあえず13話の恐竜戦車ならびにブルトンには楽勝。優君一人でも大丈夫でした。スペック的にもキングジョーブラックの敵じゃないですね。

 

しかしブルトンを倒した後、ストーリー的に大きな変化が!(゜ロ゜)

四次元空間に吸いこまれた主人公一行が行き着いた先は、なんと惑星ボリス! いよいよウルトラギャラクシーとリンクしてきましたね。

 

そして第14話「戦場の惑星」「つづく!」の画面で登場したのは、メトロン星人にザラブ星人!? おお、こいつらも出るのか?? ( ̄□ ̄;)!!

 

こちらもつづく!!(笑)

 

 

 

 

休日はいろいろつくろう!(><)

 

せっかくの連休だし料理がしたい!(><)

今回のテーマは「広島風お好み焼き」デス!

 

ちなみに関西風お好み焼きは大学時代からの得意料理なのですが、広島風は実は初めて(;^_^A

もしかして知らない方のために説明すれば、関西風が生地に具を混ぜ込んだものを焼くのに対し、広島風は、

 

①クレープのような薄い生地の上に材料(キャベツ、もやし、豚肉など)を重ね焼きにしていって、

②それをひっくりかえして別に炒めておいたそば(うどんでも可)の上に乗せ、

③さらに割った卵の上にそれを乗せて、

④最後に裏返してソース(もちろんおたふくソースかカープソース)をたっぷり塗って完成。 

 

というテクニカルな料理です。

 

080210_120001 うーん、美味しくはできたけど、生地がまだ厚いなぁ。もっと鉄板の上で薄く伸ばさないと。あと早めに生地を作って寝かしておくべきだな。優君も気に入ったようですし、また作ってみよう。しかも今回はそば買ってくるの忘れたし(^_^;)

  

 

 

そして今日は今日で、連日の報道のせいで逆に餃子がとても食べたくなり(笑)、「手作り焼き餃子」を作りました(なんか餃子の皮が売れてるみたいで、みんなそうなんだろうなぁ……(^_^;))。

 

080211_180501_2080211_183101   ミンチにみじん切りにした白菜と椎茸を混ぜただけというシンプルなものでしたが、なかなかパリッと美味しくできました。30個ほど作ったのですが、三人で先を争うように食べて、完食☆ ちなみに包むのは優君にも手伝ってもらいましたので、父子合作でございます。

  

 

 

080211_150001休日はふだんできないことがしたい欲が高まるので、料理以外にもひさびさに「てれびくん」の付録を作りました。今日作成したのは、いよいよ始まる炎神戦隊ゴーオンジャーの主人公メカ、「マッハ全開!炎神スピードル」!!

 

080211_145801 結構でかいのですが、スポンジタイヤというのがいいアイデアで、転がすとなかなかよく走ります。

こちらも作成は私ですが、優君助手が部品を切り離したり折ったり、道具をとってきたり必要な部品を探してくれたりとこまめに働いてくれるので助かります(;^_^A だからいちおーこれも父子合作です。

他にも「キバなりきりセット」とかあるからまた作んなくちゃ♪(*^ー゜)b

 

……というわけでいろいろ作った連休でした。土曜日は仕事でしたので三連休ではありませんでしたが、たくさん優君と遊び転げて楽しかったです。夜は「ヤッターマン」も観られたし☆

さぁ明日からまた仕事だ!(><) がんばろー☆ 

 

今週(2/10)のキバ

  

◎第3話「英雄・パーフェクトハンター」

 

OPテーマを初めて聴いた奥さんが一言。

「何このキザな曲?」

ごもっとも(^_^;) しかしほんと相変わらず歌詞何言ってるんだかわかんねぇ。

アバンでは今回はヴァイオリンの蘊蓄。このままホントにキバットによる蘊蓄コーナーになるかもしれませんね。でもどうせなら、前回みたいにキバの必殺キックのリプレイにかぶせてやって欲しかったかな。その方がシュールでいいかも(笑) 

 

もう今回は巨匠・石田監督の演出がおかしすぎで、まぁ井上御大の脚本というのもあるのでしょうが、優君にもバカウケでしたよ゜+.(・∀・)゜+.゜

横断歩道の風の演出(おっさんと渡、静香が突風で吹き飛ばされそうな中会話してるのに、子供は平然と歩いているのがおかしすぎ(笑))にしても謎のタイタン金融にしても(何あの胡散臭い外国人社長)第三話にしてこのはじけぶりはスゴイなぁ……

 

でも確かに音也は「心清く誠実で真面目で曲がったことの嫌いな純粋な人」ではないですし、ひどいレベルの軽薄な女たらしなのは間違いないですが、クラブの件もカジノの件も別に音也の責任ではあんましないような……まぁとんでもないヤツだとは思うけどね。

 

しかし考えてみれば、この展開なら普通、音也とゆりがくっつくハズなのですが、そうすると恵は音也の子になってしまうし(恵の年齢的(21)にもそうでなければ……まぁゆりに他に恋人がいれば別ですが)、じゃあファンガイアの母親との間に生まれたという設定の渡(20)は異母兄弟? 渡の母親はまだ未登場ですが、音也はほぼ同時期にその二人を愛することになるのか? 音也の「二人まとめて愛してやる!」は伏線!?(笑) いやもしかすると、音也とゆりの間に恵が生まれ、その後、何らかの事情でゆりがファンガイアとなり、その後で渡を産んだとか……うーんここんとこはいろいろ考えられて面白そう!o(^-^)o

  

そしていよいよ登場の2号ライダー(仮面ライダーイクサってまじ? 戦?)・名護啓介! 

井上キャラキター゜+.(・∀・)゜+.゜って感じ(笑) 

なんか一瞬アギトの北条さんかと思ったよ。
 

「正義の味方と呼びなさい」

うわぁうさんくせぇぇぇ(゜ロ゜)(笑) 

しかも賞金は恵まれない子供に寄付かよ!? もう私の心の中では偽善者確定ですよ。恵が「名護か……」と吐き捨てるようにつぶやく嫌いっぷりからして間違いないと思いますよ。偽善者っていうか歪んだエリートの可能性大。次回予告にあった「あなたには弱い人が必要なのよ」という恵のセリフがキーとなっていきそうです。

 

さてバトル自体は今回は控え目で、次回に持ち越しですが、

期待されたキャッスルドランの三人衆は今回未登場……

って前回のヒキは単なる顔見せかーい!!(゜ロ゜)

まぁでも来週はガルルフォーム登場のようで、楽しみです☆

 

PS ふと思ったのですが、同じくベルトにつけて変身するといってもゼクターはあくまで「メカ」昆虫なのですが、キバットは何なんだ……生き物をそのままセットするというのも考えてみればすごい話だよな……

 

ポケモンバトリオ参戦!

 

というわけで、優君「ポケモンバトリオ」参戦です!!(><)

 080210_144301080210_142101

  

  

   

 

  

えーとバトリオを知らない人のために簡単に説明すると、要はポケモンを使ったデータカードダスの変形版みたいなものなんですが、特徴としてはカードじゃなくてチップ(パック)みたいなものを使うところですね。

 

080210_142703 080210_142401     080210_142502

   

  

  

   

  

「トリオ」だけあって、使えるポケモンは3体。パックをフィールドにおいてフォーメーションを組みます。攻撃用、防御用にそれぞれ3種類のフォーメーション(それによってポケモンの能力にボーナスがつきます)があるので、それにあわせてパックを動かすのがポイント。    

 

 080210_142602080210_142501

  

 

 

 

 

 

あとは闘うポケモンさえ選べば、自動的に能力値が計算され、上回った方が攻撃し、相手チームにダメージを与えます。その際にそれぞれのポケモンの攻撃ムービーが流れます。

相手チームのHPをゼロにしたら勝利☆ ゲームの結果が別売りのメモリーキーに保存されるのもやりがいがあっていいですね♪

 

 080210_142901080210_145001001_3   

  

 

 

 

  

というわけで、優君は新しいゲームにうきうきしておりまして、特に新しいポケモンをたくさん集めていけるのがうれしくてならないようです(;^_^A

 

でもお父さん的には、うーん……ぶっちゃけまだあんまし面白くない(苦笑)

ルールが単純すぎて(いや奥は深いのかもだけど(;^_^A)、ムービーとかもドラクエとかと比べたらすごく地味だし、盛り上がりに欠けるというか……淡々と進んでいくって印象で……そりゃぁまぁポケモンは可愛いですが(><)

優君ははまるとのめり込むタイプ(ただし飽きやすい(苦笑))なので、しばらくは遊びの主力となることと思います。とりあえずはパックを集めねば……

 

 

最終回(2/10)のゲキレンジャー

 

◎修行その49「ズンズン!獣拳は、ずっと……」

 

二つの流派は一つとなり、今最後の戦いが始まる!

 

  

……っていっても

激獣拳と臨獣拳の違いがよくわからないからそんなこといわれてもなぁ(苦笑)

まぁでも一応、三拳魔の秘伝臨技「慟哭丸」でロンを封印したので、役に立ったといえばたったのか……

 

でもぜんぜんカタルシスがねぇよ!(゜ロ゜)

 

……やっぱもう相変わらずで仕方ないんだけど慟哭丸をマスターするにしてももうちょっとちゃんと修行をデスね(-_-)

確かにイメージの中の臨獣殿における型稽古は、最後の最後でちょっとカンフー戦隊らしかったですが、ゴウ兄さんとケン、そして七拳聖がほんのあれっぽっち時間稼ぎしてる間に修得されちゃぁなぁ……
(ところで最後までよくわかんなかったのが、七拳聖の「不闘の誓い」で、普通に闘ってるじゃん(^_^;) それに結局闘っちゃいけないワケでもあったの? どこかで説明されてたっけ??)

 

はっ!? もしかしたらあの空間は「精神と時の間」だったのかも!? きっとあの中で一年くらい修行してたんですよ!! そうだ、そう思うことにしよう!!(>_<;) 脳内補完だ!!

 

で、倒せないから封印……も別にいいんだけどさぁ……やっぱ最後なんだから巨大戦ぐらいやろうよ……(・ω・`) 無間龍形態はサンヨがいないとダメなのかもしんないけど、同じ封印でもギリギリまで追いつめてからにしてほしいよ。まぁ確かにそのまえに三人でタコ殴りにはしてんだけどさぁ……確かにここのアクションは気合い入ってたけど、でも普通の攻撃じゃなくて、激バズーカーとかさぁ……激セイバーとか激ファンとか……今更かもしんないけど、ほんとにおもちゃ売る気ないんだなぁと……(+_+)

 

というわけで、

ごめんけど盛り上がりきれないまま終わってしまいましたさ……( ´_ゝ`)

 

エピローグはまぁあんなもんでしょ? とりあえずケンの「旅先で知り合った女紹介してくれ。オレがいーたいことはそれだけだ」に笑って、最後まで「まいったぜ」だけでキャラ立てをさせられてるゴウ兄さんにホントまいって、スクラッチに残って子供達に獣拳の指導をするランとレツは最後まで個性が薄くて(苦笑)、香港で子供達に獣拳を教えるジャンがそこで理央に似たものを感じる少年と出会って「お前も獣拳やるか?」で「劇終」。

 

でも、「オレのさいこーのムニムニ」って言われてもなぁ。いつの間にそこまで仲良くなったんだおまえら……(^_^;) 

それよりなにより、メレはどうしたーーーー!!(゜ロ゜) なんで理央に似た少年と一緒に出てこないんだーー!! ホントガッカリだよぉ!!

 ・

 ・

 ・

……というわけで一年かけてみてきましたが、優君ウケも正直ボウケンジャーより悪かったし、個人的にもいまいちでした(-_-) 

 

カンフー戦隊という設定相対する二つの流派の宿命の対決という少年ジャンプ系バトル漫画テイストを前面に押し出したストーリー構成という試みは買うのですが、

いかんせん児童向け番組である「スーパー戦隊」との相性はあんまし良くなかったよなぁ……(+_+)

 

全体を四部構成と考えれば、序盤の修行編がまずグダグダで、中盤のスーパーゲキレンジャー編で盛り返し、新・激臨の大乱編で盛り返したものの、後半の幻獣拳編で盛り上がりきれず失速……という感じ。やっぱり子供相手にシリアスの連続ストーリー物をやるのはきつかったかなぁ。かといって大人向け……というにはもの足りないし、中途半端だったという印象。

 

カンフーアクションといっても、敵の攻撃はほとんどが超能力なので、基本的にはいつもの戦隊とかわりばえしないし(それに味方集団VS敵一人という展開も、拳法家同士の闘いって感じじゃないよなぁ……やっぱ一体一か、こちら一人VS敵集団じゃないと。それは中盤以降の巨大戦にしても同じ)、それにザコキャラのリンシーが序盤以外ほとんど出てこなかったため、なぎ倒していく爽快感もなかったしなぁ。

 

あと二つの流派の闘いというだけで、結局臨獣拳側に何がしたいんだか最後までよくわからず、一般の人々が巻き込まれる展開も少なかったので、世界の危機という感じがほとんどなく、はっきり言えば、

すっごくちっちゃい話だったという感じ……(-_-)

単なる身内のいがみ合いに一般人がたまに巻き添えをくらってるってとこか。悲鳴と絶望を集めるのも単に強くなりたいからだし (苦笑)マク様も何がしたかったのかサッパリだし、ロンにいたっては退屈しのぎだし(-_-)

 

というわけでメレ様のエロカッコカワイサ(笑)以外に著しく見所に欠ける番組でした(^_^;)

だって他のキャラの個性がやっぱ弱いのよね。特に激獣拳側が薄すぎ。レツとランは優等生すぎるし、ゴウ兄さんは「まいったぜ」しかいわないし。ジャン一人のためのお話だよな。ケンは面白かったけど、いかんせん登場が遅すぎる……(-_-) 拳聖たちも多すぎて話にからみきれてなかったよなぁ。

その点、臨獣拳側は拳魔たちもワリと個性的でしたし、ロンの気持ち悪さは実によかったです。バエも面白かったし(あ、激獣拳か)。でも、肝心要の理央様のキャラが弱すぎて……orz

  

……とダメだしばかりをしてしまいましたが、まぁ要するにたまにヒットや二塁打ぐらいは打てても、最後まで一発逆転ホームランを打つことができなかったという印象ですよ(・ω・`) やっぱサプライズといえるものがほしかったなぁ。

 

来週から「炎神戦隊ゴーオンジャー」にはもっと戦隊らしいハチャメチャさ、爽快さを期待したいと思います。何だか昔の戦隊みたいなテイストがあふれてて、ちょっと楽しみ♪

 

でも何はともあれ、スタッフ&キャストのみなさま、一年間お疲れ様でした。

  

« 2008年2月3日 - 2008年2月9日 | トップページ | 2008年2月17日 - 2008年2月23日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ