ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« 2008年1月27日 - 2008年2月2日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »

2008年2月3日 - 2008年2月9日

恐怖のフランス革命

 

「革命はいつもインテリが始めるが、夢みたいな目標を持ってやるからいつも過激な事しかやらない」(byアムロ・レイ 『逆襲のシャア』より)

 

『赤と黒』 を読んで興味がわいたのでひさびさにフランス革命のお勉強

 

いやぁしかしフランス革命というと何となく「自由・平等・博愛」のテーマのもと、封建制度による圧制に苦しめられていた人々が起こした崇高なる正義の革命、というイメージがありますが、

 

大人になって勉強しなおしてみると、その実態はすさまじく陰惨だよなぁ。特にいわゆるジャコバン派独裁による恐怖政治の粛清につぐ粛清はまさに血も凍るというか(さすが「テロ」の語源)、ロシアのスターリン独裁や中国の文化大革命、ポルポト派の虐殺、小さくは連合赤軍とかとやってることは何も変わらないよぉ|゜Д゜))ガクガク

 

大体主要人物のほとんどがギロチン送り(まぁ送り込んでた側も「テルミドールの反動」で全員同じ目にあうのですが)ってのがすさまじい。しかもみんな2~30台くらいだしね。かっての親友・恩人であっても女性であってもおかまいなし。「理性」を信奉するだけあって、「情」は一切入らないのですが、つくづく「情」が入らない「理性」は「狂気」と紙一重だよなぁ……|゜Д゜))ガクガク

  

「自由よ、汝の名の下でいかに多くの罪が犯されたことか」
 
(ジロンド派の女王とよばれたロラン夫人の名言。もちろん彼女もギロチンで処刑)

 

その他にもこの本読むまでは知らなかったですけど、ヴァンデ戦争をはじめ内乱状態にもなってるんですよね。

 

聖戦ヴァンデ〈上〉 (角川文庫) 聖戦ヴァンデ〈上〉 (角川文庫)

著者:藤本 ひとみ
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  

考えてみればフランス全土が革命で一枚岩となったわけではなく、革命政府についていけない地方(そりゃまぁいきなり王様が倒されたとか、カトリックを信仰するなとか、徴兵制に従えとか言われてもなぁ……)とかが結構反乱を起こしているわけで(ある意味戊辰戦争みたいなものか)。

そしてしかもそれを革命政府は「革命の敵」として徹底的な弾圧で応じるわけですよ。ヴァンデの虐殺なんて「民族浄化」と言われても仕方ないぐらいで、「地獄部隊」(すごいネーミング……)による一般民衆も含めた徹底的な無差別掃討戦とかをやってるんですから凄まじい|゜Д゜))ガクガク

 

しかし可哀想なのはルイ16世で、なんとなく「暗愚」、マリーアントワネットの尻に敷かれるダメ亭主というイメージ(笑)があるのですが、けっこうがんばってるんですよね。人間的にもいい人っぽいし。少なくとも彼は父ちゃんやじいちゃんが破綻させたフランス財政を立て直すべく、政治改革に努力していたわけで、でも貴族層に反対されてうまくいかないから平民層の力を借りようと「三部会」とか開くのですが、それが革命の引き金になってしかも自分は処刑されてしまうというカワイソスぶり(・ω・`)

 

ちなみにそんな大量殺戮を繰り広げたジャコバン派のメンバーですが、じゃあ悪人だったかというとそんなわけではなく、純粋すぎるほどの理想に燃える若者たちなわけで。

 

Photo リーダーであるロベスピエール(通称:「ルソーの血塗られた手」)は、私生活では高潔な紳士で知られ(ぶっちゃけ独身どころか童貞だったらしい)ていたそうですし、

 

 

 

Photo_2その美貌と冷徹な革命活動から「革命の大天使」とよばれたロベスピエールの片腕サン=ジェストは若干26歳でした。

  

 

   

そして三巨頭とよばれるもう一人の主要人物であり「ロベスピエールの第二の魂」と称されたジョルジュ・クートンなんかはこの顔ですよ!!

 

Photo

絶対いい人だぁぁ!!(゜ロ゜)

いや実際正直で慈悲深い人柄だったようですが。

……てか「メソ」?(笑) 

 

 

でもって全員テルミドールの反動でギロチン送り(-_-)

 

連合赤軍について調べたときも思ったのですが、理想に燃えていたはずの若者たちが、最終的になぜこんな狂気の暴走としかいいようがないことをしでかすのか……、これが「革命の魔力」ということなのでしょうか……というわけで冒頭のアムロの言葉に戻るわけです(^_^;) いわゆる富野節ってヤツですが、深いよなぁ……

 

フランス革命は世界史を揺るがした大事件であることは間違いないですが、ユートピアを求めた革命が逆に社会を崩壊させ独裁体制を産むという事実を示してみせたという点もあわせて歴史の教訓とすべきものだと思います。歴史上の大きな出来事には光の部分だけでなく、必ず闇の部分があるのですから…… 

 

 

新訳文庫版『赤と黒』

 

一ヶ月かかりましたが、名作の誉れ高いスタンダールの『赤と黒』を読み終わりました。

 

赤と黒 十九世紀年代記 上 赤と黒 十九世紀年代記 上
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する
赤と黒 十九世紀年代記 下 赤と黒 十九世紀年代記 下
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

  

さすが新訳文庫なだけあって読みにくくは無かったのですが、正直たるい展開が多く、怒濤の終盤にいたるまではけっこう苦痛だったりもしたので、わりと時間がかかってしまいましたよ。まぁ上下巻で1000Pぐらいはあるからこんなもんっていえばこんなもんなのですが(;^_^A

 

さて感想は……うーん。

 

こんなに登場人物に誰一人感情移入できない話は初めてだよ!!(これも正直きつかった(+_+))

 

いやね、「赤と黒」といえば、貧しい平民出身の若き主人公ジュリアン・ソレルが、身分社会に復讐すべく、その知性と美貌を武器に成り上がっていく……というフランス革命期を舞台にした壮大な野望の物語だとばかり思っていたのですが、うーん想像してたのと何か違う(;^_^A

 

確かにジュリアンは自負心と出世欲が強い若者として描かれてはいますが、ぶっちゃけこの人の出世街道って明確なビジョンはなく常に行き当たりばっかりだし。もっとクールな策謀家をイメージしてたのに、感情(というか恋愛)に振り回されてばっかりだし(^_^;) てかこれ恋愛小説じゃん。「十九世紀年代記」とか大層なサブタイトルついているので政治小説や歴史小説みたいな感じでとらえてましたよ。

          

DVD 東京大学物語 しかし 何だかこのプライドの異様に高い秀才のからまわりっぷりは『東京大学物語』の村上君を思い出しました(笑) すぐに「こうするのがボクの義務だ!」と一人で盛り上がるジュリアンは何だかおまぬけで、しかもその内容は「この場面ではこの人をくどかなければボクは男としておしまいだ!」とかの意味不明な勘違いっぷり。まぁでもそういうとこが若者らしいといえば若者らしいのですが……

 

  

んでもって棚ぼたで出世の道が開かれるものの、自業自得な原因で破綻。なおかつそれを逆恨みして暴走して自滅。なのに最後は周り中から(被害者からさえも!)同情され、裁判では自分がこんな風になったのは社会のせいだ!みたいなことを口走り、処刑されておしまい(←ネタバレなので伏せ字)って、なんなんだよおまえは……(T_T)

他の登場人物たちも偽善者な聖職者たちとか、陰湿な同級生たちとか、いけすかない貴族たちとかばっかりだし(あー材木商の友人は言いヤツだけど、何が良くてジュリアンなんかの親友なのかさっぱり……)、そして肝心なヒロイン二人組も、妄想爆裂で高慢ちきなお嬢様頭がお花畑のご婦人とかなので、個人的にはちっとも……(-_-)

 

というわけで超本格歴史大河ロマンを期待していたらすっげぇちっちぇ話でした……

ただまぁ青春小説として読めば、これはこれで面白いとは思います。ハッキリいえば、ジュリアンの青さ故の痛さ加減を愉しむ話ですな(苦笑)

 

それにしても

何がどう「と黒」なのさ!? 最後までちっともわかんなかったよ!!(>_<;)

 

PS ちなみに作者はタイトルの意味についてはノーコメント。専門家の間でも、「兵士の服である赤と僧侶の服である黒(どちらもジュリアンの目指したもの)」「ルーレットの赤と黒から『一か八か』の意味」など諸説あるようです。

  

 

  

 

 

 

食の安全?

080207_072901 今日の朝ご飯には定番のパンの他に

レトルトの中華スープがついてきたのですが、

←フカヒレ入りでおいしゅうございます☆ 

 

  

 

それを見るなり優君が一言。

 

「中華スープ? 毒が入ってるのか!?(゜ロ゜)」

 

(苦笑) 

 

優君相手に別にそんな話をした覚えはないのですが、

親の会話をよく聞いているものですね(^_^;)

 

ただその後、続けざまに言ったのが、

 

「め、命中率が下がるぞ!!(゜ロ゜)」

 

って何の話なんだよ(笑) 

「毒消し草」でも飲ませればいいのかしら(;^_^A

R-15ぐらいだったり(笑)

 

昨日の続き。今度は他のお店(笑)

 

あの人ってさー実はドMらしいよ☆

だってあんなとこにあんなものさされてよろこんでるなんて……(*/ω\*)

え、どこに何をですって? うふふ♪それはね……

 

  

 071230_160701  

これを机の上に置く度胸はないわぁ……

 

 

 

 

  

タイトルをみてちょっとドキドキ(*/ω\*)してた人

 

正直スマンカッタ!(^_^;)(笑)

 

ムンクがさけんじゃったり

 

会議会議でつかれたので小ネタ(+_+) 

13時間勤務はさすがに多少こたえるね。

 

とある雑貨屋にて。

 

080203_110001

 「まさお」って誰だよ(笑)

 

 

 

 

あ、こんな商品もありましたよ。哀れ……R2D2(^^;)

 

080203_110002  

今週(2/3)のゲキレンジャー

 

◎修行その48「サバサバ!いざ拳断」

 

えーと……もう終わって良いですよ?

メレ様のいないゲキレンジャーなんかぶっちゃけ用はないや(苦笑)

 

ヒロインが最終回の前の回に死亡するなんて主人公が死亡した龍騎(一応伏せ字☆)を上回る衝撃だよ!! ( ゜Д゜) 

 

まぁ来週また出てくれるかもしれないから見るけどさぁ(-_-)

 

……それにしてもしつこいよロン(-_-)

最終形体の無間龍まで出してきたけど……うーん全然燃えない……

だってすでに最大ゲキリントージャ&理央に二連敗してるわけで、再生されたから強いって言われてもなぁ……単に不死身ってだけじゃあ盛り上がらないんだよなぁ……

 

こんなにハラハラドキドキしない最終決戦も珍しいというか……( ´_ゝ`)

もううざいからさっさと倒しちゃってくれよ、ぐらいの感じ。

それにしても後30分もいるのか? この話??(^^;)

 

まぁとはいえ、いいシーンももちろんあって、特に自爆した理央の脳裏に浮かぶビジョン、暗い雨が止み、光の中でメレが迎えにくるというのには泣けましたね。メレ様の笑顔に!!ヽ(゜∀゜)ノ(笑)

あと理央とメレがあっさりと許されて仲間になるという展開にしなかったのもよいね(これについてはレツとランが圧倒的に正しいさ!(゜ロ゜))。臨獣拳士としての誇りを失わず、ロンに挑んだのは良かったよ!

  

ただ、「受け取ってくれ臨獣拳アクガタのすべての臨技だ」には、この番組のお手軽パワーUPには見慣れたつもりだった私もさすがにふっとびましたさ ( ̄□ ̄;)!! 

がっくし

 

Sc05_003_card 土曜日は大怪獣バトルでスーパーコンボの「ウルトラセブン」が!

  

  

  

 

S_009 日曜日はDQMBでスペシャルカードの「秘剣ドラゴン斬り」が!

  

 

 

 

見事にあたりましたーーーーーーーー!!ヽ(゜д゜≡゜д゜)ノ

 

  ・

  ・

  ・ 

他の子に……(・ω・`) 

ちなみにウルトラセブンは後の子、ドラゴン斬りは前の子orz

   

毎回コインを入れると、「いいのが出てください、お願いします(><)」と目をつむり手を合わせて神仏に祈る優君なのですが、この結果にさすがにがっくり。家に帰るとさめざめと泣いて´ΩωΩ`、寝るまでぐだぐだ言う始末です(^^;) うぜぇ(苦笑)

 

まぁ大怪獣バトルの金レアやスーパーコンボをあてた事は一度もないし、DGMBのスペシャルカードも開始4回目ぐらいで(今思えば奇跡的ですが)「ゼシカ」を引いて以来一度も引いてないのですから、無理もないのですが……

どうして他の子達はあんなに当たり前のようにスペシャルカードを持っているのだろう……(-_-) 「ドラゴン斬り」の子なんか全然喜んでなかったし……せめて「やったー!」とか言ってほしかった……

   

しかし特にドラクエなのですが、他の方もそうだと思うんですけど、すでに持ってるモンスターばっかりじゃないですか?(^^;) もしくはスペシャルカードみたいにほとんどあたらないものか。

しかもドラクエは同じモンスターならノーマルだろうがレアだろうがゴールドだろうがロトだろうがモリーだろうが能力値がまったく変わらないので、ありがたみがない……ってのもあるのですが、正直飽和状態。

まぁモンスターの組み合わせを愉しむゲームであるのは分かっているのですが、何のカードがあたるかもやっぱ愉しみなわけで。さすがにほぼ毎回持ってるカードが当たられてもなぁ……その意味で今後どう展開させていくつもりか分からないのですが(第3弾からのダブルスキャンはいいアイデアでしたが)、正直そろそろ新鮮味の意味で厳しいのではないかと。早くうわさの対戦台が稼働しないかしら(><)

 

それに対して大怪獣バトルはいよいよ第六弾になりますが、新怪獣も続々追加となりますし、毎回カード編成が一新され、しかも一枚一枚能力値が違うというのは楽しみです。相変わらず使い勝手は微妙ですが個性豊かな技カードもあるしね。シナリオが追加されていくのも愉しみ☆ ただまぁゲーム内容自体は代わり映えしないですし、怪獣ごとに能力に極端な差があるわけでもないのですが(^^;) というわけでこちらも現在ややマンネリ気味( ´_ゝ`)

  

そんな中で、すっかりやさぐれつつある優君は新たな刺激を求めて「ポケモンバトリオ」なぞに手を出そうとしつつある今日この頃です゜+.(・∀・)゜+.゜(笑)

そしたらすっかり機嫌なおして、「早く来週にならないかなぁ」とか言って寝やがりましたよこいつ(苦笑) なんてげんきんな……

 

今週(2/3)のキバ

 

◎第二話「組曲・親子のバイオリン」

 

あー面白いかも。キバ。電王より好み☆

だってオレそういう顔してるだろ?

 

平成ライダーは、

 正当派:クウガ・アギト・555・剣・カブト

 異 端:龍騎・響鬼・電王 

と分かれていますが、

戦隊がメカの年とファンタジー&動物な年を交互に繰り返して飽きさせないようにしているように、仮面ライダーも正当派な年と異端な年を交互にしていくのはいいことかもね。

 

さて、今回のお話ですが、アバンがキバットによるモディニアーリの解説って(笑) 毎回これやってくれたらある意味すげぇよな。でもモディニアーリの絵自体は出さないのね(;^_^A

 

二回目ですがOPカッコイイねぇ! 「タンタンタタタン……♪」の流麗なイントロの後で一転してワイルドに始まる主題歌が、耽美かつワイルドな映像と実に良くマッチしてます。優君も「曲がいいよね」と気に入ったようですし。相変わらず何言ってんだか聞き取れないけどな(苦笑)

 

しかしさすがは井上御大の脚本。すでにたくさんレギュラーキャラが出てるのに、二回目にしてみんなキャラがそれなりに立ってる気がするよ!(><)

クールで真面目なゆり(でも犬嫌い(笑))、姉御肌な恵、保護者でお母さんな静香、体脂肪な指揮官(あ、マスターのキャラはまだびみょー)、気取り屋だけど頼れる相棒キバットなどなど。

そしてその中でも、一見キザなナンパ男だがくせもの臭ぷんぷんの過去編の主人公・音也ヴァイオリンにしか興味のない変態オタクの主人公・渡(「この世アレルギー」はやはり一発ネタだったか……)と主人公達は特にがんばっています(^^;)

 

そして今回の最後にはキャッスルドランの西洋妖怪三人衆も登場! 誰だよ電王のパクリとか言ってた奴らは! イマジン食堂車とは雰囲気違いすぎだよぉ!(^^;) せーらーふく!! せーらーふくの男の子が一人いるし!|゜Д゜))ガクガク た、耽美怖い…… 

 

しかし過去編……今度は「バナナの涙」かぁ!(゜ロ゜) 1986年のキーワードはおにゃん子クラブしかないのかよ(苦笑) まぁ男性制作スタッフたちは当時まさにストライクゾーンだった世代なんだから仕方ないのか……(^^;)

 

キバは作品としてはアクションに力を入れたいようで、今回も渡君以外、生身アクションみんながんばってます! 前回に引き続き、戦うヒロイン達もがんばっていますしい、今回は音也まで大活躍! さらに過去編ではゆりちゃんが早速水落ち!! 撮影は冬だというのに!! ナイスガッツ!!(>_<) でも、あんましがんばらせるとまた降ば……

そして今回のキバのバトルはバイク戦! アクションシーンカッコイイ!!(><) キバのワイルドなコスチュームはああいう大型バイクがよく似合うね。渡君はママチャリとか似合いそうだけどな(笑)

 

そして必殺の月夜キック!! 今度はアスファルトにキバの紋章が!! やっぱライダーはキック、それも跳び蹴りだよなぁ……(><) そしてキック発動までの手順が多いのも燃えポイントですよ!

 

というわけで2話目も楽しく観ました。現在と過去が交互に出てくると試みはいまのとこワリと面白いです。一粒で二度美味しいってやつ? 個人的には親世代と子世代がリンクというと大好きな作品である「ファイアーエンブレム聖戦の系譜」を思い出すのですが、その二つを同時進行で観られるというのはなかなか斬新です。主人公とヒロインのキャラが現在と過去で大きく違うのも面白い☆

まぁ正直、まさか毎回打ち漏らしたファンガイアが22年間も放置(しかもあんな有名人なのに(苦笑))されてるのかよ!(゜ロ゜)とか思わなくもないですが、今後この複雑な設定がさらに大きなドラマを産んでいくと信じて、見ていこうと思いますo(^-^)o

来週も日曜早朝からウェイクアップ!(><) ですよ!!

 

  

魔道砲と真イオナズン

 

恒例の親子行事である休日ゲーセン(><)

 

DQMBではもう竜王も倒したことだし、今日はまだ使ってない合体必殺技を見てみようということでメンバーをセレクト♪

 

080203_153601 まずは「魔道砲」!

  メタッピーが反射板(&増幅装置)となり、そこにゴールドマンとキラーマシーン2がそれぞれ灼熱攻撃を発射! メタッピーがそれを受け、更に破壊力を増幅して相手チームへと照射!!

  

  

 

080203_154501080203_154601

うーん波動砲というより反射衛星砲、っていうかむしろソーラレイ? どちらにせよ相変わらず演出ド派手です☆

 

 

 

このメタッピー&ゴールドマン&キラーマシーン2はチームとしても優秀で、魔王戦までいって宿敵ドルマゲスを見事撃破! まぁゼシカのマジックバリアと必殺技主体で戦ってきたため3戦目でようやくとどめの一撃が発動したおかげなのですが……

 

080203_155401 080203_155501 080203_155502

 

 

 

 

 

  

080203_161102続いて、「真イオナズン」! 「イオナズン」といえばもともとベビーサタンの技で、唱えるもののMPが足らずに発動できず、やけになって手にした巨大フォークで攻撃するというギャグ技だったのですが、人面樹の「不思議な踊り」、そしてパンドラボックスの「魔力吸収」によるサポート(MP提供)を経てついに必殺技として炸裂!!

 

080203_161201 

本を読みながら詠唱するのがお茶目(笑) しかもその後、呪文の威力でふっとばされるのもラブリー☆

  

 080203_161202 

でも結果は大爆発だけどな!(^^;)

 

 

 

というわけで、第4弾の二大必殺技をたんのーしてきました。DQMBのお楽しみといえばド派手な必殺技!(><) 次はどんな技が見られるか楽しみですね♪ 

« 2008年1月27日 - 2008年2月2日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ