Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »

2008年1月20日 - 2008年1月26日

大怪獣バトルカードゲーム:リプレイ①

 

というわけで、「大怪獣バトルカードゲーム」の普及を目指して今回は優君とのリプレイを紹介します!!(><)

 080120_095801

準備するもの:対戦ボード(100円ショップで買ったホワイトボード)、マーカー、サイコロ2個(3~5個あると便利)、怪獣カード、応援カード(怪獣カードにまぜる)、技カード、ルール表(記事を打ち出してもらえれば……まぁじきに覚えられますけど)

 

080126_103601ちなみに対戦ボードですが、怪獣のスペック(P(パワー)、A(アタック)、D(ディフェンス)、S(スピード)、応援怪獣、技カードの使用タイミング)や、状況の覚え書き(必(必殺技パワー)、G(ガードボーナス)はいくらたまったのか(「正」の字で記入)、両者のSの差)をメモしておきます。一目で状況が整理できて便利です。

 

 

さて、まずは目をつむってカードを引き、「リーダー怪獣」を決めましょう!!

今回の対戦、優君の引いた怪獣カードは「宇宙怪獣:エレキング」!

そして私が引いたカードは「宇宙忍者:パワードバルタン星人」! 

  

「エレキング」
 ……P700、A1000、D600、S600、
    必殺技「スピンテールアタック」
2100

「パワードバルタン星人」
 ……P700、A700、D500、S1000
    
必殺技「串刺し攻撃」1500 

 

優君「速い! 速すぎる!! 400も違ったら勝てっこない!(>_<。)」(よっぽど強くない限りいつも泣き言を言います(苦笑))

「いや……勝ってるのスピードだけなんすけど……(^^;)」

 

この後サイコロをふり、技カードのタイミングを決めます。優君は⑤なので最後の70%ライン、私は①で最初の30%ライン!!

 

ではいよいよゲームスタートです!(><) (つづく)

愛しのカネゴン☆

 

自分のお誕生日プレゼントに優君が欲しがっていた「大怪獣バトル」のDVDを購入しました。

 

大怪獣バトル ウルトラモンスターズ カードDVDゲームボックス 大怪獣バトル ウルトラモンスターズ カードDVDゲームボックス

販売元:e−MEDIO
楽天市場で詳細を確認する

そう聞くと、「あら、優パパさんたらお子さん思いで優しいのね☆」という好意的な反応が返ってきそうですが、

思えば、優君の1歳のクリスマスプレゼントにPS2を買いましたので(笑)、まぁ借りを返すようなものです。

いやちゃんと「優君PS2欲しいかぁ?」「だぁー」「お父さんに貸してくれるかぁ?」「あぅー」と了解はとりましたとも!! ( ゜Д゜) なんてお父さん思いの良い子でしょう!!

 

DVDは2枚組で、1枚は現在BSで放映中の「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」の宣伝。そしてもう1枚にはゲーセンの「大怪獣バトル」の第一部全9話の映像が全部収録されています。実際にバトルができるわけではありませんが、話の途中でカードを三択の中から選び、その結果で映像が変わるというゲームBOOKのような方式です(ヒントがあるので簡単ですが(^^;)まぁそこは子供用)。

あと第三弾までに登場する全怪獣の必殺技ムービー集が楽しいです♪ 観たことないのもいろいろあってよいっす☆ んーでもこうして改めてみると、面白い技もあるけど、名前は大げさだけどただビーム打つだけのやつ(「ウルトラ兄弟必殺光線」など)とか多くてドラクエに比べるとやっぱ地味だよなぁ……ここらが人気の差か……(-_-)

 

しかしまぁDVDの中身よりも、どちらかというとおまけのカードがうれしい!(笑)

第1~3弾のレアカード12枚セットは半分以上持ってないやつだったので素直にばんざいです!ヽ(゜∀゜)ノ これで大怪獣バトルカードゲームも盛り上がるってもんさ!! あとこの12枚のカードを使ってのカルタゲーム(てか怪獣クイズ?)もついてます。

 

080114_112902

そして第六弾からの先行カードとして「コイン怪獣:カネゴン」のカードが!!ヽ(゜∀゜)ノ

   

 

  

というわけでさっそくレッツプレイ!!(><)

080114_105802 080114_105901  

  

  

 

  

コイン食べて巨大化! カネゴンは本来人間大です。

  

080114_105601

 モンスアーガと対戦。なんかペンギンみたいに手をふりふりするしぐさがラブリー(*/ω\*)

 

  

 

080114_105604 080114_105701

 

 

 

 

 

必殺技はやる気のない構えから、いきなり「いっくよー!」でジャンプして相手に飛び乗る「カネゴンプレス!!」 

080114_105801

 

モンスアーガ圧死……

  

 

  

というわけでイチイチ仕草がラブリーなカネゴンでした。ぶっちゃけピグモンやガラモンより可愛いと思います(だってあいつら顔怖いし……(^^;))。ニューアイドル登場か??

 

でも、正直弱いからもう使わないけどな゜+.(・∀・)゜+.゜(笑)

はやく他の第六弾カードでもプレイしてみたいなぁ♪

  

PS タイトルの元ネタ。映画にもなりました。観てないけど(^^;) ちなみにさらにこの本の元ネタは広島の幻の怪獣ヒバゴンです。

重松清/いとしのヒナゴン 重松清/いとしのヒナゴン
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

  

ドラえもんと優君とわたくし

 

「あひゃひゃひゃひゃ(*^▽^*)」

仕事を終えて家に帰ってみると、優君のけたたましい笑い声が。

 

「おかしすぎてさー笑いまくってるんだヽ(゜∀゜)ノ

 あーおかちぃ(>_<。)」

ちょっと心配になるほどの爆笑ぶりです。

気が付けば、どうやら漫画を読んでいる模様。

 

「あーつかれた笑いすぎたぁ。

ドラえもんがおかしすぎてさー(^o^)

あーおかしかったよー」

 

080117_200501ぜーぜー言ってるよこの子(;^_^A

実家で借りてきた「ドラえもん」

可笑しくてたまらなかったみたいです。

←優君が爆笑した一コマ。 

 

 

ちなみにこのドラえもんは私が小学校の頃買ってもらったもので、

お父さん的にも懐かしいぞ゜+.(・∀・)゜+.゜

  

私が小学生だったころ、父親は仕事がとても忙しくて

しょっちゅう出張に行って不在だったのですが、

その埋め合わせに出張にいくたびに、

「ドラえもん」を一冊お土産に買ってきてくれてまして、

それがとても楽しみでした(><) 

ぶっちゃけ早く出張に行ってくれないかとさえ……(笑)

 

それが今こうして優君へと受け継がれている……

何か歴史を感じますね。

   

ちなみに小学生時代のあるとき家族でお出かけする予定だった日に

私が高熱を出したときがありまして、

他のみんな(父・母・兄)は旅館に予約をとってたので

お出かけしたのですが、

私は可哀想に祖母にまかせて置き去りにされました。

まぁ動けなかったのですが(-_-)

 

そのとき、「かわりにおもちゃを買ってほしい?

それとも『ドラえもん』がいい?」と尋ねられて

子供心にずいぶん悩んだ末、

はまっていた『ドラえもん』を買ってもらいました。

 

でもですね、よく考えてみれば、

『ドラえもん』は親父が出張すれば

いくらでも手に入るわけですよ!(゜ロ゜)

 

後でそのことに気づいて、

「しまった…おもちゃにすればよかったぁぁぁぁΣ(;△;`)」

としばらく後悔したこともよく覚えていますw 

まぁ買ってもらった「ドラえもん」は面白かったのですが……

 

さてさて、優君がそんなに気に入ったならば☆ 

と本屋につれていき、「ドラえもん」を物色。

ドラえもん (1) (ぴっかぴかコミックス) Book ドラえもん (1) (ぴっかぴかコミックス)

著者:藤子・F・不二雄
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  

「優君、これはね小学生低学年向けに

絵や字が大きくて漢字が少ないんだ(小学校三年レベルまで)。

コマに読む順番もふってあるし、これとかどうよ?」

「やだ、普通のがいいんだよ(-_-)」

 

おいおう大丈夫かよ幼稚園児……と思いつつも、

小さい頃からお母さんに読み聞かせをしてもらい、

6歳児としては圧倒的な読書量を誇る優君

(しかも最近はドラクエの攻略本に首っ丈)。

公文式ですでに小2の漢字までたたきこまれてることだし、

まぁ字は小さいけど、ふりがなは全部ふってあるし大丈夫か…… 

 

というわけで、

藤子不二雄f/ドラえもん プラス 1 藤子不二雄f/ドラえもん プラス 1
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

 

を2冊購入。

全45巻(だっけ?)には収録されていない作品を集めたもので、

これなら実家のとダブらず、

私も読んでないので楽しめそうです゜+.(・∀・)゜+.゜(笑) 

お誕生日でした☆

 

いえ私の(笑)

 

年男なのでとうとう24になりました゜+.(・∀・)゜+.゜

 

 

もちろんウソですが(-_-)

あ、優君が12×3=36を即答しましたよ。さすが公文式えらいねぇo(^-^)o

 

080124_232901職場で同僚から金ちゃんセットを♪、優君からはモンスターバトルロードと大怪獣バトルのオリジナルカードをもらいましたよ(笑) さて何かおわかりでしょうか?

 ↓

悪魔神官とグドン

 

というわけでワイン飲んでいいかんじ~☆(*^ー゜)b

はっ、仕事をせねば!(苦笑)

 

ちなみに正式な誕生プレゼントはまた買いに行くです!(><)

 

大怪獣バトルカードゲームを作ろう!④-コマンドバトル&ダメージ-

 

①・②・③の記事と続けて御覧下さい。一応今回でルールの説明は最後です!

 

【コマンドバトル】

① アタックバトルでの数の差によって攻撃回数が決まります。

    1~300……2回、 400~ 600……3回
  700~900……4回、1000~    ……5回

 ※300で割って(10の桁は切り上げ)+1で計算。ただし最大5回まで。

 

② 攻撃回数の分だけジャンケンをして、勝ちもしくは引き分けならアタック「成功」、負けたら「失敗」です。

  なお、もしも1人でやるときは、サイコロをふって1・2がでたら「失敗」となります。

 

③ 攻撃の当たった回数だけ相手にダメージを与えます。1回のダメージの出し方は、

  【自分のアタック値+サイコロ当たった回数分×100―相手のディフェンス値】

    を10分の1にしたもの。

 (例:【こちらのアタック値700+当たった回数3回でサイコロ3つ振って10×100-相手のディフェンス値600】/10=110のダメージ!)

   ★ただし最低でも当たった回数×10のダメージはあたえられることとします。

 

④ なお、相手の攻撃を防いだ数だけ「ガードボーナス」が100つきます。この数字は累積されていき、たまればたまるほどアタックバトルが有利になります。

 

⑤ なお、相手の攻撃を完全に防いだ時には、パーフェクトガードとして、逆に相手に防いだ回数分のダメージを与えることができます。さらに防いだ回数分のガードボーナスもつきます。ただしこちらの必殺技パワーは溜まらず、逆に相手の必殺技パワーは1溜まります)。

 

※ ②大人同士がやる場合もクールにサイコロで決めた方がいいかもしれません。でも子供相手だとこのジャンケンバトルが熱いのです!(><)

※ ダメージ値に関してはもっとスピーディなバトルを楽しみたい場合は、+50ぐらいするとゲーセン版の感覚により近づきます。ただそうするとあっさり終わりますが……

※ ④「ガードボーナス」はゲーセン版は1回につき200つくのですが、このゲームではそれではバランスが崩れすぎるので1回につき100としました。しかし、攻撃を受けた側にどんどん強くなるチャンスがあるこの大怪獣バトルのルールはゲームのバランスと緊迫感の意味でよく出来てると思います。 

  

【必殺技】

① アタックバトルで勝つたびに、必殺技パワーが1溜まります(反撃では溜まりません。またパーフェクトガードをされてもパワーは溜まります)。

 

 3つ溜まったら次にアタックバトルで勝った時に必殺技が使えます(コマンドバトルは必要ありません)。

 ダメージ…【自分の必殺技値+サイコロ5個×100―相手のディフェンス値】

    を10分の1にしたもの。

(例)【自分の必殺技値3300+サイコロ5個で15×100-相手のディフェンス値700】/10=410のダメージ!!)

 

③ 必殺技を使ったら必殺技パワーは再びゼロに戻ります。

 

④ なお、「技カード」で「スーパーコンボ」のカードを引いた場合は、

 【サイコロ10個×100―相手のディフェンス値】

    を10分の1にしたもの。

  をダメージとして計算します。

 

※ 「必殺技」ダメージのサイコロを振るときには、是非、「赤色凍結光線!!」などと必殺技の名前を叫びながら振りましょう(笑) 盛り上がりますよ☆

 

……以上でルールの説明はおしまいです。最後までお読みいただいてありがとうございました゜+.(・∀・)゜+.゜

※ なお、後で確認しやすいようにカテゴリーに「オリジナルゲーム(ルール)」を追加しました。そこにも入っております。 

 

どうぞカードをたくさんお持ちの皆様、是非、「ややこしいなぁ」とか思わずに一度試しにプレイなさってみて下さい!m(_ _)m

 

我が家では毎日、これで優君とちょっとした時間を見つけて遊んでおります。大変盛り上がりますよ(*^ー゜)b 時間のないパパさんには特にお勧め(一回10分~15分程度です)。最初はルールをややこしく感じるかも知れませんが、流れはおなじみの「大怪獣バトル」と一緒ですし、基本はサイコロふってジャンケンしてたまに表を確認して……ぐらいなので、慣れたら実に単純かつ面白く遊べます。目も悪くならないし、お金もかかりませんしね☆

あ、一人プレイも結構はまりますよ(笑) たまに夜ひまつぶしにやってますw

 

また次の機会には、より雰囲気を知ってもらうために、ためしにちょっとリプレイ記事を載っけてみようかと思ってますのでよろしく!(><) 

 

PS さっそくためしてみたという方、もしくは質問や改善点の提案がある方などは、ぜひぜひコメントをお寄せ下さいo(^-^)o お願いしまーす!(><)

  

大怪獣バトルカードゲームを作ろう!③-スピード&アタックバトル-

①・②の続きです。

 

さて、このゲームは、実際の「大怪獣バトル」のように、

スピードバトル→アタックバトル→コマンドバトル→ダメージ決め

の順番でゲームが進行します。今回は、その中でもスピードバトルとアタックバトルのルールを説明します。長文になりますが、自信作です☆ 興味のある方は是非是非お読み下さいm(_ _)m 

 

【スピードバトル】

① お互いにサイコロを2個ふって、それを100倍した数と各怪獣のスピード値を足して(たとえばスピード700でサイコロの目が6なら、700+6×100=1300)、その数を比べ合います。

② 数が大きいほうが勝ち!でアタックバトルに進みます。同じなら引き分けでやり直し。

③ なお、サイコロで2がでたときには、MISSということで、怪獣のスピード値がゼロになります。サイコロの数も足しません。

④ 逆に12がでたときには、MAX!で、怪獣のスピード値が2倍され、更に12×100=1200を足します。

⑤ また、スピードバトルでの数の差によって、アタックバトルにボーナスがつきます。

   1~200  …    0(ボーナス無し)
  300~500 …+ 100
  600~800 …+ 200 
  900~1100 …+ 300
  1200~1400 …+ 400
  1500~1700 …+ 500
  1800~2000 …+ 600
  2100~2300 …+ 700 
  2400~2600 …+ 800
  2700~2900 …+ 900 
  3000~    …+1000
 

 3で割って10の桁以降は切り捨てと考えてもらえるといいのではと。

 ※③・④のルールがあるため、どんなにスピード差があっても一応逆転は可能です。

 ※⑤はゲーセン版でスピードバトルに勝った方が有利な位置からアタックバトルを開始できることを再現しています。なぜ素直に①の差そのものにしないかというと、もともとのスピード値に差がありすぎる場合、まったく歯がたたなくなるからです(-_-)

 

【アタックバトル】

① おたがいにサイコロを2個ふって100倍した数を

  スピードバトルに勝ったほうの怪獣のアタック値
      +スピードバトルでのボーナス

    スピードバトルに負けた方の怪獣のディフェンス値

にそれぞれ足して比べ合うこと。

(例:攻撃側……アタック値700+サイコロの値8×100+ボーナス200=1700

   防御側……ディフェンス値600+サイコロの数5×100=1100) 

② なお、それぞれに「ガードボーナス」がある場合には更にその数字を足すこと。

③ 数が大きいほうが攻撃! コマンドバトルへ。引き分けなら振り直し!

④ サイコロで2がでたときには、その怪獣のアタックもしくはディフェンス値がゼロに(サイコロの数もたさない)なってしまいます。

⑤ サイコロで12がでたときには、その怪獣のアタックかディフェンス値が2倍になります(サイコロの数はその後で足すこと)

 ※ ②のガードボーナスについては後述。

 ※ スピードバトルと同じく④・⑤のルールがあるので、どんなにスペックの差があっても一応逆転は可能ですし、②の「ガードボーナス」(詳細は次の「コマンドバトル」で)の影響もあるので、わりと緊迫した戦いになり熱いです!(><)

 ※ サイコロはお互い「せーの!」で振ってもいいですが、2個しかない場合は、攻撃側からふると、「押し戻せるか??」という感じで防御側がふれるのでなかなか楽しいです(^o^)

 

「コマンドバトル」そして「ダメージ決め」「必殺技」については次回に続きます!(><)

大怪獣バトルカードゲームを作ろう!②-ゲームの準備+流れ-

 

というわけで、いよいよ「大怪獣バトルカードゲーム」の遊び方の説明に移ります。

多少ややこしく感じられるかもしれませんが、すでに連日優君と楽しくプレイしておりますし、できるだけゲーセンの「大怪獣バトル」の内容と雰囲気に忠実に移植しておりますので、おわかりいただけるのではないかと……(><)

【準備するもの】

・「大怪獣バトル」の「怪獣カード」「応援カード」「技カード」(たくさんあるとより楽しい☆)

 ※ただし「技カード」の中ではこのゲームでは使えないものも多々あります(例えば「炎攻撃」になるなどの状態異常系。まぁ反映できなくもないのですが属性までいいだすとややこしくなるので……)

・サイコロ2個(ちなみに5個あると便利)

・記録用紙と書くもの(私はホワイトボードとマーカーを使用、便利です♪)

・ルール表(多少ややこしいので、②~④の記事を打ち出してもらえると便利です)

 

【ゲームを始めるにあたって】

・「怪獣カード」をよくシャッフルし、目をつぶって1枚のカードを引きましょう! それがあなたの「リーダー怪獣」となります。

 

・お互いに「リーダー怪獣」が決まったら、サイコロを振って技カードのタイミングを決めましょう。

 ちなみにパワーが70%以下まで減ったとき、50%以下まで減ったとき、30%以下まで減ったときに「応援怪獣(怪獣カード+応援カードをシャッフルしたものから目をつむって1枚引く)」か「技カード(シャッフルして目をつぶって1枚引く)」のどちらかを出すことができます。

 振ったサイコロの目が、

  1・2……70%ラインで技カード。他の2回は応援怪獣。

  3・4……50%ラインで技カード。他の2回は応援怪獣。

  5・5……30%ラインで技カード。他の2回は応援怪獣。       

となります。 

ただし、一回のダメージで一気にパワーが減って、次のラインまでいってしまった場合(たとえばパワー700の怪獣が400のダメージを喰らった場合、70%を通り越して50%ラインまでいってしまいます)、前の段階のラインのカードは発動できません。

 

・お互いにサイコロをふりあって、怪獣のパロメーターをもとに、

  スピードバトル→アタックバトル→コマンドバトル→ダメージ決め

を行い、どちらかの「リーダー怪獣」のパワーが0になった段階でゲーム終了です。もちろん0になった方が負け。

 

……以上が基本的なゲームの流れです。大体1プレイ10分前後ぐらい? どうです? なんか「大怪獣バトル」っぽいでしょ??(*^ー゜)b

 

肝心なバトルのやり方については、長くなりすぎるので、次の【その③】にお進み下さい(^o^)

【つづく】

ヤッターマン#2

 

昨日は仕事を終えるとダッシュで帰宅!(><)

 

「ヤッターマン」を観なければ!!

 

何とか間に合ったぁ(><)さぁ、あの

今や話題沸騰(笑)の新OPを聞かねば……

 

あれ? 話がもう始まってる??

「歌聞き逃したのかなぁ?(・ω・`)」

優君「えー歌無かったと思うよぉ?(゜ロ゜)」 

?(・_・;? と思って観ていたら、

 

真ん中ぐらいでいきなり

OP曲かかったー!? Σr(‘Д‘n)!

なんちゅう長いアバンだ(笑)

 

これはもともとの狙いなのか、

世論の猛批判を浴びて急遽編集したのかどっちなんだ(笑)

うーん2回目に聞いた印象はそんなに悪くはないよ??

でもやっぱひねりすぎだと思うし、

子供がマネして歌いたい曲じゃないのは確かだな(^^;)

 

お話は相変わらず可もなく不可もなく。

大体「ヤッターマン」ってもともとお約束通りの

超マンネリの緩い番組だし(^^;)

そんなすごく面白いとか期待してないっす。 

 

でもそれなりに面白かったですよ。

大食い勝負で皿ごと食べてトンズラーが負けちゃう

というのも実にアホらしくてよいです。

間違った情報を与えておいて、

ドクロリングが偽物だったといってドロンボー達に

「ママより怖いお仕置き」をする

ドクロベー様の理不尽さも相変わらず可笑しかった。

 

というわけで、家族三人おこたで楽しく観ましたよ。

特に優君は2回目にしてやっぱり

「今週のびっくりどっきりメカ」と

「ママより怖いお仕置き」がお楽しみらしくて、

実に嬉しそうにワクワクテカテカ゜+.(・∀・)゜+.してましたよ。

自分の子供のころを思い出すなぁ。

私も毎週楽しみだったもんなぁ(^-^) なんかなごみます。

 

できるだけ月曜日はがんばって帰るようにしよっと(><)♪

大怪獣バトルカードゲームを作ろう!①

 

大怪獣バトルを始めてはや半年あまり。「カードを買う」での連コは禁じ手にしている私たちですが、休日のたびにこまめにゲーセンに通う中で、いつしかカードの数も150枚を越えました(ドラクエとあわせたら一体いくらつぎこんだんだ……orz)

 

そんな中で集まったカードたちですが、実際にはゲームに使うカードはその中でも絞られてくるわけで、ほとんどのカードは使用されないただのコレクションなわけです。まぁそれでも収集欲は満たされるのでいいっちゃいいのですが、

でもなんかこうやっぱりもったいないんですよねー(´・ω・)

 

かといって売っても二束三文だしなぁ(-_-)

 

なんとかこのカードコレクションを生かす方法はないものか……(>_<;)

 

と、会議に参加しながら考える中で(←真面目に仕事をしたまえ(-_-))、

ひらめきました!

 

このカードを使って遊べる

オリジナルカードゲームを作ったら

どうだろう??゜+.(・∀・)゜+.゜

 

それもできるだけゲーセンの「大怪獣バトル」の

テイストを再現する感じで!!

そしたら優君と家でも集めたカードをもとにして

遊ぶこともできる!! 

おー我ながらナイスなアイデアo(^-^)o 

 

実は私は小学生の頃から自分なりに新しい遊びを工夫するのが大好きで、しょっちゅう新しいゲームを考えては友達に披露して一緒に遊んだりしていました(*^ー゜)b すごろくとかシミュレーションゲームとかテーブルトークRPGとかオリジナルでどんどん作ってましたし、鬼ごっこや鉛筆倒しとか消しゴム落としとかでも新ルールを作ったりしてとにかくアレンジするのが大好きでした☆ 

ちなみにこういった経験は今の仕事でもずいぶん役に立ってます。イベントなどの企画を組み立てるのが大好きだし、得意な方のつもりですo(^-^)o

 

というわけでオリジナルゲーム作りは昔取った杵柄!! ああでもないこうでもないとルールを考えていくのはとても楽しい☆ オラァなんかワクワクしてきたぞ゜+.(・∀・)゜+.゜ 会議中だけどな!!(←だから仕事しろってばさ(;^_^A)

 

そして構想を練り、試作を作ってはバランスを調整することを繰り返して、約2週間あまり。

 

ついに完成した

「大怪獣バトルカードゲーム」とは!?

 

ちょっとご期待してもらっちゃおうかな♪(*^ー゜)b

 

(つづく)

今週(1/20)のゲキレンジャー

 

◎修行その46 ギャワギャワの記憶

 

……記憶操作ができるんなら最初からそうしてやれよ……(-_-)

えーとロンが諸悪の根元であることが判明した回でした。

 

自分の退屈しのぎのためなら何でもやる(しかも手間暇かけてw)というマッドでサイコなロンは悪役として最高ですな゜+.(・∀・)゜+.゜

「吐き気を催す邪悪とは!! なにも知らぬ無知なる者を、利用することだ.! 自分の利益だけのために、利用することだ!!」

って感じです。

でもなぁ、最後の執着がメレというのは、視聴者的には美味しい展開ですが、理央がメレを憎からず思ってるって描写は全然無かったからなぁ……むしろ邪険にされてたし(苦笑)ちょっと唐突かも。まぁでも、メレちゃんは生身のアクションもがんばってるし、来週は鎖でつながれてエロエロだし、これでいいのだ!!(><)

  

そんなシリアス展開の影で相変わらずお子様対策のアクション要員であっさりとやられる幻獣ピクシー拳のヒソには涙を禁じ得ません。これで後残りは理王、メレ、ロン、サンヨの四人ですが、理央とメレは味方になるっぽいので、残りはロンとサンヨ。うーん後3話かぁ。もつのかしら……

 

PS 今回はゴリラに笑った(笑) 「ベスとセーラ」「やぶからスティック」「一番ハンサムなゲキゴリラ」ってこんなキャラだったけかなw

最終回(1/13)の「電王」

 

◎最終話『クライマックスは続くよどこまでも』

  

あー楽しかったo(^-^)o

平成ライダーの最終回でこんなにスッキリ終わったのって、アギト以来?

 

まぁお話としての突っ込みどころは山ほどあるんですが()、

「うっせーもうそういう話はウンザリなんだよ!!」

というモモのセリフがその全てを代弁してますので、どうでもいいや(苦笑)

痛快でしたからもうそれでいいんですよ!!ヽ(゜∀゜)ノ

  

「俺達はかーなーり強い!」 ダブルで決めポーズ!

「答えは聞ーてない!」

「オレの強さは泣けるでぇ!」

「お前、ボクに釣られてみる?」

「オレ参上! いくぜいくぜいくぜー!!」

 

これだけでも感無量ですが、ちゃっかり登場して美味しいとこ持って行きまくったジーク(最後の「なぜ私の名前を呼ばぬ?」「お前が行くな!」「頭が高い」のやり取りは受けた~(^o^))の「降臨!満を持して!!」、そしてベガフォーム(超久々)の「最後に言っておく! 侑斗をよろしく!!」とサービス盛りだくさん!!

そしてウイングフォームとクライマックスフォームこそ無かったですが、全フォームに変身し、最後は全員のパスによる、「俺の必殺技ファイナルバージョン!」でとどめ!!

イマジン軍団弱すぎ(生身の侑斗にさえ負けてるし)とか、デスイマジンがやられたからってなんでイマジン側が負けたことになるんだwとか思わなくもないですが、いいんですよ!スカッとしたから!! 

 

でもってその後の別れのシーンはしんみりしました。特に泣きながら椎茸尽くしをむさぼる侑斗に泣けた……。良太郎の「まだ話したいこととかあったのに……サヨナラも言えなかった……」もしんみり……(ただこの合間にチャーハン勝負のカットを入れるのはスゴイと思いましたよ(;^_^A)。

でもまぁ絶対消えてないよな!!(^^;) 電王だし(笑)と思っていたら、案の定全員無事ですよ!!

「彼らと共に過ごした時間が彼らを存在させる」

という理屈は、これまでの設定から見ても納得いく理由ではあるし感動的なのですが、じゃあカイだって消えないんじゃぁ……とかはもういいんですよ電王だから!!w

 

そして未来を守って自分は消えていく桜井さん。でもハナが存在している以上、それは愛理さんと出会った現在の桜井さんという存在が消滅しただけで、過去に戻った侑斗がやり直していくその未来で、また別の形で二人は出会うってことだよね。ロマンチック……(*/ω\*)

まぁそもそも記憶から消えたら子供も無かったことになるのか? とか、じゃあ何でイマジンに滅ばされた未来にハナがいるんだ? とか、そもそもハナは特異点なのに、何で未来の時間は修復されないんだ(-_-)とか、もう何が何だかなんだけど、いいんだよ!! 電王なんだから!!

でも最後までまさかの顔出しなしで終わるとは……桜井さんてばホントシャイ(^^;)

 

「またあおーぜ!」「いつか……未来で……」

ということで続編作る気まんまんのラストでした。

 

一年間見終わっての感想は……うーん。たまにはこういうのもいいかなぁ(^o^)って感じです。ドタバタコメディ好きだしw あまりのバカバカしさにたくさん笑わせてもらえたしその点では大満足です。ライトでポップな作品にしたかったって意図はわかるし、それを貫き、一定以上の評価を得たのはエライと思う。さすが白倉P(><)

 

あとやっぱり決めゼリフは良かったですね。ついつい口に出してしまっていました(笑) 特に「泣けるでぇ!」とか「あー××な気がするよぉ。だって俺そういう顔してるだろ?」とか。お気に入りでした。

 

ただ、やっぱこう格好いいとは言い難く(^^;) アクションとかバトルとかはたまに光る回はありましたが正直びみょー

デンライナーも後半全然活躍しなかったし。最終回は巨大戦あると思ったのになぁ。まぁ闘う電車という斬新すぎるコンセプトは良かったと思いますよ゜+.(・∀・)゜+.゜

  

後、個人的には人情路線は正直あざとくてあんまし好きじゃないのよね。たまーにならいいけど、あんまり毎回やられると……ただ、良太郎とモモたちや侑斗とデネブの絆とかは良かったと思いましたが。

ギャグ路線も、今までの平成ライダーはたまーにギャグ回とかでやるから面白かったわけで、一年通じてこうだと、やっぱシリアスが観たくなるのね。

さらに最後のあたりの謎解きの難解さはやっぱりマイナスポイントかなぁ……やっぱりややこしすぎで、お子様にはムリよ。大人にもな。

あと、正直イマジンって何だったのよ??とかはどうでもいいのですが、やっぱり敵が何がしたいのか終盤までよく分からないっていうのはお話的にはマイナスだと思います。

 

そういうわけで、総合評価としては、佳作ってとこです。一年間とても面白く観たけど、次回が超気になる!!とかじゃなかったし、全体的にまったりしてたかなって。ちっとも燃えなかったし(苦笑)

まぁ、正直これ全然仮面ライダーじゃないよなとは思ったのですが、でも平成ライダーも8作目ともなると、こういう話を間に挟むのは新鮮でよかったです。

おかげで正当派平成ライダーのかおりがぷんぷん(後ブレイド臭もw)するキバに超期待できるというものですよ!!(><)

 

スタッフのみなさん、俳優&声優&スーツアクターのみなさん、一年間楽しい番組を本当にありがとうございました!!゜+.(・∀・)゜+.

そうもいかないとは思いますが、しばしゆっくりお休み下さい。特に白倉P(笑) 

 

« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ