ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »

2008年9月14日 - 2008年9月20日

「大魔王ゾーマへの道!」第六章 勇者の挑戦!(前編)

  

モンスターバトルロード第8章「そして伝説へ」9/26(金)始動!!(≧▽≦)

 

……でもぼくたちはまだゾーマにあったこともないんだな( ´_ゝ`)(苦笑)

 

公式では「ゾーマ討伐キャンペーン」とかが開催されてますが、

そもそも逢えねぇんじゃどうしろっていうんだよщ(゜Д゜щ)

 

とやさぐれていた私たち。

先週は竜王だったしなぁ(-_-) しかも負けたし(笑)

いやもうゾーマになんか逢えるわけないと思ってたから(-∀-)、

以前からやってみたかった

080907_093701

スライムモリモリチーム

なんぞを試していたのでさすがに竜王に勝つには力不足sweat02080907_093801

でも、ビッグバンとかできて楽しかったさ!(оωо)

  

  

 

しかしまぁもう後わずかしか第7章でゾーマにチャレンジする機会はありません(-_-)

めげずにチャレンジです(優君はすでにけっこーめげてますが(;´д`))

 

まずは魔王戦。今回は怒りの魔人

ならば、「大ぼうぎょ」でアンガーパンチを無効化するか……!m9(`・ω・´)

「忘れた( ´_ゝ`)」

がびーん(゜ワ゜;) でも、まぁ気を取り直してスーパーハイテンションで猛攻撃! 2ターン目は必勝パターンの「星降る腕輪」で、怒りの魔人を一蹴!

 

さていよいよ迎える大魔王戦!!

優君は相変わらずクックツと笑いながら顔を背けています
(この緊張の一瞬が苦手らしい(笑))

「どうせまたラプソーンだよぉ(-∀-)」

 

……わたしも薄々そんな予感がしながら(´Д`)、携帯カメラを構えていたのです

 

 

 

が、

   

      

080916_092901

 

  

Σr(‘Д‘n)

   

   

 

   

   

 

 

緊迫の後編に続く!!

 

  

映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」2(おまけ)

 

このブログの常連さんである「びぶりおさん」もコメント欄で指摘されておりましたが、

 

この映画最大の謎は、

  

主人公のダイゴたちは一体いくつなんだ(゜ワ゜;)

 

ということです。

だってウルトラマンの初回放送をおそらく小学校低学年から幼稚園ぐらいの年齢の時に見ているわけですよ?

 

ちなみにウルトラマンの初回放映は1966年7月17日ですので、

 

42年前……

 

てことは、あの作品の現在が今と同じ2008年なら少なく見積もっても……あわわw

オールドルーキーなんてもんじゃないですね(^^;) 

逆にダイゴの中の人は私と同じ1972年生まれなので、その実年齢とあわせるとなると、

あの作品における現在は1995年前後くらい?

まぁティガの放映が1996年だからそう考えればちょうどあうのか(;´д`) 

メビウスとはあわなくなるけど(;^_^A 

  

まぁでもそこんところはきっと、

パラレルワールドだから何でもありなんだよ!!

ウルトラマンの放送が実は1978年で、でも日本の発展具合は1966年段階で、でもその後急激に発展して遅れた12年分ぐらいを一気に取り戻した世界w しかもそれから1年後ぐらいには反重力を開発し、帆船で宇宙に旅立てる(;´д`) すっげー 

   

ただ、作品設定的にはそれでいいとしても(いいのか?(笑))

やっぱこの映画のターゲットにしてる客層がよくわかんないのですよ(^^;)

だってあのオープニングの映像見てじーんと来るストライク世代は50近い人だし、今のお父さん世代やお子様世代はティガたちを知らないし(苦笑)

 

ちなみにちょっと想定してみました!○(・∀・)o 

  

・ウルトラマン世代:お父さん(47歳)…1966年当時5歳

・エース世代:お母さん(41歳)…1972年当時5歳

・ティガ世代:長男(17歳)…1996年当時5歳

・メビウス世代:次男(7歳)…2006年当時5歳

  

これなら完璧だよぉ!!(≧▽≦)(笑) 

ティガ世代の長男が映画館に一緒に来てくれるかどうかはかなり微妙ですが仲良し家族ということで(´ω`) そうねぇ……ガイア世代とすれば1998~99年放映だから中学生でなんとか。次男との年齢差も縮まります。

そして次男君がネクサス(2004年)から見始めたということにすれば9歳なので更に兄弟の設定がリアルに!(笑)

 

もしかしてこのブログを観てらっしゃる方で、そのものズバリの方がいらっしゃったら是非ご一報ください゜+.(・∀・)゜+.゜

まぁ何も出ませんが……(;^_^A 

 

映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」

 

昨日の代休に優君とウルトラマン映画を観に行ってきましたぁ(≧▽≦)

 

080916_092101 「大決戦!超ウルトラ8兄弟」 

公式サイト→http://ultra2008.jp/index.htm

 

 

 

そうですね、とりあえず見終わっての感想としては、

 

ティガとダイナとガイアの区別が最後までつきませんでした(´Д`)(苦笑)

そもそもぼくにはこいつらに思い入れがないんだ(´ω`)

 

いや嘘ですちゃんと感想描きます(>_<;)sweat01

ネタバレはありまくりなので注意!

 

ウルトラマンがTV番組としてしか存在しない世界に怪獣が出現、破壊される横浜の街と人々を救うため、かってはウルトラマンに憧れ、今ではそれぞれの夢に挫折してくすぶっていた若者達(&別にくすぶってないけどおじさんたちw)が勇気を胸に立ち上がる……そのとき奇跡が起こった!!

 

「夢を諦めるな!」「大切なものを守れ!」「勇気が大切だ!」というストレートなメッセージがびんびんに伝わってくる、

実にウルトラムービーらしいド直球映画!! って感じでしたが、

でもやっぱこういうのは良いよねぇ……(ΩωΩ`)

 

ただまぁ前作以上にヒューマンドラマに力点が置かれただけに、なかなか怪獣出てこないし(子供達からも「怪獣まだぁ?(´Д`)」と催促の声が出てたしな)、そもそもメビウスが序盤一人でがんばるだけで、その後は他7人もいるくせになかなかウルトラマンにならないし、お子様にはちょっと中盤はきついかな??

 

でもその分、溜めて溜めてーという感じで、

ダイゴがティガに目覚めてからの怒濤の展開には息を飲んだね!!(;゜∀゜)=3
(「ティガー!!」○(・∀・)oの変身も実に熱かった!!) 

怪獣軍団とのバトルに次ぐバトル!! やっぱウルトラマンはこうでなくちゃ!! 

 

そんでもってギガキマイラがでかい!!

なにせ顔の一つだけでも画面を埋め尽くすド迫力!! ( ̄□ ̄;)!!

優君も見終わった後しきりに、「いやぁデカかったねぇ(;゜∀゜)=3」って興奮してたし。

前作のUキラーザウルス戦も迫力はあったけど、今回の方がすごい!! まぁ映画館で観たせいもあるのでしょうが、Uキラーより厚みがあるからかな?
まぁCGくさいのは仕方ないですが……(^^;)

最初のころはティガたちの攻撃もまったく効いてなくて、こんなのにどうやって勝つんだよ(´Д`)ってノリでしたね。

 

それを最後はお約束の全員光線で撃破するのがたまんないね!!(≧▽≦)

ビバ!!ウルトラマンムービーって感じ!!ヽ(=´▽`=)ノ

 

    

……しかしまぁ感動的なストーリーだったし、バトルも面白かったし、充分に引き込まれもしたのですが、

考えてみりゃぁめちゃめちゃな話で( ´_ゝ`)

まぁそもそもパラレルであるハズのウルトラマン→メビウス世界とティガ→ガイア世界をクロスオーバーさせるためには、多少の荒療治が必要だったのはわかるのですが、

でも平行世界の記憶を持ってるっていうのは何でなんだw

自分がウルトラマンであることを思い出せ……!! って言われても、前世とか記憶が封印されてるとかじゃあるまいし(´Д`) 別次元でウルトラマンだったからといって、そんなの知らんだろう( ´_ゝ`)

はっ、そうか!! ホントはウルトラマンなんだけど自分では気が付いてなくて人間として暮らしているっていう世界なのか!(゜ワ゜;) や、ややこしいな……しかもそんな奴らバッカリが大挙して集まっている……

ってどんな都合のいい世界だ(;^_^A

でもアグルは目覚めないと……(笑)

 

それにしてもダンディ4は変身しなくても忍者なみの身体能力を持ってるし(笑)、そもそもウルトラマンが放映されてたという設定の世界なら名前が同じなとこにこそ突っ込めよ(;^_^A
ちなみにメビウスの「ジャック兄さん! それとも新マン兄さん? 帰りマン兄さん?」はツボでしたさw  

 

あと、ラストはいくら何でも蛇足だぁ(^^;) 

子供の年齢から考えてもあれから10年もたってないんでしょ? ムチャすぎるよ?? しかもいくらなんでもあの帆船でウルトラの星に行くのはムリだよ(>_<;) 夢を諦めるなとかそういうレベルじゃないよ? 

そこまでがリアル路線だっただけに、いきなりあんなことになられても……(;´д`)

マックスの最終回とかぐらい時間がたってればまだ説得力あるけどさsweat01

しかもいつのまにかジェットビートルやウルトラホーク達まで開発してるしなw

スゴイよ人類!!ヽ(゜∀゜)ノ(笑)

  

……と多少夢の無い大人ですんません( ´_ゝ`)という感想もあるのですが、

でもとても面白かったナリ゜+.(・∀・)゜+.゜ 

ウルトラマン好きならこれは観ねば!!

 

まぁちょっともったいないのが、

この映画最大のウリであるティガ・ダイナ・ガイアとの競演が客層的に微妙(苦笑)

なことかな。

だって、私や優君もそうなのですが、お父さん世代も子供達もリアルタイムでは観てないし。そしてかつて観てた子達は高校生以上くらいになってて、こういう映画を一番観ない年代だし(苦笑)

だからその分感動がちょっと薄まった感はあるなぁ……sweat02

 

でも、面白かったから、ティガとかも観ようかなって気になったよ!!○(・∀・)o

そんな風にこの作品を通じて子供達(とお父さん達w)にウルトラマンワールドが広がっていることを一番星にお祈りすることにするデス(´ω`)

  

最後に一言、

で、ちなみに何だったんだあの赤い靴の女の子は?(笑) 
横浜だからか?

 

じゃあ最後まで正体不明だった敵のボスは「異人さん」だったのか?(-∀-)(笑)     

 

今週(9/14)のキバ

 

◎第32話「 新世界・もう一人のキバ」

 

今週は私が休日出勤で優君が運動会だったため、二人そろってビデオ視聴。

 

実は前回のヒキから優君的には「どうなるんだー」ヽ(゜д゜≡゜д゜)ノと展開を待ち望んでおり、

冒頭のキバVSパールシェルファンガイア(ってことはアクアクラスの頂点ね)の激闘には超興奮!!

「そう、これがどうなるのかが楽しみだったんだ!(;゜∀゜)=3」

さすがクイーン、パールシェルファンガイアは強い!! 

ってあの真珠の弾幕強ぇよ!! ( ̄□ ̄;)!! 

「なんかドルマゲスの『あんこくのはばたき』みたいだね (O.O;)!」

だがキバもウェイクアップフィーバーの後ろ回し蹴り(てかソバット?)で対抗!!

決着は付きませんでしたが、なかなか燃える一戦でした(;゜∀゜)=3 キバにしては珍しくw

 

そしてその後、お互いの正体を知らぬ恋人同士がじゃれあいながら傷の手当てをしあうという展開が泣けるで(ノω・、)

「倒さなくちゃならないんだ(・ω・`) でも正体がわかったら大変悲しむだろう……(ΩωΩ`) 必ず正体がわかるハズなんだが……」

優君も思わず真顔でコメントです(笑)

 

さて、今回は満を持してのキング登場というわけですが、

チェックメイトフォーの役割が明らかになった回でもありました。

 

「人を愛したファンガイアを抹殺する」クイーン(種の純血を守るため?)

 

「すべてのファンガイアのあり方を管理する」ビショップ

 

「人類の進化に貢献しそうな者を抹殺する」キング

 

「タイムプレイがうまくいったら自分にご褒美を与える」ルーク

って最後は違うか!!(≧▽≦)(←「ものいい」風)

 

でもけっきょくルークは何だったんだ( ´_ゝ`) 城壁ってことだし、ファンガイアを守るための敵対種族の抹殺が使命だったのかな? ウルフェン族とか青空の会のイクサ研究所襲撃とか。

キングがそれと違うとこは大所高所から見て、ファンガイア族の危険の種になりそうな目をつんでいるところでしょうかね。でもだったらこんなに人類を繁栄させちゃいかんだろ(笑) 歴代キングがダメだったのか、それともエサは多い方がいいという王の判断か?(^^;)

そして面倒な部下の管理は中間管理職のビショップに一任すると……まぁ大変そうな仕事ですが、すげぇうれしそうにやってるからいいんじゃないっすかね(笑) 

 

さて、人間態のキングこと大牙君ですが、仮面ライダーレイの中の人とはまた髪型一つでがらりと変わるものです(´ω`) ちなみに同じ俳優さんが別の仮面ライダーを演じることは御法度と聞いていましたが(子供の夢を壊さない配慮だとか)、まぁレイの印象が極薄だったから別にいいか(笑)

そういえば劇場版の感想描いた時には気が付きませんでしたが、名前がレイで、あのかぎ爪で引き裂くのが技って、ひょっとして南斗水鳥拳すか?(゜ワ゜;) 作ってる側がその世代だから充分あり得るなw

 

しかし渡の回りの人たちって、ホント静香ちゃん以外は青空の会関係者かファンガイアばっかりだよなぁ……(;´д`) ご都合主義というか悲惨な運命っていうか…… 

 

まだ大牙君のキャラはいまいちつかみきれませんが、一見柔らかな物腰の好青年に見えて、チラチラと尊大な狂気が垣間見えるあたりがいいですね。まさにキングの風格!

まぁ「ボクのセンスをしって欲しい」といって初対面の婚約者にパエリアを食べさせるのは良くわからんセンスですがw(しかもあんな店) 

てかムール貝たっぷりのシーフードパエリアって、それは

アクアクラスの頂点に位置するクイーン(=貝類)に対する嫌がらせか(笑)

 

それにしてもまぁラストはもううんざりするぐらい予想通りの「新ライダー登場引き」だったので、次回が楽しみだぜこんちくしょう(-_-#)(笑)  

  

さて、一方、過去編ですが、

音也がゆりに結婚を迫られると急に逃げ腰になり、フラフラと真夜に惹かれていく

のをネットでは女性の方を中心に非難する向きが強いようですが、

でも音也ってもともとそういう奴じゃん(оωо)

 

なんかここんとこの展開ですっかり善人とか偉大な人扱いされてますが、それとこれとは話が別。根っからの自由人であり、芸術家肌である音也にとって、結婚生活なんか地獄ですよw そんなの最初からわかりきったことじゃないですか。

音也にとって女を愛することと、結婚という形式に押し込められたり、責任を要求されることは別次元の話なのですよ。だから同棲はよくても(それは好きな人と一緒にいたいという意味で音也的には自然)結婚はまっぴらなのですよね。それは鳥をカゴに入れて飼うようなものですから。

その点では、「ダメよ、天才が生活しちゃ」と言ってのける真夜の方がよっぽど音也の本質を分かっているわけで(てかゆりが分かって無さ過ぎるとも……)、うーんそれは「惚れてまうやろーー(*/ω\*)」って気分にもなるでしょうよ。

 

あとそもそも一人だけを愛するという発想も音也にはないでしょうしね。すべての女性を平等に(しかも本気で)愛せるのが音也で、別に真夜に心惹かれようが、ゆりも同時に愛せるんでしょうし、まぁ非難されるのは仕方ないにしても最初っからそういう描かれ方でしたよ?(;´д`)

 

ただまぁそれが朝の子供番組の主人公的にどうかは別問題としてw

※ここら辺のこと描いてたら、栗本薫の大著「グインサーガ」(この記事もまたいずれ……)の主人公の一人である吟遊詩人マリウスを連想しました。分かる人にはこれで分かっていただけるかと……

でも、こちらの恋模様も真夜の正体判明ということで、次回が大変気になるところですね!(оωо)

 

PS 今週の名護さんは一回も変身しませんでしたが、

修行のためにバウンティハンターをやっていた

という衝撃の事実が判明 ( ̄□ ̄;)!!

いやたぶん視聴者全員が

「……ボタン集めのため……ですか?」

という渡のあまりに的確な突っ込みに大きくうなずいたことでしょう(笑)

    

« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ