ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« 2008年3月2日 - 2008年3月8日 | トップページ | 2008年3月16日 - 2008年3月22日 »

2008年3月9日 - 2008年3月15日

衝撃の「かく乱戦法」!

 

今日はお仕事だったので夕方帰宅すると、奥さんも優君もおでかけ。仕方ないので、散髪にでもと出て行ったついでにふらりとゲーセンに立ち寄り、第6弾をプレイしてみると、

 

Kaijyu06_267_card 宇宙竜ナースをゲット!

(A700/D800/S900/P700)

前にレアカードの方のナースはすでにゲット済みなのですが、

Kaijyu06_266_card まぁもち歩いている

わけではないですし、

このカードを使って

プレイしてみましたさ。

 

  

080315_175401080315_175801まぁ強さはそこそこなんですけど、

すごいのが必殺技の「かく乱戦法」!

この長い身体のナースが、

ぐるぐる巻きになったかと思うとー

  

  

080315_175402 相手の周りをひたすらぐるぐると

飛び回ります!(゜ロ゜)

だんだん回るスピードが速くなって、

さぁどのタイミングで敵に突っ込んでいくのか

ハラハラして見守っていると……

  

  

080315_175501_2 倒れたぁ!? ( ̄□ ̄;)!!

別に周りをくるくる回っているだけで何もしてないのに。ま、まさか目を回させる技だったとは……(゜ワ゜;) それともうっとうしすぎて神経が参ったのか……(^_^;)

  

 

でも大ダメージだし!!!(;^_^A

 

 

個人的には「停戦の申し出」「ダダホームラン」とかに匹敵するインパクトでした(笑) ダメージが大きい分こっちの方がタチ悪いですが(^_^;)

もし持ってるだけでこのカードを使ってない方とかいたら是非どうぞ。とりあえずウケますよ。

  

PS モンスターバトルロード! いよいよ第5弾が稼働してましたね!! しばらくやってなかったのですが、明日は優君と二人で遊び転げてくる予定です!!(><)

今週(3/9)のゴーオンジャー

実にいまさらですが……(^_^;) だってやっとみたんだもの。

 

◎炎神戦隊ゴーオンジャー GP-4「炎神トラブル」

 

1_1 とりあえずスプレーバンキ……こんなに有りなのか(笑) 

顎がバーハンドルで猪木ってとこがすごすぎる(;^_^A 神だ、神デザインだ……

「元気があれば何でもできる!」「まだ試合は終わってないぞバカヤロー!」「サン!ギョー!カクメー!! よーしテメェら行くぞ-!ダーッ!!」

と次々と猪木語録を繰りだし、最後は、

「迷わず行けよ! 行けばわかるさ! ありがとー!!」

で爆死(笑)って、 

どこに行かせようとしてるんだこの番組を(゜ロ゜)

 

後は及川奈及様大活躍です! なんてったってが!!(いやさすがに目が(;^_^A)

ムチをふるうは土下座するグリーンを踏みつけるわ女王様全開ですね!!

でも、「おばさん」よばわりされてましたが……まぁグリーンとかイエローとか中の人は高校生だから(^_^;)仕方ないっちゃないですが。それにまぁケバイからなぁ……乙女じゃないよなぁ……さすがに(;^_^A 

でもまぁ体当たり演技という意味では色んな意味でメレ様以上ですから、及川様には是非頑張って欲しいものです(><)

 

とりあえず今回で炎神5体がそろい、やっとゴーオンジャー本格始動!!っていう感じです。炎神たちもなかなか個性的で新メンバーはラテンキャラにオレ様か……どうせまだまだ続々と増えるんでしょうが、いろいろにぎやかにやってほしいものですね!

明日の放送に期待します!!(><)(笑)

 

「デトロイト・メタル・シティ」映画化!

 

世にも珍しいデスメタルコメディとして

一部でカルト的な人気を誇る

「デトロイト・メタル・シティ」

私も雑誌のレビューで興味を持ち、一読してはまったので、

職場でも布教して回ったものです(笑)

 

デトロイト・メタル・シティ 1 (1) (ジェッツコミックス) Book デトロイト・メタル・シティ 1 (1) (ジェッツコミックス)

著者:若杉 公徳
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

ホントはオシャレな音楽(甘い渋谷系ポップス。カヒミカリィとかオザケンみたいな)がやりたい主人公・根岸がその方向ではまったく認めてもらえないのに、一度凶悪なメイクをほどこしてクラウザーⅢ世となれば、デスメタルの帝王と呼ばれる存在になる……そのギャップが生み出すドタバタコメディですが、このたび映画化されることに(><)!

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200803/gt2008031104.html

 

そして今回、主演の奇才・松山ケンイチが

クラウザーメイクを初披露したのですが、

 

080311gt20080311042_mde00332g080310

根岸(マッシュルームカット)

  

   

    


根岸が、クラウザーさんに!
        ↓ 

 

080311gt20080311041_mde00333g0803_2    

 ぎゃぁぁぁぁぁ ( ̄□ ̄;)!!

 

 

松山ケンイチの役者魂を感じました。原作テイストそのまんまだ。すげぇ(^_^;)

 

ちなみに原作に出てくる根岸に歌う「甘い恋人」(ホントに腰くねくねさせて歌ってくれるのね(^_^;))やクラウザーさん率いるデスメタルバンドDMCが歌う「SATSUGAI」なども曲を起こしているようで、なんだか楽しみです。

観に行こうかな……♪

 

……って

でも誰といけばいいのだこの映画……orz

一人で映画観るのはつまんないしなぁ(・ω・`) 

特にこんなギャグ映画は誰かとゲラゲラ笑って観たいよ。

  

かといってこれを家族で観に行くには

教育的に大変よろしくないような

気がいたしますしね!!(^_^;)

目玉親父シリーズ2(R-15注意!)

今日はうれしいことがあったので(^-^)、祝い酒でワインを飲んで、酔っぱらってしまった!(゜ロ゜) こんなはずじゃなかった!(^_^;) というわけで恥ずかしながらも小ネタでーす♪(ちなみにこの元ネタがわかる方が何人いるのか……)

 

先日おもちゃ屋でみつけたのですが、「目玉おやじまみれ」というものがありまして、要はちっこい目玉おやじフィギュアを積み上げていくバランスゲームなんですが、その説明書きに……

 080224_110101 080224_110102

この商品の対象年齢は15才以上です。それ未満のお子様には絶対与えないでください。

 

 

R-15キタァ!!! Σr(‘Д‘n)

 

てか何でなんだ(笑) 目玉親父はエロイのか? それとも目玉だけの人間を積み上げる遊びはバイオレンスなのか!?(゜ロ゜)

謎が謎を呼びますね(^_^;)

 

  

今週(2/9)のキバ

今週はドラえもんを観に行ったせいで、ビデオにとったためレビュー遅めですsweat01

  

◎第7話「讃歌・三ツ星闇のフルコース」 

 

んーあんまし語ることない(;^_^A

何だこのまだ七話目なのに妙に印象の薄い回は。演出も田崎監督もっとはじけようよ(-_-) 伯爵とかもっと変でもいいんじゃね?(しかし我ながらキバに何を期待しているのか……(^_^;))

 

現在と過去で常連客が失踪して……ってとこがリンクしてるんだけど、どうなのかなぁ。いまのとこ関係がよくわかんないから何とも。とりあえず次狼さんの人間襲撃は井上脚本だしブラフでしょ? もしマジなら凶悪すぎるよ|゜Д゜))ガクガク

 

しかしぶっちゃけキバ弱くね?(^_^;)

まぁ販促だから仕方ないけど、すぐガルルフォームとかになるし、そもそもキバフォームって何が強みなんだかよくわからないし(バランス?) まぁ生身の名護さんに襲われて何故か逃げまどうのには笑いましたが(><)

あとついでにちょっとウケタのが、恵さんの渡を評した「この子はね、どちらかというと出来の悪い素人なのよ」ですね(笑) こんな情けない評価をされた主人公がかっていたでしょうか?

  

あと、静香ちゃんは可愛いねぇ(^-^)

「渡にはデートなんて早すぎます!」って保護者意識と思慕が入り交じってるあたりが可愛いじゃないですか☆(でも冷静に考えれば21歳の恵と20歳の渡がデートするのは極めて自然で、14歳の静香ちゃんとどうこうなったら渡はつかまっちまうけどな(^_^;))   

恵にデート申し込まれてニコニコしてる渡にふくれたり、名護さんに目をキラキラしてるのにもすねたりとほんとにまぁ渡のことが大好きなのねぇ(^-^) まだ中学生なのですよ。可愛い可愛い。

あと、毛虫で大騒ぎする(なんか素で泣き叫んでいるような(^_^;)大変だな)のも可愛いやね。

  

まぁでも現実の中学生はここまでカワイクナイケドネー(゜ロ゜)(笑)

みなさん夢見過ぎです☆

 

「楊家将」(北方謙三)

 

楊家将〈上〉 (PHP文庫) 楊家将〈上〉 (PHP文庫)

著者:北方 謙三
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

僕らのアニキ・北方謙三先生が第38回吉川英治文学賞を受賞した「楊家将」が文庫に落ちました♪ なのでさっそく購入☆

 

北方先生といえばハードボイルド小説の大家ですが、そんな先生が歴史小説に転向!?として話題になった「武王の門」以来、すっかり熱いというより熱すぎる男の夢と生き様が詰まった北方歴史小説には魅了されていましたが(北方南北朝ものとしては次の北畠顕家を描いた「破軍の星」も熱かったぜっ!)、

武王の門〈上〉 (新潮文庫) Book 武王の門〈上〉 (新潮文庫)

著者:北方 謙三
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

でも実は「三国志」も「水滸伝」も北方版は読んでないんだよなぁ(;^_^A いやね、ちょっと長すぎてですね。おじさんには根気が……(苦笑) 

 

さて、そんな男の生き様を書かせたら日本一の北方先生が挑んだのが、中国においては誰でも知っているけど、日本では誰も知らない(笑)「楊家将演義」。もちろんオレも知らなかったさ(笑)

「封神演義」がジャンプ漫画で人気となったり(一応、それより前に小説版で読んではいましたが)、宮城谷先生が「史記」をベースに春秋・戦国時代物を次々と世に出したり、田中芳樹先生が「随唐演義」や「紅塵」「海嘯」などでその他のマイナーな時代に挑んだりと、近年発掘が続く「項羽と劉邦」「三国志」「水滸伝」以外の中国歴史物ですが、

でも「楊家将演義」の存在は全然知らなかったなぁ……(;^_^A

 

ちなみに煽り文句には、「『三国志』を越える壮大なロマン」「『水滸伝』を超える英傑の気魄」ってあるけど、う-ん、それはいいすぎ(苦笑) 話的には小粒よ?

 

まぁ調べてみたら原作は5代目楊家将まで行くという、「JOJOの奇妙な冒険」かというぐらいの超大河ロマンで、今回の北方版はその第一部のみだから仕方ないっちゃないのか(要するにジョナサンみたいなものですな。悪の化身・ディオは孫ぐらいが倒してくれるのでしょう(;^_^A)

ちなみに原作は後半になるにつれ武人達の熱き死闘というより中華魔法合戦になっていくらしく、これもJOJOテイスト(笑)。

 

さてストーリーですが、時代は10世紀末。北漢から宋に帰順した軍閥・楊一族の頭領・楊業とその7人の息子たちの、北の異民族・遼との死闘を描いたもので、確かに面白かったのは面白かったです☆ 一気に読んだしね!(><)
宿敵・耶律休哥との行き詰まる死闘は手に汗握りますし(こういう時に知らない歴史物は面白い♪)、
楊家の方々も対する遼の将軍たちも好感が持てる(北方ワールド的には要するに「男」として熱い)キャラばかりだし、
激闘の末に迎える悲痛なラストは圧巻……(T_T)。それにしてもまさかあんな結末になるとは……わーん(>_<。)

 

でもまぁ、主人公達が生粋の武人のせいか、話的なふくらみが少なく、ひたすら楊家の騎馬隊の訓練を読まされたような印象があるのと(^_^;)、
いくら何でも楊家の息子達が多すぎで、ぶっちゃけ二郎・三郎・五郎にいたってはキャラが立ってなさすぎだとか、
遼の将軍たちが「耶律」シリーズばっかりで混乱するとか(笑、契丹族のポピュラーな姓らしいですが。てことは山田とかかぁ(゜ロ゜)!?)、
いくら大河ドラマな原作の一部を描いたものだとはいえ、四郎のオチはあれでいいのかとか(苦笑) 

多少欠点もないではないのですが、

 

まぁいいんですよ、熱くさえあればどうだって(><)

  

あ、あと新撰組物の「黒龍の棺」で土方を死なせなかった北方先生だけあって、原作をかなり大胆いじっているようです。原作じゃあ、七郎は無惨に処刑されちゃうそうですし、五郎は生き残って出家するみたいですし(あ、でも明確に死んでる描写はなかったか)、楊業の最後もより壮絶になってるようですしね。まぁまぁ知らないからいいんだけどさ。

 

でもこうなってくるとやっぱ続編の「血涙-新楊家将-」も読みたいなぁ。まぁ文庫になるまでがまんがまん(笑)

血涙(上) 血涙(上)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

  

PS 水滸伝に出てくる青面獣楊志は楊業の子孫という設定なんですね!(゜ロ゜) 呼延灼も呼延賛(楊業と親好のある武人)の子孫なのかぁ。考えてみれば水滸伝も宋の話だよなぁ。まぁ皆殺しにされたはずの関羽の子孫を名乗る関勝よりはましかな(笑)

三味線とわたくし(前編)

 

先日のことです。

「キバ」でバイオリンを気持ちよさそうに弾き鳴らす音也・渡親子を観て、

私もひさびさに三味線が弾きたくなりまして物置から取り出してきました(最近弾いてなかったもので(^_^;))。

 

ちなみに三味線は大学時代にクラブとしてやっていたのですが(「邦楽部」ってやつ)、始めた動機は、

 

①せっかく大学生になったんだし何かクラブをやってみようと思った。

②どうせなら特技にできるようなものをしてみたかった。

③勧誘してくれた先輩がめちゃくちゃ美人だった。

 

の3つで、特に③つ目が主たるモチベーションでしたね!ヽ(゜∀゜)ノ(笑)

 

それこそ手取り足取りマンツーマンで指導してもらえるのがうれしくていそいそと部室に通ったものです(*/ω\*) クラブ全体としてみても女性が多く(三味線パートは1:3くらい? ちなみに琴はほとんどが女性)、どの先輩もみなさんお綺麗で優しい?方ばかりでしたし、また後には可愛い後輩もたくさんできたしで、今思いだしてもとても充実した楽しい日々でした゜+.(・∀・)゜+.゜

まぁぶっちゃけ上手にはなれませんでしたが(^_^;)(音感も含め才能ないorz)

 

卒業後は、友人の結婚式などで余興で弾いたりとかするぐらいで(まぁしょせん素人芸ですが…。なのに、ある結婚式では警察音楽隊のトランペット奏者が演奏した後に弾かされてそれはないだろう(T_T)と思ったりしたものです(苦笑))、あまり日の目をみることはなかったのですが、何だかひさびさに弾いてみたくなりましたさ!゜+.(・∀・)゜+.゜

 

というわけで、ケースから(何が入ってるのかと思ったとよく言われます)、我が愛器・線十郎君を取り出して、袋から取り出して……

080217_234101 080217_234001_2   

  

 

取り出して……

 ・

 ・

 ・ 

080218_230301  

穴が開いてるーーー!!! ( ̄□ ̄;)!!

かなり長い事弾いてなかったから……orz

  

……というわけで修理に出すデス(T_T) この続きはまた直ってから(苦笑)

キバっていくぜ!

 

ライダースイングのキバヴァージョンを発見したので、さっそく恒例の筆箱の模様替え☆

 

080305_154801  

全員集合!クライマックスだぜぇ~!!

 

 

から

080305_171001  

俺様は上機嫌だぜぇ!!

 

 

 

にバトンタッチ。さらば電王シリーズ!!

  

080305_171101

 

ちなみにそろい踏みにしてみると、キバの方が一回りくらいなんか小さいです。もしやこんなとこにも原油高の影響かしら……(;^_^A 

   

 

  

というわけで気分一新! 来週からはいよいよ年度末進行! キバっていきます!!(><)

映画『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』

 

080309_210201 今日は封切りになったばかりの劇場版映画『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』に家族三人で行ってきました!(><)

最近は優君も漫画の「ドラえもん」を夢中で読んでおりますし、小学館の通信添削学習「ドラゼミ」を申し込んだら割引券がついてきた(三人で800円もお得!)のもあって、せっかくのお休みだし、劇場版でも観に行こうかと思いまして(^-^)♪

 

しかし映画「ドラえもん」かぁ……思えば前に行ったのは、自分が中学校一年生の春休みで、友達とグループで行きました。ネットで調べ直してみたら第6作「のび太の宇宙小戦争」ですね。
一回観ただけですが、武田鉄矢の歌うEDテーマ「少年期」の「♪あ~ボークは~どうして~おとなにーなる~んだろー♪」という切ないメロディーがやけに心に残っています。丁度響く年ごろだったのか……(ちなみに武田鉄矢さんも故・藤子F先生もこの歌が一番お気に入りだったとか)。
あと、たくさん観に来ていた小学校低学年の子達が「♪あんなこっといいな♪」のOPテーマを一緒に歌っていたのも覚えてます(何だかそれですごく中学生のお兄さんとしてはすごく場違いな気分になったものです(;^_^A)。

まぁ話はちっとも覚えてないんですけど……(^_^;)

 

さて、朝一番の8:50の部に行ったのですが、とりあえず大行列とまではいきませんでしたが、それでも少し並びましたし、お客さんもまずまずの入り。さすがは春の風物詩ドラえもん映画。

 

【注!ここからは大幅なネタバレを含みます!!】

 

続きを読む "映画『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』" »

« 2008年3月2日 - 2008年3月8日 | トップページ | 2008年3月16日 - 2008年3月22日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ