ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系


  • キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

データカードダス全般


« バドミントンの経済学 | トップページ | 『モルグ街の殺人事件』つづき(ネタバレ注意!) »

優君の読書

 

優君の小学校生活もはや2ヵ月あまり。

ですが、相変わらず学校ではちっとも遊び相手ができません(T_T)

(いや、家に帰ったら近所の子どもたちとは遊んでるのですが……)

「学校にねー朝顔があるんだ。それを一緒に見て、『伸びたねー(*^_^*)』とか言える相手が欲しいんだ(・ω・`)」

とか切ないことを言って親を泣かせるのデス(T_T)

ただまぁそんなほのぼのとした小1ってあんまし居ないような気はするけどな(>_<;)

でも、だからといって引きこもっているわけでもなく、親からみても驚くぐらい積極的に話しかけていったりするのですが、見事にスルーされております(T_T)

 

まぁしかしせめてもの救いは、それだけ相手にされてなくてもちっともめげないことと、基本はマイペースなので、それほど苦にしてるわけではないことですね(^_^;)

ただまぁそのせいもあるのか、学校自体はつまんないらしく、朝はいつも、「早く土曜日にならないかなぁ(-_-)」ってばっかブツブツ言っておりますが……(;^_^A 

  

そんな優君は学校の休憩時間はもっぱら自由帳が遊び相手で、ラクガキをしたり、迷路を作ったりして過ごしております(苦笑)

いやね、遊び道具(ラジコンとか)があったら外でも活発に遊びたがるのですが、いわゆる男の子同士での無邪気なおふざけとかは性に合わないようなのデス(-_-) 「小学校にも幼稚園みたいにブロックとかあったらいいのに!(゜ロ゜)」が優君の主張。

 

まぁでも考えてみれば、私も偏屈なガキで、外遊びは嫌いだったし、休憩時間は一人になってのんびりしたり、図書館に行って本の世界に浸るのが好きだったのですが(給食を食べるのが遅かったので、必然的に一人だったという事情もあります(;^_^A)

 

そうだ! 図書館があるじゃないか!゜+.(・∀・)゜+.゜ 本はお友達ダヨー……と思ったら、よくわからないのですが、一年生はまだ使っちゃいけないそうなのですね(-.-) なんでだよぉ。

でも、最近は「読書の時間」ということで、図書館に連れて行かれる授業もあるそうなのですが、

今日は一冊借りていくこと、という課題があったらしく、そこで優君が借りて帰ったのが、

 子どものための世界文学の森 37 モルグ街の殺人事件 子どものための世界文学の森 37 モルグ街の殺人事件
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 

こ、高度だ……( ̄□ ̄;)!! 

いや、「モルグ街の殺人」なんか、私はついこないだ新訳で読みましたヨ。

 黒猫/モルグ街の殺人 他6編 黒猫/モルグ街の殺人 他6編
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 

「他の子はどんなの借りてったのさ?(^_^;)」

 

「んーもっと子ども向けの本かな( ´_ゝ`)」

 

……って、お前も子どもだろ!!(゜ロ゜)

 

お、親としてこれは喜んでもいい状況なのでしょうか?(>_<;)  

 

PS ちなみにこのシリーズでは、H.G.ウェルズの「タイムマシン」もすでに読破したそうです。ストーリーがあるものを面白いと感じているようで、「モルグ街」も読みながらしきりに推理をしておりました。

そりゃあ同級生とノリが違うのも当たり前だわなぁ……(-_-)

« バドミントンの経済学 | トップページ | 『モルグ街の殺人事件』つづき(ネタバレ注意!) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

も、モルグ街の殺人とは・・・・優君なかなか渋いものをw
 読書って楽しいし、読解力や漢字の読みを鍛えられるのでいいですよね。
 かくいう私も中学生の時ハリーポッターに夢中になったあげく眼鏡かける羽目に陥ったわけですがw(そういえば最近あまり本読んでないな・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優君の読書:

« バドミントンの経済学 | トップページ | 『モルグ街の殺人事件』つづき(ネタバレ注意!) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ