Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »

2007年10月7日 - 2007年10月13日

猫チキさんの思い出②

 

猫チキさんを飼うことして以来、私の生活は一変しました。

部屋にはキャットフードと猫トイレ。

私が大学にいってたり外出したりしてるときは外に出してたのですが、家にいるときは基本一緒☆(車で帰ったら飛んできてドアの前で「みゃあ♪」)

とにかく甘えん坊で、定位置はベッドでごろごろじゃなければ私のひざの上でした。

夜は当然のように私のベッドにもぐりこんできて気持ちよさそうに寝ていました。とてもとてもそれが可愛くて、何だかすごく幸せでした。

朝もいつも起こしてもらってました。顔なめてくるんですよ。ただそれでも起きないと前足で目を突いてくるのは勘弁でしたが(;^_^A

 

当時の彼女さんや、家族みたいに付き合ってた女の子たちにも気に入ってもらえて(みんな猫好きでしたので(><))、チキさんがいる暮らしはみんなにとっての癒しになっていました。

   

びっくりしたのは、トイレを設置したら何も教えなくてもそこでしたことと、爪とぎ板を買ったらすぐにそれを削り始めたことでした(家具には手を出しませんでしたね)。

あと、固形のキャットフード以外はまったく手をつけないこと!(><) たまにモンプチとか買ってきても見向きもしませんでしたし(^^;)

 

というわけで、チキさんとの暮らしはとても楽しかったのですが、春に向けて一つの大きな波乱が待っていたのでした……

 

(つづく)

猫チキさんの思い出①

 

追悼企画ということで…… 

 

猫チキさんはもともと迷い猫でした(あの人なつっこさと品の良さからして、ただのノラネコじゃないと思います)。

大学院1年生のある日、下宿先の玄関ドアの向こうで、みゃあみゃぁと鳴く声がしました。

「?」って思い、ドアを開けたら、まだちっこい真っ白な子猫がトコトコと部屋に入ってきて、ベッドの上に仰向けに転がると「みゃ☆」と甘えてみせたのを今でもよく覚えてます。思えば一目惚れでしたね(*/ω\*)

その日はミルクなどをあげて外に帰したのですが(そりゃあいきなりは飼いませんとも)、その後もちょくちょく遊びにきたので、うれしくってかまってました。

 

でも、気が付けば他の部屋にも遊びにいってえさをもらったりしてるみたいで、そうなると嫉妬というかこう複雑な気持ちになり、いいんだもん(-_-)どうせこいつはエサさえもらえれば誰でもいいんだもん(-_-)とやさぐれていたところ、

 

ある日の夜、大学から車で帰ったところ、

闇の中ダッシュで走っていく白い影が!

 

勉強に疲れて遅く帰宅した私の前で、ドアの前にちょこんと座って「にゃぁ☆」と鳴くチキさんを見て、胸の奥がじんわりと熱くなって、

「うちのこになるかい?」って言った私に

チキさんはまた「にゃぁ☆」と笑顔で答えました。

 

つづく

 

猫チキさんに花束を

大学院時代以来、14年間飼ってきた愛猫のチキさん(♀)が、ガンのため昨日のお昼に息を引き取りました。

 

朝から危篤の連絡を受けていたのですが、午前中はどうしても抜けられない仕事があったため、午後からお休みをとって飛んで行ったものの間に合うことはできませんでした(T_T)

でも、実家の家族に看取ってもらって、穏やかな最期だったようです。昨日から病気の進行で食事がとれなくなり、動く事もままならなかったみたいですが、幸い今日は旧体育の日だけあって天気がとてもよく、秋とは思えぬほど暖かかったので、出血で冷えた体も温もり、少しでも気持ちよかったんじゃないかと思います。

最期まで面倒を見てくれた兄嫁がいうには、仕事が終わったらオレが逢いに来てくれるよ、って話しかけたら、「にゃぁ」と返事をしたそうです。ホントに最期まで人なつっこいやつでした。

 

箱に入れてタオルにくるまれて安置された亡骸と対面して、たくさん涙がでました。こんなに泣いたのはいつ以来だろう。

夏くらいから病気の進行がひどくなって、あんなにキレイだった真っ白な毛並みも汚れて、腫瘍ができた顔はどんどん崩れていって……だからもう長くないことはわかってて、逢うたびに心の中でさよなら(>_<。)っていってたけど。

やっぱりかなしかった。少しでも長く生きててほしかった。

   

Ts380134ひとしきり泣いたあとで、父と兄嫁、姪っ子の4人で実家のお墓のある土地に埋葬にいきました。蚊の大群に刺されながらも、穴をほってタオルから亡骸をだして横たえました。身体はもう冷たかったけど、そうされるのがとても好きだったから、頭と背中とあごをなでてやりました。死んで閉じられた目が、何だか気持ちよさそうでした。

  

 

さようなら。オレが初めて自分の意志で飼ったペット。自分が猫を飼うなんて想像もしてなかったけど、想像をはるかにこえて、チキと暮らした日々は幸せでした。

これから実家に帰るたびに、「猫チキー!」って呼べないのがさみしいよ。「にゃぁ」って答えて出てきてくれないのがかなしいよ。

 

でも、みんなに愛されながら、田舎の猫としていつものびのび暮らしていたチキは最期まで幸せだったって信じてます。思えば、食べ物をかってに食べるとか、爪をとぎまくるとか、粗相をするとかの悪さも全くしたこともまったくなく、人なつっこくて甘えん坊で、ほんとに天使のようにいい猫でした。

 

さようなら。猫チキ。安らかにね。またお墓参りにいくたびに、おまえの墓にも寄るからね。14年間、私の人生の約4割を一緒に過ごしてくれて、幸せな思い出をたくさんくれて、ほんとにほんとにありがとう。

040905_1222001

モンスターバトルロードのレビュー!

 

さてさて今回のレビューは特に小学生に大人気の

「ドラゴンクエスト・モンスターバトルロード!」

 

いついってもガラガラ、女の子や小学校中学年以上のプレイヤーを見ることがほとんどない「大怪獣バトル」とくらべると、いつも行列! 夢中になって子供たちはプレイしています。

(まぁ他のデータカードダス(ムシキングや恐竜キング、ナルト、ドラゴンボールとか)にいたってはホントやってるの見た事ないですわぁ……))

 

さてその人気の秘訣としては主たるものとしては、

 

・戦闘のアニメーションがユニークかつ派手!!(特にとどめの一撃は超ド派手!!)

・鳥山明のドラクエキャラがかわいい☆

・合体キャラや合体技があり、キャラ相互の相性などもあってカード集めにはまる!

 

の三つでしょうか。

確かに、かわいくない怪獣や気味の悪い宇宙人(いやまぁ一般的に……)のドツキ合いである(しかも実写テイスト)「大怪獣バトル」よりも、可愛い鳥山キャラがユニークかつ派手に技を繰り出すアニメ感覚の「バトルロード」の方が子供受けするのは当然だと思うのですが、

 

でも、ゲーム性……という意味では個人的にはもの足りない。

 

やっぱこう、こっちにできることが少ないんですよね。基本は3体のモンスターカードをスキャンして、モンスター達に命令を下すのですが、2種類しかないし、一部の例外を除けば、好みの方を選ぶか、どっちかはあまりに使えないから片方だけになるかなので、戦略性といえるほどでは……

それにやっぱり相手の攻撃のときに見てるだけで何もできないというのはやっぱりなぁ……せめて、タイミングよくボタン押したらダメージが減らせるとかかわせるとかは欲しかった。

だってあきらかに次の一撃くらったら死ぬってときに、ただバトルのなりゆきを見守るしかなくて……ってのは、ちょっとゲームとしてどうよと思うのね。

 

それにゲームのバランスとしてもどうかと思うことは多くて、たとえばカードのパロメーターの差はいろいろあるのですが、実感としてわかりにくいです(;^_^A チームバトルなだけに個性が出にくいせいもあるかと思うのですが……

あとやっぱ強いカードを集めないと話にならないとこがありすぎて、それ絶対勝てないから!(T_T)とかいう敵が出てくること多いです。チャレンジバトルの一回戦でドルマゲスとか出られてももうどうすればいいんだか……orz 

ゲームの難易度も選べないから、負けて終わる子がたくさんいるのも切ない……

 

そしてそれに対してその反動なのかもですが、「とどめの一撃」が強すぎる! だってそれまでちまちま200とかダメージ与えてたのに、3000超とかどうよ? まぁ色んなカードで発動できるので、超ド派手なアニメは楽しめますが、ゲームバランスとしては滅茶苦茶ですよ!!

 

要するに何とも大味なゲームなわけで、同じカードを用いても運さえよければラスボスの暗黒神ラプソーンにもあっさり勝てるし、運が悪ければいきなりドルマゲスに瞬殺される、というのはなぁ……

 

というわけで個人的にはゲームとしては「大怪獣バトル」の方が面白い! 「バトルロード」はゲームというよりアニメ! しょせん子供だましですよ! ってことでどうですかぁ?優君??

 

「でもお父さん、ドラクエは派手だから観ててすごく面白いよぉ(*^▽^*)」

 

……orz ソウカコイツハ子供ダッタ(苦笑)

大怪獣バトルをレビューする

 

今日はちょっくら大人のゲーマーの視点から。

 

優君と一緒にゲーセンでデータカードダスを初めてはや数ヶ月。

とりあえず今のトコは「大怪獣バトル」と「モンスターバトルロード」をやっているわけんなんですが、ゲームとして良くできてるなぁ……と思うとこがある反面、ちょっとこれはどうよ、ってとこもあるわけです。

まぁ子供向けに目くじらたてても……という意見があるのは百も承知で、敢えて真面目にレビューするとするならば、

 

◎大怪獣バトルの長所♪

・アタック・ディフェンス・スピード・パワー・必殺技の各要素がわかりやすくゲームに反映されているので、各カードの個性がはっきりしている。そのため、この敵に勝つにはどのカードを選べばいいのか、という戦略性があって面白い。

・スピードバトル(ゲージ止め)、アタックバトル(ボタン連打)、コマンドバトル(じゃんけん)と3つのゲームが楽しめる。

・3つのバトルにおいて、どんなに敵との実力差があっても、腕と運次第で逆転の可能性を秘めている。逆に言えば、どんなにスペックで有利でも気が抜けない。

・応援カード、技カードの存在によって、闘いがバラエティにとみ、戦略性がある。

・レアカードの存在はもちろんコンボ技があるのがコレクターごころをくすぐる(笑)      

 

と、正直ゲーム性はなかなか高いと思います。大人がやってもなかなか面白いですよ。それにやっぱ連打は単純に熱くなりますよね(笑)

 

ただし、短所としては、やっぱり、

技カードの使い勝手がいまいち。てか意味のないカードが多すぎ。

ですねぇ……

 

たとえばミクラスの技カードは、「相手の必殺技を受けるたびにアタックが200あがる」ですが、

技カードを使うぐらい弱ってるキャラは、必殺技を受けたら一撃で死にますから(゜ロ゜)(てか2発必殺技をくらって生きてるキャラなんているのか??)

 

またザム星人の技カードは、「ずっと反撃のときのダメージが2倍になる」ですが、

そもそも反撃(コマンドバトルで相手の攻撃をすべて防ぐ)できる確率が低すぎて、こんなバクチなカード使えませんから!!(そりゃあ決まれば一発逆転かもしれませんが……)

 

ほかにも正直属性系のカード(毒に強くなるとか、炎の攻撃になるとか)の意味がよくわかんない。うーんピンポイントで使えばいいんだろうけど、 

  

けっきょく、技カードを使えるタイミングが、ほとんどの怪獣において瀕死状態というのがいかんのだと思います(中にはちょっとダメージを受けたらすぐ使える怪獣(主に星人系)もいますが、少数派だよなぁ……)(><)

 

だから、そんな悠長なこといってる場合か ( ゜Д゜)!!

 

っていう効果のカードが多すぎるんですよね。

 

もちろん使えるカードはありますよ。ステータスを上げる(&相手を下げる)系は単純に使えますし、ゲージをとめやすくする系もいいですよね。ゾンビ怪獣シーリーザーの「すぐに倒された応援怪獣が出てくる」も面白い。

 

だからこそ余計残念で、もうちょい怪獣のパワー(HPのようなもの)がたくさんあって、そう簡単に決着がつかない中で、お互いの技カードを駆使してバトルをするような感じだったら、もっとたくさんのカードが日の目をみるのに!~(>_<。)~って思ってしまうわけですよ。

 

でもそしたらゲーセンのプレイとしては長くなりすぎるよなぁ(-_-) うーん家庭用ゲーム機に移植してくんないかなぁ(´・ω・)

 

ただどちらにしても、このゲームの最大の欠点である、

 

メインターゲットの幼稚園児(ウルトラ怪獣だけに余計)にとって、ゲームシステムが難しすぎてあきらかに理解されてない(苦笑)(子供は連打するだけ~(苦笑))

 

は解消されるどころか、ますますひどくなっちゃうんですけどね(^^;)

 

明日はモンスターバトルロードのレビューをします(><)  

今週のSHT

◎獣拳戦隊ゲキレンジャー

 「修行その32 ゾワンギゾワンゴ!集結、獣源郷」

えーとオインゴボインゴかと思いました(JOJO第3部)

 

七拳聖、三拳魔が勢揃い! 名乗りもあってカッコイイ!!

獣拳の神、ブルーサ・イーも登場し(ブルース・リーは鉄板で出ると思ってましたが、まさかサイとは……しかも妖しいマスクマン(苦笑))、激臨の大乱の謎も明かされ、大きく話が進みましたよ!! あと語られてないのは、ジャンの正体とリオの過去(白虎の男のことも)、んでもって「不闘の誓い」の謎と、ランちゃんの戦う理由(笑)ぐらいか……

しかし全員が激臨の大乱で獣身化して、それから年取ってないなら、シャーフーとカタだけえらく年長者だったんだな(苦笑) どう見ても師匠よりかなり年上だろう(シャッキーは小僧だったんだろうけど)。はっ?てことはシャーフーラブのラゲクなんかも実は……

 

それにしても獣源境……ケンとか誰もいないのにこんなとこいって何の修行になるのだろう。別に力を引き出してもらったようにもみえないし。そりゃあサボるわなぁ……操獣刀売って豪遊したくもなるよね!(><)

リオVSジャンがライバル認定! なんか往年の少年ジャンプみたいになってきましたよ(笑) ってか塚Pはこういうのがやりたかったんだよな。うーん盛り上がってきたぁ!!

ってとこでラゲクの秘伝臨技で別の時間に飛ばされる一同……って来週は忠臣蔵????  なんでこの場に及んでそんな超展開( ̄□ ̄;)!! これも塚Pのやりたかったこと?イナズマ??

   

◎仮面ライダー電王

 「第36話 憑かず、離れず、電車斬り!」

よく考えればいよいよ電王も最終クールなのですね。早いなぁ……(´・ω・)

というわけでイマジンたちと良太郎の別れの時も近づいてきてるようで泣けるで……(T_T)

 

デンカメンソードはバカみたいだけどな!!(><)Ts380132

 

 てれびくん11月号付録☆ ライナーフォーム&デンカメンソード。

 

 

しかし何といっても「電車斬り」ですよ。「電車斬り」。ちなみに正式名称は「フルスロットルブレイク」らしいですが、「電車斬り」で充分ですよ(笑)

ライナーフォームって何だぁ?って思ってたら、デンライナーそのものと合体するのね。轢き殺されるのかと冷や冷やしましたよ(;^_^A

てことは来月登場予定のゼロノスのゼ○フォームもゼロライナーと合体するのかしら。

これでまさに名実共に「電車ライダー」! 

しかしモチーフが電車って、今更のようにすごいことですよこれは(^^;)

来週は駅(キン○ライナー?)に駅長も出てくるようで、電車道まさに極まれり! あ、ボスキャラ?も登場するみたいですね。いよいよ話がまともに動き出すのでしょうか……

 

まともにレビューすると、やっぱり主人公のパワーUPはこういう圧倒的ピンチに追い込まれてからのが燃えますよ! どこかのカブトとかに聞かせてやりたいですよ!!

 

あと侑斗がヒーローしてますよね。正当派ライダーはむしろゼロノス? でも「何かを犠牲にするのが正しい方法だとは思わない」っていう良太郎も正当派ヒーローでいいですよ! そんな二人の初のダブル変身はカッコイー(><)

ただ、新EDテーマ「Real-Action」は短すぎてよくわかんなかったデス(;^_^A あいかわらずこう、平成ライダーって新曲の披露が下手だよなぁ……

 

PS ただクライマックスフォームが好きだったので、もうライナーフォームになっちゃったのはちょっとざんねん。でも次週はガンフォームも出るみたいだし、まだ少しは出番がある???(><)  

決戦!エースキラー!(完結編)

 

さぁ先週はヨーカードーのマシントラブルで失敗しましたが、今度の戦場はフジグラン!

いよいよ精鋭メンバーをひっさげての宿敵エースキラーとの決戦です!

071007_105201

エ-スキラーVSキリエロイド! エースキラーの圧倒的な攻撃力1300が勝つか、キリエロイドの驚異のスピード1200がそれをかいくぐるか!

とりあえず前哨戦のタイラントは完封。キリエロイドの超スピードの前には、かすることさえできません。

 

 

そして迎えたVSエースキラー。

まずはスピードバトル! キリエロイドのゲージの移動は速いのでボタンを押すのは私担当(笑)、でもリズムが一定なのでMAX1200をとるのはさほど難しくない! しかしエースキラーもMAX900を出してくる! お互いMAXスピードで激突する二大超人! だがとりあえずスタート時の合計値はこちらに分がある……! あ、あれ、あれ、おされ……?

「優君!ボタンは二つ担当してよ( ̄□ ̄;)!!」

私はスピードバトルのときに使った青ボタンを押してたのですが、肝心の優君がボタンを一つしかたたいてないことが判明! そりゃあ2/3じゃかないません。エースキラーの一撃が直撃! たちまちパワー500しかないキリエロイドは瀕死(T_T)

 

ど、どんまい、これは単純な連携ミス。ここで応援怪獣超コッヴ召還……さぁ勝負!

 

……って超コッヴじゃ全く歯がたたねぇ_| ̄|○

うーん、やっぱスピードバトルの段階で勝てないとムリですわぁ。アタック1300はほんと強すぎるデス。

その後、キリエロイドの攻撃が一回だけヒットするも、スピードゲージを止めるのを一回ミスってしまったらもうおしまい。エースキラー必殺のM87光線の直撃で爆死するキリエロイド。

 

……しかし今日はこのままでは終われません! 気を取り直して再チャレンジ!!

 

再びタイラントを完封し、今度は最初から優君ともに気合いを入れ直して、VSエースキラー!!

一回戦!スピードゲージお互いにMAX!キリエロイドの攻撃がヒット!

二回戦!再びキリエロイド!エースキラーのパワーを半分まで減らすことに成功!!

そこでエースキラーの応援怪獣バキシムが登場するも、キリエロイドの圧倒的なスピードの前では敵じゃなし!

ここで作戦通り必殺技ゲージがたまったのでいよいよ次こそが勝負!!

「勝てるぞ、優君!」「うん!後一撃だね!!」

 

しかしそこはさすがエースキラー! ガードボーナスが大分たまっていたせいもあり、次は微妙な差でスピードバトルを制され、エースキラーの一撃がヒット! たちまち瀕死になるキリエロイド(苦笑)

「だがそれは想定済み! 技カード:デスレム発動!!」

 ※ 「デスレム」の技カードは1ターンだけ相手のアタックを半分にする効果。

 

「これでエースキラーのアタック1300は封じた。仮にスピードバトルで負けても、これならはじき返せる! とどめだエースキラー!!

そして迎えたスピードバトル! こちらのゲージは気合いのMAX!! 

そして親子力を合わせてのボタン連打連打!! ……押し切った!! 

 

「キリエロイド必殺! コンビネーションキック!!」

 

無数の蹴りがエースキラーを直撃!! ダメージは540!! たまらず吹き飛ぶエースキラー!!

 

勝ったぁぁぁ q(T▽Tq)(pT▽T)p

大怪獣バトル第一部完全クリアー!! (ノ_・。)/゜・:*【祝】*:・゜\(・_・、)

  

というわけで優君とホクホクしながら帰りました。記念におもちゃを買おうとするのは阻止しましたけどね(笑)

しかしまだまだ死闘は終わりません。10月末よりスタートの第四弾(第二部スタート)が楽しみです。次はどんな強敵が待ち構えているのか……??

 

« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ