ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系

  • 顔面ソニーレイ+
    キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

« 2007年7月15日 - 2007年7月21日 | トップページ | 2007年7月29日 - 2007年8月4日 »

2007年7月22日 - 2007年7月28日

今週の電王

第25話「クライマックスWジャンプ」

 

劇場版とのリンク貼りまくりっていうか、初の連動作品??(これまではパラレルもしくはサイドストーリー的扱い)

要するに今回は8/4公開の映画の宣伝という回でしたが、やっぱり去年のカブト映画がこけたのに焦りがあるのでしょうか??

前情報ない人にはほんとわけわかんない回だってば(;^_^A

  

しかしそろそろおふざけ路線にも飽きたんだよなぁ……(切実)

 

カブトみたいなシリアスとおふざけの混在が好みなもので。ここまで軽くて全編ウケ狙いに走られすぎるといまいち。

だって「ゴールド・ジェントルマン・コーヒー」なんてネタ以上のものじゃないじゃん。(「ドスケベ亀君」には受けたけど(笑))

あとデネブ……実はそろそろイヤになってきたのですよ。あまりにネタキャラすぎて。

「胸の顔は飾りだぁ!」とか「正直、早く帰りたい!」とか、う~ん、弁慶モチーフならもっと重々しくてもいいんじゃない? 心配性なのは微笑ましいけど、おふざけがすぎるとなぁ……本来ギャップがおかしいキャラじゃないのかな?? 

っていうかイマジンたちが敵まで含めてみんなお茶目すぎて、緊迫感がなさすぎるんですよ!! そろそろウカ様みたいに強い敵が出てきて欲しいです(T_T)

  

まぁ日曜日の朝、軽く笑って見るぐらいにはこれでいいんだろうけど、そろそろ個人的にはきついです。

ネタは控えめでいいからそろそろ話を進めて下さい(>_<。)

 

PS ところで児童誌の今月号で大きく紹介されていたクライ○ックス・フォームはやっぱり劇場版で初お目見えなんですかね? 

 タイトルからしてその前降りの話かと思ったら、本編にはまだ出てこなさそうだし……

 (てか、敵が弱すぎるのでいらないという説が……)

 

 

 

『孤島の鬼』

 

実はあんまし読んだことなかったので、江戸川乱歩のお勧めはないかと本好きの同僚に尋ねてみたところ、この本を貸してもらいました。

 

孤島の鬼 Book 孤島の鬼

著者:江戸川 乱歩
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

読んだ感想を一言でいえば……すげぇ変態小説でした。

 

いや、乱歩はまったくよんだことがないわけじゃなくて、ジュニア版とかでは小さいころけっこー読んだし、『人間椅子』とか『黒蜥蜴』とかは読んだのですが、

この変態さはすごいよ!!!

だいたい登場人物のほとんどが「ホモ」「かた○もの」(ストレートな差別用語ですが、伏せ字無しでバンバン出てきます)という設定もすごいですが、

犯人の殺人の動機も「自分が侏儒で差別を受けた怨みを晴らそうと、人工的にかたわものを量産して日本をかたわものの国とするための資金を得ること」という半端じゃない狂いっぷり(;^_^A

しかもラストは犯人が財宝を見つけて狂喜のあまり発狂って何そのヒドイオチ(苦笑)

 

  

また探偵役が見事なまでのホモで、主人公の美青年に邪恋をいだいて、お風呂であらいっこするとか、

思わず部屋につれこんで押し倒そうとするとか、

絶体絶命のピンチの場面にヤケになって主人公に思いをとげるべく襲いかかるとか(笑)、

主人公が殺された恋人を焼いた灰を盗み出して泣きながらむさぼり喰うとか、

可憐な美少女と野獣のような醜男がシャム双生児のようにくっつけられていて、醜男が美少女に恋をしてむりやりキスしたり愛撫したりするとか、

探偵役の美青年にか○わものの醜い母親が夜な夜な襲いかかり、近親相姦にふけるとか、

 

うっわーえぐー(;^_^A

 

ぎゃくにストレートな性描写はほとんどないんですが、こう退廃的というか淫靡というか、童貞中学生の妄想ですか?? といった何ともいえないテイストがありますね。

 

あと、なんといっても挿絵がすごい! 当時のものを再録してるのですが、

070722_001801なんかこうエロいというより、怖いよぉ(T_T)

でも、戦前の人はこれをみてどぎまぎしてたんだろうなー

 ※ちなみにこれは恋する二人が初めてラブホに入ってドキドキしてるシーン

  070722_001901

 ※これはホモ探偵がしんぼうしきれずに主人公に襲いかかるシーン。何て邪悪な顔…… 

 

  

 

まぁ推理小説として見れば、トリックが「それどうよ!?」っていうご都合主義レベルなのはご愛敬ですし(まぁ明智小五郎ものなんかほとんど明智のすごい変装で切り抜けてばっかしですし)、ある意味倒錯した純愛小説ともいえる作品ですが(ラストシーンのホモっぷりはすごい!)、

どちらにせよ、ちょっと現代の小説では味わえないレベルの怪作です。さすが大乱歩。

 

……今回は特におすすめはしませんが、

変態やBL、耽美、倒錯、淫靡などのキーワードに反応される方はどうぞ(笑)

スーパーゲキレンジャー

ゲキレンジャーが過激気を修得し、めでたくスーパーモードになりました。

それに伴い戦隊の華である「名のり」がビミョーに変わりましたが……

 

「過激にアンブレイカブル・ボディ!」

ど、どこまで頑丈なんですか……(゜ロ゜)

「過激にオネスト・ハート!」

す、すとーかーとかかな……(;^_^A

 

「過激にファンタスティック・テクニック!」

おーーーーい日曜日の朝の子供番組だよ!!( ̄□ ̄;)!!

 

ほんとに過激ですね(;^_^A スーパーモード(笑)

でんおうの感想はまた明日~♪ 

今週のゲキレンジャー

◎獣拳戦隊ゲキレンジャー

 「修行その21 ビキビキビキビキ!カゲキに過激気」 

 

VS理央三部作完結編。

てか映画公開前に最強モード、おもちゃ発売日前に新ロボ登場、さらにゲキビースト勢揃いと、すさまじいテコ入れを展開中……ですが。

  

「守りたいからだ!」「強いものが弱いものを虐めてどうすんだ!」

 

……ってそんなんで伝説の「過激気」は修得できるんデスか?

てか今まではそう思ってなかったのかよ

( ̄□ ̄;)!!

そんでもって「過激気」が修得できなかったということは拳聖とかもそう思ってなかったのか!!???

でもって何でレツとランまでいきなり修得できるのですか!!??

 

ああ、もうわけわかんないデスよ!!(-_-)

一見王道展開に見えますが、違うでしょーーー!

本来、「守りたいから闘う」なんてのは、もっと早い段階でクリアーしとくべき問題で、

ここは「守りたいのに守れない自分の無力さに絶望し、更に強くなることを心から願う」もしくは「あまりにも卑劣な敵に対し頂点に達した怒りが限界を突き破る」という展開でいくべきとこじゃないですか!!!

 

え? そうしてるつもり? ダメ。説得力がない。だって、結局「誰のために」闘ってるんですか?? そこが全然わかんない。

やっぱね、ここはシャーフーか他の拳聖たち、ミキさん、もしくはミキの子ぐらいは死なせなきゃいけない場面なんですよ(おいおい)

そりゃあ確かに久々に街を破壊してますけど、それじゃあ1話とかわりないじゃん。しかも目の前で起こってない分、1話よりも説得力がないし、(-_-) 

確かにレツやランは無惨なまでにボコボコにされてましたけど、じゃあレツやランを守る為に闘っているのですか? なら何で守られる弱い存在のあの二人まで「過激気」にいたれるのですか??

ジャンが「心」を修得して真のトライアングルが完成したから……という展開ならまだ分かるのですが、それなら3人同時にスーパーゲキレンジャーに変身して欲しかったし。

 

それにね、

いくら何でも強くなりすぎですよ(゜ロ゜)

本来、爽快……なハズなのですが、「ああ、理不尽にも理央様が……おいたわしい(T_T)」としか思えませんでした。

大体、理央をあそこまでボコボコにできる奴らに対し、これから誰をぶつけるつもりなんですか??

……とダメ出しばかりしましたが、スーパーゲキレンジャーのデザインはカッコイイと思いますよ。のっぺりとした道着風から白ベースになって精悍なイメージです。マスクもよりとんがってアクセントがついたし。

新ゲキビーストは、どれも個性がハッキリしてて面白いんじゃないですか?

「ゲキペンギン! パタパタ♪」ってのは脱力しましたけど(苦笑)ボードで戦うのは面白いかも!

それに全編レベルの高いアクション満載で、その点では満足したのも確かです。

  

……まぁでもやっぱり何より今回の最大の見所は、

 

メレ様の

「いいわよブトカ! やっておしまい!」ですね(またこんなオチ(;^_^A)

大怪獣バトル

奥さん入院2日目。今日は年休をとり、手術につきそいました。

手術は無事に成功して一安心なのですが、

 

とりあえず優君は相変わらず絶好調ですよ!!

                     ( ̄□ ̄;)!!

 

「♪やりた~いほうだい~したい~ほうだい~♪」(「自由の歌」作詞作曲:優君)

 

とまったくさびしがる様子もなく遊びほうけております。

  

なにせ今話題の脳内メーカーでもし今の優君をスキャンしたら、

間違いなくこれ一色でしょう……

それこそは大怪獣バトル」!!

(あ、私の名前で試したら「友」が一つだけあって後は全部「食」でした…ってどんだけ飢えてるんだよ!!

 

まぁ簡単に言えば、ウルトラマンシリーズの怪獣たちによる「ムシキング」で、

正直知名度、人気ともに他の類似品に比べれば今イチ(苦笑)ですが、優くんはこれに大はまり。

(ウルトラマンには興味しめさなかったくせに……(-_-))

寝てもさめてもカードを握り締めて、大怪獣バトルの話しかしません。

もうちょっとお母さんの心配してやれよと……

 

ちなみにゲームのルールですが、基本がジャンケンの「ムシキング」タイプとは違い、

 

① 高速で上下するスピードゲージを高いとこで見極めてボタンで止め、

② そのスピードに応じてぶつかりあった怪獣同士が相手を押しまくり(3つのボタンを連打!!)

➂ 真ん中のラインより相手を押し出した方が、押し出した距離に応じた回数で攻撃を行い(3つのボタンをランダムで押す。防御側も同様)

④ ヒットした回数に応じてダメージを与える(相手と同じボタンを押せてたらガード成功)

 

……というなかなかのゲーム性です。まぁ基本は連打と適当押しなのですが、操作が多いのはうれしいとこ。

さらに1回プレイするごとに怪獣が書かれたカードがもらえ、その怪獣をスキャンして、ゲームの中で登場させることができます(まぁここらはカードゲームの基本)。

 

優君はまだまだビギナーなので、ぶっちゃけ連打は私が手伝っているのですが(ドーピングと呼んでいます(笑))、まぁそこは子供向けなのでそこ69342639_1_1 そこ遊べます。

やっと強いカードとかも手に入り(今はテンペラー星人がお気に入り★ 愛称は「極悪宇宙人」ですが(苦笑))、優君軍団が徐々にできあがりつつあります。

  

 

私は平成になってからは全然観てないのですが、「ウルトラマン80」まではリアルタイムに観てて大好きでしたので、懐かしい怪獣がたくさんでうれしいデス♪

 

奥さんの入院先の側にあるデパートにあるから(人気ないのでどこにでもあるわけでは……)、これで釣って見舞いにいこうと思います(苦笑)

 

今年のSHT(前半まとめ)

  

特撮メインのブログのつもりなのに、どんどんSHTに対するモチベーションが低下中……

 

いや、面白くないわけじゃないんだけど、とにかく今年のゲキ&電王という組み合わせは燃えないんですよ。話が。全然!

ボウケン&カブトにあったわくわくが全然ないんですよ(T_T) 

もちろんあくまで個人的な感想で、好きで見てる人には大変申し訳ないのですが、

「うひゃぁおっもしれー! おいおい来週どうなるのよ??」ってのがないんです。

 

電王のコミカル路線もいいのですが(子供受けはしてるみたいだし)、話的には一向に盛り上がってませんし、期待してた侑斗=ゼロノスも、あっさりと愉快な電王ワールドに飲み込まれてしまいました(まぁデネブがあまりにネタキャラなのが大きいのですが……)

面白いネタのほとんどはイマジンたちの掛け合い漫才やドタバタコントで、なんかこう全体的に同人誌っぽいというか……

とにかくあまりにも大筋としての話の方向性が見えないのはつらい! 大体、相変わらずイマジンの目的さえも、良く分かってませんし。またかといって個々のエピソードもそこまで面白いかと言われると……しょせん戦闘の合間に描かれる単発ドラマですから大して深い話になりませんし……

そろそろもっと電王ならではの骨太なドラマが観たいんですよ!!

  

ゲキにいたっては、とにかく中途半端という印象です。せっかくの少年ジャンプ的王道設定(友情、努力、勝利!)なのに(塚田Pも意識してるって言ってたし)、熱い友情が描かれているわけでもなく、さほど努力しているようにも見えず、安易に勝つので盛り上がらず……とことごとく不発に終わってます。あと、レツ以外に闘いに至る背景と動機が全く描かれていないのが感情移入的に痛いよなぁ……(これは電王も同じ)

 

そう考えれば、何で臨獣拳側の方が主役みたいに見えるかというと、メレの熱い愛情が描かれ、過酷な修行(=努力)が描かれた上で、拳魔の修行に打ち勝ち、ゲキレンジャーに勝利(笑)しているからで、しかも理央にせよメレにせよ、今にいたる過去や動機がちゃんと描写されているわけです。そりゃあ、誰がみてもこっちに感情移入するって!!

  

……と好きなことを書きましたが、とにかくいまのところどちらに対しても不満です。

まぁ電王はそれでも今までとは違う路線でやりたいという制作者側の意図がわかるので許せるのですが、ゲキは……

 

いよいよ映画公開目前! 映画公開後じゃないとできない展開も毎年あることですから、ここからの巻き返しに期待したいとこですが……って、その前に夏枯れ対策の夏休みお気楽展開が(-_-) いつもは好きなんだけどなー夏のお笑い編。今年は……どうなんだろ?

 

個々の展開については明日UPする予定です☆

 

「ふわふわカーニバル」

 

私信ですが、今日から奥さんが7月いっぱい入院します(別に命にかかわるような内容ではありませんのでみなさまお気遣いなく)。

ちなみに入院先はネズミの鳴き声が愛称の某総合病院です。どこかわかるでしょうか(笑)

070722_100801  

 ←病院の個室。キレイ。設備もバッチリ☆

 

 

そんなわけで、今日こそ優君の面倒は私が見るのですが、明日からは両実家に順番に引き取られるため、しばらくの間久しぶりの一人暮らし。ワキワキだぁ♪(><) さみしいなぁ……

 

ちなみに優くんはというと、いまのとこまったくさみしがっておらず、自由を謳歌しております(ひどい奴……)。

 

優「お父さん! お母さんがいなんだからこれしてもいいでしょ!?」

  

のオンパレードで、風邪で体調が悪かった(微熱あり)にも関わらず、一日遊び倒しやがりまして、夕飯食べたらすぐに爆睡しました(;^_^A 寝る寸前まではしゃいでましたよ!! 

 

まぁイベント好きなので、きっとオレの部屋(パソコンのある和室)で寝るという非日常感がうれしくてうれしくてたまらないのでしょう。 

 

そんな中、「どうしても行ってみたい」とせがまれたので、「ふわふわカーニバル」というイベントに行って来ました。

遊園地とかデパートの屋上とかにある「ふわふわ遊具」を一同に集めてみましたというもので、けっこーいろいろな種類があって面白かったデス。

070722_153701

 

 会場の雰囲気☆ 

 子供連れでいっぱい!!

 

070722_153801001 070722_154801 070722_162602   

    

   

   

  ふわふわの数々。優君大喜び☆

   

ちなみに優君の体調を考慮して、待ち時間(どれも大行列!)の短めな要するに人気があまり無いアトラクションを狙いましたが、それでも40分待ち!!(10分につき10名前後の子供の入れ替え制)

まぁ優君はベンチに座らせて私が並びましたけどね(><) でも待った甲斐があってもう大はしゃぎでした。入場料400円×2+アトラクション料300円と決して安くないですが、前から楽しみにしてたので来て良かったです。

これで優君の体調さえよければ……まぁ本人は満足してましたが。

 

ちなみに明日は見舞いがてら、近くのデパートで「大怪獣バトル」をすることで頭がいっぱいのようです(苦笑) ま、まぁ泣かれるよりいいの……かな……?(;^_^A 

 

  

« 2007年7月15日 - 2007年7月21日 | トップページ | 2007年7月29日 - 2007年8月4日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ