ブログの続きはこちら!

  • 「あそコロ♪」新館!
    このブログの続きはこちらからどうぞ!引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Twitterもよろしくデス!

オリジナル小説はこちらから!

  • 「小説家になろう」マイページ
    「退魔光剣シェルザード!」や「魔装戦記エルガイザー」などのオリジナル小説はこちらから! ぜひぜひ読んでみてください☆

「シェルザード!」贈り物イラスト集@ギャリバンさん

  • リームさん(作成中)
    ボクのオリジナル小説『退魔光剣シェルザード!』のキャライラストとしてギャリバンさんからプレゼントしていただいたものデス☆

「エルガイザー」贈り物イラスト集@タマネギーニョさん

  • キービジュアル
    ボクのオリジナル小説『魔装戦記エルガイザー』のキャライラストとしてタマネギーニョさんからプレゼントしていただいたものデス☆

ガンダム

  • 宇宙特捜秘密基地@ギャリバン
    pixivでイラストや漫画を掲載されてます。 AGE漫画をはじめどれもすごく可愛くて面白いですよ!
  • 伊吹さん
    ガンダムAGEの4コマ漫画がとても面白いデスよ!(Φ∀Φ)

小説・創作系

  • 巷にひとり在り
    歴史漫画家大西巷一先生の公式サイトです! 『乙女戦争』面白いデスよー゚+.(・∀・)゚+.゚
  • Fの軌跡
    ひこうきさんのオリジナル小説「Fの軌跡」の掲載ページです。バトル物のラノベで面白いデスよ!

ゲーム系


  • キャラの対話形式で進むゲームレビューブログ!レトロゲー紹介やTRPGリプレイ記事が楽しい☆あとマスコットのメスちゃんが超可愛いよ!

遊戯王

データカードダス全般


« きまぐれ連載「カブトとわたくし」① | トップページ | 『ツァラトゥストラは』 »

きまぐれ連載「カブトとわたくし」②

 

結論から言えば、「仮面ライダーカブト」という作品は開始前に期待していた「SFハードボイルド巨編」ではなく、「なんちゃってSF痛快ドタバタコメディ」でした。っていうか、そうなったって感じ。

 

確かに当初はハードタッチでしたよ。画面は映画のように硬質でシャープだったし、BGMも本格的だったし、なにより話がシリアスで重かったし、ゼクトルーパーはバタバタ死ぬし(苦笑)

でもやっぱり、

天道登場→カブト登場→加賀美弟のエピソード→矢車登場→VS仮面ライダーザビー→加賀美ザビー変身→加賀美ザビーの資格放棄

までの第一クールの流れは、ゾクゾクするぐらい面白かったです(>_<)

 

……転換点になったのは、11話の仮面ライダードレイク・風間大介の登場からでした(「合コン燃ゆ」のタイトルセンスとアルティメットメイクアップに何の番組が始まったのかと思いましたよ)。ここら辺から「カブト」という番組の路線変更に対する批判意見がぼつぼつ出だすのですが、個人的にはこの変化は超OKでした。

 

まぁもちろん、こんなハード路線じゃ子供がついてこれねぇよ!ド━(゜Д゜)━ ン !!!

ってのもあるのですが、

 

それ以前の問題として、どう考えても「天道」というキャラ自体が本来ギャグなんですよ(;^_^A

 

もっともっと、常識はずれのハチャメチャな活躍をしてこそ超絶美形にして孤高のオレ様「天の道を往き総てを司る男」天道総司のキャラがいきる(更にはそれに振り回される凡人・加賀美のキャラもいきてくるわけで)というもので、小さくまとまりつつあったカブトの世界観をいい意味でぶちこわし、キャラの個性を存分に引き出したという意味で、私は大英断だったと思います。ここらはさすが井上脚本ですな(笑)

 

そこからの愉快なカブトは本当に毎週毎週が楽しくて、さらにこれに「ぼっちゃま」こと仮面ライダーサソード・神代剣とじいやが加わり、ウカ様こと間宮麗奈、地獄兄弟、蓮華ちゃん、ダークカブト、カッシスワーム・乃木怜治と次々と個性豊かな(てか濃すぎる)キャラが加わって、カブト全体は大変にぎやかでコミカルな、いわばキャラクターショーとでもいうべき番組となっていきました。

特にぼっちゃまと地獄兄弟は最初はかなりヘビーなシリアスキャラだったはずなのですが、もう後半は完全にギャグキャラで、出オチ芸人と化していきました。もう画面に出てきた瞬間からおかしかったですからね(><)

 

こういうカブトの変貌ぶりについていけなくなって脱落した人も多いかと思うのですが、でもとにかく楽しかったんですよ! 優君もケラケラ笑ってましたし。 

 

まぁ確かにストーリーの方は、加賀美が仮面ライダーガタックとなり、ひよりの正体が判明して……というあたりまでの物語の吸引力はすばらしかったと思うのですが、そこから中盤は多少グダグダしたかなと(でもこれは多分大人の事情があるですよ。ひより絡みの(苦笑))。特に天道のゆらぎと暴走に関しては当時だいぶ批判されていました(ビデオなどで通して観たら大分印象が違うのですが)。

でも終盤の盛り上がりはすごかったと思いますよ! 特にパーフェクトゼクター登場以降の(まぁ登場の仕方はどうかと思いますが(苦笑))最終決戦に向けての怒濤の展開は、毎週毎週「すげぇ面白ぇ! カブト最高!!」という勢いでしたし、

最終3部作も、1話目はびみょーですが、残り2話は良かったと思います。地獄兄弟のラスト、カブトVSガタック(「オレが正義だ」にはしびれましたぁ。ここでこの言葉をもってくるとは(T_T))、そして最終話は「FINAL」というタイトルロゴにまず大盛り上がりで、天道の超人ぶりも呆れるほどすばらしく(笑)天道と加賀美のダブルライダーの友情を描いた物語として、話もそれなりにキレイにまとまって終わったと思います。

  

そんなこんなで、物語としてはもともと荒唐無稽ですし、更にはアラというか破綻していた部分(正直テーマはぶれまくり(苦笑))も多々あったものの、「まぁカブトだから」「まぁ天道だから」ということですませてしまえるパワーと勢いがあった作品だと思うのです。

テンションの高さとノリの良さは間違いなく平成随一♪ 

痛快娯楽SF活劇としてのカブトが個人的に大いにツボでした。

まぁ平成ライダーシリーズの中でのカブトの評価は現時点において正直高いとは言い難いですが、でも、私はカブト大好きです。

1年間「カブト祭り」を展開して一片の悔い無しですよ!!(*^ー゜)b

 

  

次回はそんなカブトの最大の魅力である戦闘やギミックについて語るつもりです(><)

 

 

« きまぐれ連載「カブトとわたくし」① | トップページ | 『ツァラトゥストラは』 »

ライダー&特撮全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きまぐれ連載「カブトとわたくし」②:

» カメンライダーカブトのすべて [仮面ライダーカブトのすべて]
「仮面ライダーカブトのすべて」にようこそ!管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。仮面ライダーカブト(カメンライダーかぶと)の動画、PS2、ゲーム、攻略、DVD、劇場版など、カブトに関するものをすべて網羅していきたいと思います。MASKED RIDER KABUTO☆仮面ライダーカブトのすべて├カメンライダーカブトのすべて├仮面ライダー カブトの世界├仮面ライダー カブト/マスクドライダーシステム├仮面ライダー カブト├仮面ライダー ザビー/仮面ライダー カブト├仮...... [続きを読む]

« きまぐれ連載「カブトとわたくし」① | トップページ | 『ツァラトゥストラは』 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ